フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
釣りがしたくて

ー 思い立って! ー

 

魚を釣りたいというより、釣りという行為がしたくて、禁漁間近の芦ノ湖に行ってきました。

 

#5ロッドとフローティングライン、小さなバッグを車に放り込んで9時半に出発、12時過ぎに湖に到着しました。

風が弱くて暖かいという予報は半分当たって、やや風が強くて暖かい状況、もろに向かい風で釣り難そうです。

水温は12.5℃、いざウェーディングしてみると予想以上に深くて沖に行けません。

水が多いとは聞いていましたが、これほどとは・・

 

風にクロスするようにシングルハンドスペイで釣り始めました。

キャスト距離は15メートルほど、ラインが流されて釣りにくいです。

 

ギリギリ上がれそうな岩に上がると斜めにバックが取れてオーバーヘッドでキャストできました。でも、風で吹き戻されて17〜8メートルがせいぜい。

この時季は岸際にエサが少ないので浅場にニジマスが寄ってくる期待はできず、せめてブラウンが付いていることを願いましたが気配も反応もなし。

 

せっかくなので撮ってもらったカッコイイ自画像をどうぞ。

ほんの岸際だけしか釣れず、まるでお風呂を爪楊枝でかき混ぜてるみたいです。

 

湖畔の木から6〜7メートル、後ろの木が気になってもシングルハンドスペイなら大丈夫。

浅く見えるのは岩の上に立っているからです。

 

水が多くて先まで入れず、魚が回遊するかけ上がりに届きません。

でもここからはオーバーヘッドでキャストできました。

 

2時間ちょっとでタイムアップ。

この時期に岸から#5のフローティングラインだけで魚が釣れるわけはないと分かっていたんですが、もしかして・・という淡い期待が想像以上に楽しかったです。

行って良かった!やっぱりキャスティング場とは違います。

 

魚を釣りたいなら管理釣り場に行けば良いんですが、魚を釣ることは釣りがしたいのとはちょっと違うんですね。

ウェーディングして、組み立てたロッドでキャストをして、ティペットの先には釣れるかもしれないフライがついている、これだけで6〜7割は満足できて、残りの3〜4割はこの日行ったことで来年まで繫げられることです。

キャスティング練習をして、ラインシステムを考えて、次までの準備がまた楽しいんですね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
今週は練習

ー ラインを絞って ー

 

先週に引き続き今週も13'6" #8ロッドを振ってきました。

今週は試し振りではなく純粋な練習、一番合っていそうなラインに絞って振ります。

先週より水が減ったでしょうか。

 

先週忘れたフェルールテープを今回はちゃんと巻いてから始めます。

スペイキャストはロッドの捻るのでフェルールが緩む事があります。テープは必携ですね。

 

42.5ft、540グレインのスカンジラインをセットしました。

 

岸際は茶色い苔だらけでラインに絡みそう、少し水に入って苔が少ないところで振ります。

 

ラインホルダーを使います。

 

もう少し細いループにしたいのに、ロッドを曲げるタイミングがずれているんでしょうか。

速く遅く、低く高く、力を入れるポイントを変えながらいろいろやってみました。

何度もキャストしているうちに少し感じが分かってきたのに、来週になるとすっかり忘れています。

連続してできないことが、なかなか覚えられない原因ですね。

 

目の前で時々ライズのように波紋が広がりました。

写真のほぼ中央ですね。ライズというより鯉のヒレが水面に出ている感じです。

 

時々黒い影が見えるし、上流にはぶっ込み釣りの竿が立てられていて、鯉がたくさんいるようです。

 

正味2時間、スペイキャストは本当に難しい。

なるべく静かに、遠くへキャストしたいと思うほど疑問が湧いてきて、解決するのにすごく時間がかかります。

まあ、コツコツやるしかありませんね。

来週は1番手上げて14'0" #9ロッドを振るつもりです。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
思わぬ手間が

ー 竹を削り始める ー

 

いよいよ荒削りを始めます。

まず、荒削り用カンナの刃を研ぐため砥石に水を含ませ、

 

ホーニングガイドを準備、これのおかげでド素人でもうまく研ぐことができます。

 

しばらく使っていなかったのでローラーが回りません。

 

潤滑剤をスプレーして準備OKです。

 

刃をセットして研ぎます。

予備の刃も研いでおきます。

 

削りに慣れるまで予定の7〜8割で留めておきます。

 

曲がり直しから時間が経ったことで一部曲がりが出ていました。

曲がりを直し、節の凸凹も確認してから削ります。

 

6本を予定の7〜8割まで削るのに3時間かかりました。

なかなか思うように行きませんね。

 

削り屑はこんなに。

竿2本作るのに40リットルのゴミ袋で間に合うでしょうか。

 

まだ削りに慣れていなくて、もう1本分のバットも同じように削ってから荒削りの最終サイズに仕上げるつもりです。

年内に火入れまで終わらせるには毎日コツコツやるしかありませんね。

まあ、できあがった達成感を想像すれば、地味な作業も頑張れます。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
プレーニングフォーム

ー 荒削りの準備をする ー

 

竹竿はいよいよ荒削りです。

 

作っておいた表に合わせてプレーニングフォームを調整します。

 

最初はバットから。

デプスゲージを当てながら調整していくと、一ヶ所ネジが開けなくなりました。

 

使いっぱなしでネジがずれている様子、一旦ネジを全部外します。

このフォームは開閉を1本の特殊ネジで行うため、ネジがずれるとうまく調整できません。

中腰の作業は腰にきます。

 

フォームを組み上げたら、再び調整。

火入れで竹が痩せることも含めて、荒削りは仕上がりの3割増しにします。

 

2時間近くかかってバット用にセットできました。

 

フォームの取説が破れ掛けていたので、コピーしてパウチしました。

 

さあ、いよいよ削りですね。

・・その前に、プレーン(カンナ)の刃を研がないと!

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
でも・・

ー やっぱり書くことに ー

 

結局ロッドシャフトにレタリングは入れられませんでした。

でも、どこかに書いておいた方が良いような気がして、こんなところに書きました。

油性ペンではすぐに消えてしまいそうですが、無いよりはマシでしょう。

 

ついでにケースの蓋にも。

 

これで、少し気持ちが落ち着きました。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
レタリングを入れる

ー 10’0”#5ロッドに ー

 

試し振りをして、#5で十分使えることが分かったのでロッドにレタリングを入れます。

 

上からコーティングすることを考えて滲まない水性カラー(ポスターカラー?)とペンを使います。

粘度が高いので水で薄めて使います。

 

これは難しい、カラーが途切れてしまってうまくいきません。

 

何度やってもうまくいかないので、次は爪楊枝の先端を細くしてやってみました。

ペンよりは良いですが、まだまだカッコ良いとは言えません。

 

これも何度かやってギブアップ。

 

ここで良いことを思いつきました。

抽斗をひっくり返すと、ありました!

ずいぶん前に使ったインスタントレタリングです。

数字と大文字と小文字の3種類、専用のツールもあります。

 

1文字ずつずれないように擦りつけてみると、

文字はきれいでも、違和感がいっぱいです。

 

結局これも剥がして、今度は竹の切れ端でペンを作ってみました。

 

大分マシになりましたが、まだまだです。

 

手書きの限界を感じて、次はパソコンでやってみます。

シール式の透明フィルムに文字をプリント。

 

目立つ黄色のはずが、貼り付けてみると文字は全く見えません。

 

もう一度竹を削り、さらに細いペンを作ってみました。

やっぱり文字が汚いですね。

 

結局、半日がかりのチャレンジは無駄と分かりました。

アルコールできれいにして終了です。

 

水性塗料はボテボテして書きづらかったです。

ホワイトのドローイングインクならうまくできるかもしれませんが、これだけのために買うのも無駄です。

どうせ自分で使うもの、長さと番手は自分が分かっていれば良いことにしましょう。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
ロッド表記よりも自分の感覚

ー ダブルハンドを振ってみた ー

 

5種類のラインと買ったばかりのロッドを持って、キャスティングに行ってきました。

下流からの緩い風、まあまあのコンディションです。

 

最初は510グレインのスカンジライン。

ちょっと軽い感じがするものの、特に支障はなく十分な距離が伸びました。

ランニングラインが30lbでは大遠投は無理ですが、30ヤード範囲ならコントロールできます。

 

次は540グレインのスカンジライン、やや長目の41ftです。

これも問題なく使えます。この日の最長距離は35ヤード、馴れればコンスタントに出せそうです。

510グレインよりこっちの方が振りやすく感じました。

 

そしてショートヘッドのスペイフルライン、51ftヘッドで580グレインです。

全然問題ないというか、ヘッド長も重さもちょうど良い感じです。

このぐらが本流では一番使いやすいと思います。

 

そして最後はロングヘッド、ヘッド長は70ftあります。

ロングヘッドはティップアクション気味のロッドでは扱いにくいですが、思ったより違和感はありませんでした。

本流でスイングを中心にした釣りに出番がありそうですね。

 

そして最後は、13'0"#8ロッドに510グレインのスカンジラインでループの確認をしました。

 

ダブルハンドはしばらく振っていなくて、忘れていることがたくさんあります。まずは、力まずにきれいなループを作ることですね。

ロッドに書かれていた重さと違っても、自分の感覚ではどれも違和感なく使えました。

お昼も食べずに3時間、これでキャスティングのスイッチが入った気がします。

 

自己流スペイキャスティングはとうとう11年になりました。

10ft#5から18ft#12まで20本以上のロッドと、数え切れないほどのラインに翻弄された年月でした。

もし11年前にスペイキャスティングを始めなかったら、今どうしていたでしょう。

相変わらずロングキャストが苦手な渓流マンで、得意なマッチング・ザ・ハッチをアピールしながら、本流やダブルハンドを心のどこかで否定していたでしょうか。それとも、フライフィッシングにすっかり飽きて、ほどんど釣りに行っていないかもしれません。

シーズンオフに管理釣り場へ行かなくなったのも、タイイングの時間が足りなくなったのも、すべてキャスティングが楽しいからで、こうしてブログを続けられるのもスペイキャスティングのおかげだと思っています。

 

最近釣りに行かなくなった・・と感じたら、スペイ泥沼に足を突っ込んでみてはいかがでしょうか。再び熱い日々がやってくること請け合いです。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
#8ってどれだ?

ー 分かりにくいライン番手 ー

 

先週手に入れたダブルハンドにラインを合わせます。

 

レタリングを拡大してみると#8LINEと書かれ、小さくGRAINS 570〜660と補足されています。

ダブルハンド#8をAFFTAの基準に当てはめると、オーバーヘッドが360gr(グレイン)、スペイショートヘッドが530gr、ミッドヘッドが570gr、ロングヘッドが710grとなっています。

ロッドにグレインが表記されている場合は、一般的に小さい数字がスペイショートヘッドやスカンジ系のシューティングヘッド、大きい方がミッドヘッドやロングヘッドを示しているはずですから、これだけを見ると♯8よりやや重めで、♯9より少し軽めと思えます。

一方でラインメーカーの指標でこのロッドは、オーバーヘッドがWF10(425gr)、ショートヘッドが520〜580gr、ミッドヘッドが590〜650gr、ロングヘッドが620〜690gr、AFFTA基準にはないスカンジが510〜540gr、スカジットが550〜575grとなっています。

こうなると、どういうラインを合わせれば良いか迷ってしまいますね。

 

とりあえず持っている#8ロッド用のラインを合わせてみます。

スカンジ510grと540gr、51ftショートヘッド580gr、70ftロングヘッド671gr、スカジット550grの5種類です。

 

多くの場合、ダブルハンドに表記されているライン番手は目安に過ぎず、振ってみて合うラインを探すしかありません。

使い手の技術も好みもあるし、片っ端から買うわけにもいかず、なかなか思うようにいかないのが実情です。

さらに最近はスイッチラインといって、シングルでもないダブルでもない、ちょうど中間くらいの重さのラインが登場したりして、何が何だか分からない状況になりつつあります。スイッチロッド自体が短いダブルハンドなのか、長いシングルハンドなのか曖昧ですから余計に分かりにくいですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
リングガイド

ー なかなか良い感じだった ー

 

10'0" #5ロッドに付けたワンフットのリングガイド。

実際にラインを乗せると、思ったより柔らかく感じ、濡れたラインがロッドに纏わり付くのが少ないと感じました。

 

一部の市販ロッドでもリングガイドを使用しているものがありますが、それなりにメリットはあるようですね。

同じ竿で比較するともっと分かりやすいと思うので、作りかけの竹竿で比較してみましょう。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
ロングキャストのために

ー ラインにマーキングをする ー

 

シングルハンド用のWF5Fラインのハンドリングポイントが分からなかったため、ラインにマーキングをします。

 

普通はラインの箱にヘッド長が書いてあるのですが、特価品で箱がないため測るしかありません。

この位置では左側の方が太いです。

 

ほぼ同じ太さはこの辺りでしょうか。

 

ここに小さくマークを入れます。

 

ここがリアテーパーとランニングラインの境目とすると、ラインの先端までちょうど11mでした。

この小さなマークがトップガイドから1メートル出た状態を最長にフォルスキャストをするとして、ロッド長の3メートルを足したところがハンドリングポイントです。

やや目立つマーキングをします。

ここを保持してキャストし、微調整します。

 

ついでにコンディショナーを塗っておきます。

 

ヘッドを出し過ぎるとラインが落ちてしまうので、ホールしたときトップガイドにリアテーパーが触れるくらいがちょうど良いんじゃないかと思います。

ロッドの長さを上手く生かしたいですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
水生昆虫の様子

ー 思ったよりたくさんいた ー

 

産卵床探しのついでに水生昆虫もチェックしてみました。

 

岸際の石をひっくり返すと、くっついていたのはカワニナ、流されずによく残っていましたね。

カワニナはホタルの幼虫のエサになります。ホタルを増やす活動をしている人たちが喜びそうですね。

 

次は砂粒の集合体、カディスのラーバが入った巣です。

養沢にたくさんいるヒラタコエグリトビケラとかニンギョウトビケラとかでしょうか。

まだ小さいです。

 

次の石にはヒラタ系のメイフライが付いていました。

拡大してみるとテールが3本、ということはタニガワカゲロウの一種です。

 

そしてこれはヒゲナガカワトビケラ、まだ小さな巣です。

手前側の小石の下にラーバがいました。

 

そしてこれはヒラタカゲロウ。

時期からすると春先にハッチする種類でしょうか。

 

ハッチがない養沢はまったく想像できないので、魚より水生昆虫の方が心配でしたが、最も少ないこの時期でもそれなりに確認できました。思ったより影響は少ないかもしれません。

ただ、養沢に多いスイミング型のフタオカゲロウ類やトビイロカゲロウ類などはどうでしょうね。

年が明ければ見つけやすくなるので、引き続き注視したいと思います。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
試し振り

ー 10'0" #5 ロッドを振ってみる ー

 

ようやくロッドが振れる状況になって、さっそく試し振りに行ってきました。

 

いつものキャスティング場は台風の被害で入れず、上流に入れる場所を見つけました。

障害物がないので目立って恥ずかしいです。

 

下流からの向かい風が時折強く吹きます。

 

最初はシングルハンドスペイライン、175グレインです。

春に芦ノ湖で#5ロッドに組み合わせたラインで、WF#5よりは少し重めです。

オーバーヘッドで振っているうちに30ヤードが出ました。

両手スペイでは23〜24ヤード、十分ライズ狙いに使えます。

 

次はSAのWF5。

 

これはあとちょっとで30ヤードでした。

 

最後はOH&Dの#6、200グレインと少し重めです。

もう少しでフルライン(28.3ヤード)でした。

ヘッドが短く重いので力むとラインが暴れます。

 

Dループのキャストでは、ホール+片手スペイキャストで25ヤード。

これだけキャストできれば、バックがない場所でもライズ狙いができます。

 

このロッドは10'0"#5という表記がされていましたが、WF-5を含めた想定内のラインで十分使える使えることが分かりました。

自分の好みとしてはもう少し重いラインでも大丈夫そうなので、#5/6というレタリングを入れることになりそうです。

「10’0” #5/6 oh140〜175gr spey175〜220g」

ちょっと文字が多いですけどね・・

 

ロッドに表記されたライン番手は必ずしもピッタリではありません。

ロッドによってはAFFTAの基準に合わせたものもありますが、キャストの個人差や狙う距離、人によって感じ方が違うため上下1〜2番手の幅で考えた方が上手くいくことが多いです。

このロッドも実際は#4から#8くらいまで問題なく振れるはずです。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
産卵床探し

ー いたいた・・ ー

 

鼻の詰め物が取れて、久しぶりに養沢に行ってきました。

 

10月下旬から11月にかけて作られたヤマメの産卵床はすでに苔がついて見にくくなっていて、ブラウンの産卵床を探してみました。

すると、浅瀬にありました!

しばらく見ていると上流から40センチほどのブラウンがやってきました。産卵床を守っている感じですね。

この下流にも巨大な産卵床があったので、この近くにブラウンが何匹かいるようです。

 

他にも産卵床がありました。

岸際の緩い流れはニジマスでしょうか?

ニジマスは春までだらだら産卵するので、これからも産卵床が見られます。

 

中流部にも上流部にも多くの魚影が見えて、予想以上に魚が残っていることが確認できました。

埋まってしまったポイント、新たに生まれたポイントもあって、来年のオープンは新鮮な養沢をお楽しみいただけると思います。

オープンまで3か月です。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
試し振りの準備

ー ラインを巻き替える ー

 

先月組み立てた#5ロッドの試し振りのために、ラインを巻き替えます。

別のリールに巻いてあるラインを右の#5用リールに巻き替えます。

 

真ん中のリールから右のリールに、左のリールから真ん中に、巻き切れずに取ってあったスカンジラインを左のリールに巻きました。

たったこれだけでも、ラインを廊下に引き出してバッキングラインの調整をして、結局1時間以上かかりました。

 

普通に片手のオーバーヘッドだけならラインは1本で十分でも、スペイ系のキャストを組み合わせると急に複雑になります。

釣り方によってラインが変わり、合わせるロッドによっても変わるので、よほど自制心がないとラインに埋もれることになります。

まあ、自分は6〜7割マッチすれば上出来だと思っているので、まずは持っているラインだけで何とかすることですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
一気に染める

ー ネットが完成 ー

 

乾かしてみるとイメージより少し濃い、もう一度漂白するか迷うところですが、とりあえずこのまま進めてダメならまた考えることにします。

 

2色目を染めます。

下半分だけぼかすように。

 

濯いでみるとちょっと寂しい、もう1色染めます。

今度は上側。

 

良く濯いで、

 

定着剤に浸けて、

 

乾かします。

 

で、翌日フレームに取り付けてみました!

ベース色の濃さは思ったより気になりません。

 

イメージは「楓」です。

グリップとフレームにメープル(楓)を使っているので、楓の新緑から紅葉への移り変わりをイメージしました。濡れるとさらに濃く見えるので、ヤマメやイワナに似合うんじゃないでしょうか。

 

 

※鼻に詰まっていたガーゼが2週間ぶりに取れて、無事両鼻が開通しました。

世間の人はこんなに楽に呼吸をしていたんですね。

まだ激しい運動はできませんが、来週なら軽いキャスティングくらい大丈夫でしょう。

やっと試し振りができます。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
1回目の染め

ー ベースの色から ー

 

染料を買ってきて、ネットの染め直し再開です。

今回は2色の予定、まずはベースの色を染めます。

 

ここからはモノクロ、色は出来上がってからのお楽しみです。

染料をお湯に溶いてネットを浸けます。

棒でよく撹拌して、しばらく放置。

 

取り出して濯ぎます。

 

色の感じを見るため、ここで一旦乾かします。

 

明日乾いた色味を見て、次の色を決めます。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ