フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
養沢生まれ
0

     

    ー 上流部のブラウン ー

     

    先日、毛針田万作さんより、上流部でブラウンを5匹釣ったと報告がありましたが、24日の写真を撮ってくださった方も養沢生まれのブラウンを釣ったようです。

     

    養沢生まれのブラウンといえば、例年木和田平周辺が多いですが、今年は上流部が目立ちます。

    数年前から赤保谷周辺に、モンスターブラウンが何度も目撃されていたので、その子孫かもしれません。

     

    こんなチビでも、フライをちゃんと流せば#14や#16でもうまくくわえます。やっぱり野生魚は逞しいですね。

     

    | 魚のこと | 00:01 | - | - |
    3本が限界
    0

       

      ー 同じ姿勢が辛い ー

       

      腰が昨日より少し楽になったので、岩手で減ったフライを巻きました。

      減ったのはエルクヘアカディス3本。

      合わせ切れと、水中の枝と高い枝に掛けて回収できなかった分です。

      同じ姿勢は辛いので、休みながら1時間かかりました。

       

      岩手では、パラシュートもオレンジ頭のアントも試しましたが、釣れたのはすべてエルクへアカディスでした。

      イワナにあれほど効いたオレンジ頭のアントは一度も反応はなし、どうもヤマメには相性が良くないですね。

      また、パラシュートも今ひとつで、同じポイントでエルクヘアカディスを流すと出たりして、うまくマッチしていなかったようです。

      東北の友人が「いつでもどこでもエルクへアカディス」というのがよく分かりました。

       

      今度の休日もまだ釣りは無理そう、ストレスが溜まります。

       

      | フライフィッシング・釣り | 00:02 | - | - |
      ちょっと訳あって
      0

         

        ー 川に行けないので ー

         

        今週は火曜日に養沢に行くつもりが・・

        朝顔を洗っていたら腰がギクリ!となって、そのまま動けなくなってしまいました。

        絵に描いたようなぎっくり腰です。

        丸2日安静にして、ようやく動けるようになりましたが、窮屈なサポーターを付けているのでしばらく川は無理だと思います。

         

        暇に任せて、岩手のこんな写真を探しました。

        昨夏の増水による変化です。

        これが先週19日の様子。

         

        同じ場所から撮った写真・・ありました!

        ほぼ同じアングルです。

        2009年9月ですね。

        比べると、川岸がえぐられているのがよく分かります。

        この下流はもっと酷いことになっていて、泥に埋まった田んぼや、えぐり取られた田んぼ、流されて架け替えられた橋もありました。

        復旧工事が盛んに行われていたので、1日も早く元の状態に近づくのを楽しみにしています。

         

        それにしても、突然やってきたぎっくり腰は、釣りに行きすぎた罰が当たったかもしれませんね。

        6月はすでに6日も釣りに行っていますから。

        行けないと思うとよけいに行きたくなりますが、もう少しの我慢です。

        座ることができるようになったので、タイイングでもして気を紛らわせましょう。

         

        | フライフィッシング・釣り | 00:03 | - | - |
        ふらいだ・りある劇場2017年6月
        0

           

          ー 毛針田万作さんからの養沢情報 ー

           

          毛針田万作(ふらいだまんさく)さんから、昨日の養沢情報が届きました。

          以下その様子です。

           

          神谷堰堤の上から入って大岳沢出会いまでヤマメ狙いで釣りました。

          製材所下流でヤマメ1。

           

          製材所下でヤマメ2。

           

          鏡沢下流でヤマメ3。

           

          石舟から大岳沢出会いまでは、ヤマメは釣れず養沢生まれのブラウンばかり5匹。

           

          ニジマスはそれなりに釣れましたが、鏡沢から大岳沢出会いまでヤマメが少ないようでした。

          (帰りに事務所に言ってきました)

          この後、遠藤前からポンプ小屋までのイブニングが本日のハイライトでした。

          ニジマスもヤマメも投げればバシャバシャ良く出ました。

          ヤマメ5。

           

          ヤマメ6。

           

          反省1。

          この日に巻いた、浮沈艦カディスと愛犬の尻の毛で作った、尻の毛アントが入ったフライボックスを忘れたこと。

          その2。

          腕が悪いのはさておき、入った場所が良くなかった、みんなが下流に集中する理由がここにあるような?

          その3。

          瀬の釣りに拘った、これは想定内ですが。

          その4。

          今日は午前中が良かったみたい!午後から渋くなったとみんなが言っていました。

           

          最後に、

          これイノシシですよね?

          超新しい足跡でした。

           

          ※毛針田万作(ふらいだ・まんさく)さんは、’90年代のフライの雑誌に連載されていた人気コーナー「ふらいだ・ばーちゃる劇場」の筆者で、時々養沢リポートを送ってくれます。

           

          | フライフィッシング・釣り | 02:20 | - | - |
          同行者の新兵器
          0

             

            ー Bluetoothスピーカーだけじゃない ー

             

            今回、ヴィメタをガンガン鳴らすBluetoothスピーカーを持ってきていてた友人は、これまでもエイダー(縄ばしご)や動物除けの蚊取り線香など、ユニークなツールを持ってきていますが、今回はこんなものも持っていました。

            GPS付きの腕時計。

             

            グーグルマップにログが表示できるので、探索した川を貯めておけば、次回の釣行にとても役立ちます。

            また、スマホから位置が検索できるようなので、一人で川に入るには心強い味方になります。

             

            熊の危険は増えているし、若い頃のように無理も利かなくなって、釣具以外のツールはどんどん増えていきます。

            こうなれば、釣りの持ちものをなるべく減らすしかありませんね。

             

            | タックル&ツール | 00:02 | - | - |
            2017年、岩手県の川止め
            0

               

              ー 行きたかった鵜住居川 ー

               

              今回の新幹線岩手で、2日目に行きたかった川が鵜住居川(うのすまいがわ)です。

              たしかこの時期は、アユ放流に伴う「川止め」が実施されているはず・・

               

              やはり、パンフレットに記載されていました。

              川止めが実施されています。

               

              以前は、一部の区間での渓流魚釣りはできたはずなので、新幹線を降りてから漁協に電話してみました。

              すると、

              「以前は一部区間は外してあったが、禁漁区間に入ってくる人が後を絶たないため今は全面禁漁になっている。禁漁期間は7月15日まで」とのことでした。

              結局2日目は別の川に行くことになったわけですが、事前の情報が探しにくいので、岩手に釣りに行かれる方は気を付けてください。

              以下に川止め実施河川と期間が掲載されています。

              こちら

               

              | フライフィッシング・釣り | 00:04 | - | - |
              出張
              0

                 

                ー 積みっぱなしロッドの出張 ー

                 

                岩手で2日間を通して使ったのは、このグラスロッドでした。

                 

                グラスにしては軽くてシャープ、でもグラファイトよりしなやかです。

                 

                良い竿なのにいつも車に積みっぱなしではかわいそうだと思って、今回は東北に持って行きました。

                当初は自作竹竿の予備のつもりでしたが、思ったより障害物が多かったので結局2日間これだけで釣りました。

                なぜ障害物が多いとグラスロッドか。

                例えばこんなポイントで、枝に掛けてしまったフライをロッドティップで突いて外すためです。

                今回この方法でフライはほぼ回収しました。

                実は先日の源流も、同じことを想定してグラスロッドを使っています。

                 

                グラファイトや竹竿は、ティップが折れやすいのでロッドティップでフライを外すことはせず、手が届かないところはティペットを切ります。枝に放置されたフライやティペットは、スタッフが定期的に回収している養沢ならまだしも、一般渓流では野鳥が絡んだり虫と勘違いして食べられたりする可能性があるわけです。

                こう考えるようになったのは、フライフィッシャーが多い釣り場で、釣り糸が絡んで枝からぶら下がった鳥を見てからです。

                 

                たくさんのロッドを持って、それらを使い熟せるキャリアを積んできたのは、ただ魚を釣る確率を上げるだけでなかったんだと、今になって思います。

                 

                | やってみました | 00:04 | - | - |
                0

                   

                  ー どこに行っても熊・熊・熊 ー

                   

                  東北では、ここ数年熊の出没が多くなっていて、今回も用心しての釣りになりました。

                  初日の夕方、車を止めて支度をしているとき、地元の方から、朝夕はここから奥には行かない方が良いと教えられたので、2日目もなるべく人家から離れないようにしたし、音も匂いも出し続けました。

                  それでもこんな看板はあるし、

                   

                  川でもそれらしい痕跡を見つけました。

                  この前々日に降った強い雨で消えかかっていますが、これ(中央)は熊の足跡でしょう。

                  後ずさりした自分の踏み跡と比べると大きさがよくわかります。

                   

                  上の足跡から続いていたので、これもたぶんそうですね。

                  これは数日前のものだし、道路の対岸だったので、落ち着いて反対側に渡りました。

                   

                  熊鈴2個と蚊取り線香を焚いて、ベストの内ポケットには音だけクラッカーも忍ばせていたので、いつもより心強かったですが、今回は何と言っても同行者が持ってきたブルートゥーススピーカーがすごかった。

                  iphoneと接続して、ヘヴィメタをガンガン鳴らしながら釣り上がってくるわけですから、熊どころか人間も驚いてしまいます。

                  これなら電波が入らない場所でも自分の存在を知らせられますね。

                  (ただし、自分もうるさいですが・・)

                   

                  10年くらい前まで、熊鈴1個だけで山奥の渓流に入っていましたが、今ほど気にしていなかったので、足跡も爪痕もきっと見過ごしていたと思います。

                  今考えるとぞっとします。

                   

                  | フライフィッシング・釣り | 00:05 | - | - |
                  新幹線岩手 その13
                  0

                    ー 予定通り ー

                    早めに切り上げて、帰途についた はずでしたが、結局レンタカーは時間通りの返却になってしまいました。
                    予定通りの新幹線に乗って、


                    あと1時間で東京駅に着きます。

                    長く楽しい一日でした。

                    | やってみました | 18:47 | - | - |
                    新幹線岩手 その12
                    0
                      ー 今度は下流 ー

                      後味の悪い合わせ切れをやってしまったので、最後はきれいに釣って終わりたい、下流に移動しました。


                      ここは下りやすいので、魚はスレているんじゃないかと思いましたが、他の川に移動する時間はないので、ここで釣ります。

                      予想どおりしばらく釣っても反応は一度だけ。
                      諦めて先に上がって同行者の様子を見ていると、


                      ロングキャストで、バシッ!と釣りました!
                      上から見てもわかる幅広ヤマメです。

                      | やってみました | 18:03 | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ