フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
ついでに

ー 足を伸ばしてみた ー

 

せっかく行ったので、見たかった川までちょっと足を伸ばしてみました。

こっちは近くの山にも雪、水温が低そうです。

 

日差しがない分よけいに寒く感じます。

それにしても水が少ないですね。

 

しばらく見ていてもライズはなし。

来週来るつもりでしたが、コンディションは良くない感じです。

どうしましょうか・・

 

川の様子がいつもと違うのは養沢だけではないようで、どこに行っても難しい釣りを強いられそうです。

でも、フライフィッシングは、単純に釣れるから楽しいだけではなく、釣れないから愉しいということもあります。

釣れない釣りをどう愉しむか、キャリアの見せ所ですね!

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
7&6

ー 一般河川7回目 ー

 

芦ノ湖を含めて一般河川7回目の釣りに行ってきました。

 

春が似合う川なのに、あいにくの曇り空、自作竹竿 ariawaseSP. に#4ラインで釣り上がりました。

しばらく釣っているとフライの下でギラッ!とUターン、踏み跡も多いし、魚はスレている感じです。

 

遠くの山には残雪、満開の桜、これで青空だったらな〜!

その後も完全にフライに出たのにすっぽ抜けだったり、直前でUターンするのが見えたりで、結局ここではキャッチできず。

 

せっかくなので上流の様子を見に行きました。

こっちは路肩に残雪があったりでまだまだ冬景色、それらしいポイントを釣っても反応はなし。

 

道路から砂底のプールを観察すると、川底に魚影が見えました。

フライを流しても無反応で、まだ表層に出てくる雰囲気はないです。

やっぱり上流は一月早かったですね。

どの川も昨年の台風で様変わりしていて、今年どんな状況になるか予想しにくいです。

まあ、川を見るのも釣りの一部と思っていますから、情報集めを楽しむしかありませんね。

 

それでも、これで一般河川(芦ノ湖を含んで)の釣行は7日、養沢が6日になりました。

ここまではまあまあのペース、今年こそ30日&10日を達成するつもりです。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
テンカラで釣ってみた

ー 秋川支流で ー

 

秋川の小さな支流をテンカラで釣ってみました。

車に積みっぱなしだったテンカラ竿は、実家から持ってきて直したものです。(こちら

 

ラインは専用のものではなく工事用の水糸、これでも十分使えます。

 

道路から#14CDCカディスをキャストすると・・

 

岩陰からヤマメが飛び出しました。

チビよりちょっと大きい17〜18センチ、ヒレが揃ったきれいな魚体でした。

道路に落とさないうちに急いでリリース。

 

養沢のライズは#24でやっと釣ったのに、一般渓流では#14で釣れるんですから釣り人のプレッシャーがいかに影響するかよく分かりますね。

フライロッドが振れないような小さな沢ではテンカラの方が振りやすく、今の時期なら圧倒的にドライが効きます。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
ライズはあるのに

ー 意外にシビア ー

 

昨日の養沢は、良い天気に恵まれて50人近い釣り人が入場しました。

事務所周辺は混雑していて、ちょっとだけ釣るつもりで上流に向かうと、意外なことに木和田平が空いていました。

直ったばかりのスムースの出番です。

スムースにCORTLAND SYLK#3の組み合わせ、CDCカディス#18を結びました。

 

最初は早淵。

ライズが頻発していた奥の流れ込みにキャストすると、桜の花びらに引っかかってうまく流れず、何度もやっているうちに魚はどこかに行ってしまいました。

大量の花びらで釣りにくいです。

 

駐車場下も空いていたので移動。

 

ここもライズはあるのに#18ではことごとくUターン、#24CDCカディスにチェンジしてやっとキャッチしました。

元気なニジマス。

 

食べていたのはストーンでもカディスでもない極小のユスリカピューパでした。

カディスやストーン、ガガンボなどがたくさん飛んでいたのに、釣り人のプレッシャーからか魚はシビアでした。

 

例年なら、来週後半あたりからモンカゲロウのハッチが始まり、ゴールデンウィーク中にピークを迎えます。ハッチの時間帯は夕方4時頃から6時頃で、曇りや雨の日なら日中でもハッチします。

水面から飛び立つダン(クリーム系で大型)を見かけたら明るい色のダンパターンを試してみてください。ハッチが始まるとスイミングニンフやフローティングニンフも効きます。

また連休後半には水面に落ちるスピナーも見逃せません。夕方、派手なジャンプライズが見られたら、ダン系の大きめのフライを水面にフワッと落とし、チョン!とアクションを加えるとガバッ!と出るはずです。

ティペットを4X、5Xにすることをお忘れなく。

 

エキサイティングな養沢は、まもなくです!

| ストマック日記 | 00:01 | - | - |
バーブ付きの恐怖感

ー リアシートに刺さっていたマドラー ー

 

車を片付けていて、リアシートにマドラーが刺さっているのを発見しました。

芦ノ湖で使ったフライボックスに入っていたものですね。

 

なぜこんなところに刺さっていたのかわかりませんが、バーブレスを潰していたおかげで簡単に抜けて、フライボックスに戻しました。

 

フライは二十数年前からすべてバーブレスにしています。(サクラマス用チューブフライだけは別ですが)

養沢で販売しているフライもすべてバーブレス、落ちているフライもほとんどバーブレスですから、日常的にバーブ付きのハリを見ることはがとんどない中で、先日芦ノ湖で拾った仕掛けは衝撃的でした。

一つの仕掛けに大きなバーブ付きのハリが何本も付いていて、万が一足にでも刺さったらと想像するだけで恐怖感が湧きました。

 

養沢はバーブレスの使用をルールにしていますが、以前そのルールがなかったとき、自分の指にフックを刺して病院に直行した方や、自分の頬を釣って抜けなくなった方を見たことがあります。

そうならないために、養沢以外でもバーブレスの使用を強くお勧めします。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
安物買いの・・

ー 廉価なスプールとラインを買う ー

 

先週の芦ノ湖で使った#5ラインは十数年前のシュープリーム2です。さすがに硬くなって巻き癖が取れず、ウェーディングした風の中では頑張って20ヤードでした。

せめてあと5ヤード・・と思って、新しいラインを買ってみました。

ノーブランドのシングルハンド・スペイライン、バックスペースが少ないところでも使えます。

 

ヘッドの重さは約180グレインで、番手にすると#4/5くらいでしょうか。

オーバーヘッドがメインになるので少し軽めでも大丈夫だと思います。

ついでにスペアスプールも買って合わせて5千円ちょい、廉価リールはスプールも安いです。

 

次の芦ノ湖は秋になると思うので、それまでキャスティング場で振るつもりです。

#4ロッドに合うか#5ロッドに合うか、それとも期待外れか・・

安物買いの銭失いにならないよう、うまく使い熟したいですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
フロータントの補充

ー 専用のものを使う ー

 

積みっぱなしタックルのフロータントは、大分以前に釣り場で買ったドライシェイクを入れています。

フワフワ成分はほとんど入っていなくてすぐに浮かなくなってしまうのに、いつも川に行ってから思い出しました。

前回養沢で使った後、やっと補充用を買いました。

ドライシェイクレフィルは以前養沢でも販売していましたが、今はありません。

 

そして、一般渓流で使うLOONのトップライドには、専用のブルーリボンを補充用にしています。

 

両方は多分似たような成分なんだろうと思いながらも、それぞれ専用のものを買っていますが、それには理由があります。

以前は、両方の補充に*****という別のものを使っていました。

ドライシェイクレフィルの数倍の量で数百円、すごく得した気分になっていたのに、容器の蓋が大きすぎて開ける度に周囲に飛び散る、静電気でくっつくなどで、小さな容器に補充するのがとても大変でした。

結局フリーマーケットでどなたかに差し上げてからは、よけいなことを考えずメーカーさんの指示通りのものを使うようにしています。

ドライシェイクレフィルは散らかすことなく簡単に補充できるし、ブルーリボンはやや劣っても*****に比べればはるかに手軽です。

大半が容器代と言われても、これに関しては納得できますね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
カッチカチやで〜!

ー カチカチのコルクパテ ー

 

しらばく使わないうちにカチカチに固まってしまったグリップ用のコルクパテ。

水を入れて数日放置してみましたが・・

 

全然溶ける様子はなくてカチカチのままです。

 

お湯を入れてもダメでした。

 

このパテ、今まで使った中で最も違和感がない色でした。

耐久性もあって良かったんですが、残念ながら捨てるしかありません。

でも、これどこで買ったっけ・・

思い出して探さなくてはいけませんね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
芦ノ湖のゴミ

ー 危ないので拾ってきた ー

 

釣場に落ちていた釣り針を回収してきました。

ついでに餌のパッケージも。

 

オレンジのジェット天秤らしきものには2本のハリが付いていました。

 

こっちには3本のハリ。

他に浮き代わりのスポンジが付いたハリもありました。

実はこれらが落ちていた場所は誰でも入れる砂浜で、ちょっと前まで大型の犬が駆け回っていました。

これを見つけてぞっとしましたが、釣り針にはカエシがついているので犬の足に刺さったら大変なことになっていましたね。

 

自分の自治体のゴミとして分別します。

ハリやスイベル、オモリは燃えないゴミ。

 

釣り糸とビーズは燃えるゴミです。

 

そして、釣り糸に絡んでいたこれは・・

竿の先に付ける鈴ですね。置き竿をして魚が引いたら鳴る仕組みです。

これも燃えないゴミですが、何かに使えるかもしれませんね。

 

他にも、餌にしたと思われるソーセージのビニールや仕掛けのパッケージ、魚を捌いた内臓まで落ちていて、いろんな釣り人がいることを実感した次第です。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
3度目の芦ノ湖

ー 半分沈と3度目の・・・ ー

 

火曜日、今年3度目の芦ノ湖に行ってきました。

 

風は弱く比較的暖かいという予報を信じて、表層に絞ったタックルをセットしました。

アーキストリアル9'0" #4/5に#5のフローティングライン、ハックルウェットの組み合わせです。

 

水温は8.2℃、意外に低くて少し不安に。

 

予想以上に風が冷たい!

 

もろに正面からの風でキャストしづらく、場所を移動するつもりで歩き始めた途端、足下の岩に躓いて、おっとっと・・

とと・・ドボン!!

頭と右半身が水没して、久しぶりに水中から空を見ました。

ジャケットとシャツは右半分がずぶ濡れでショルダーバッグも水浸し、でもウェーダーはベルトのおかげで浸水せずに済みました。

シャツとジャケットを絞って岩の上で乾かし、予備のウインドブレーカーを着用して早めの昼食をとりました。

 

しばらくすると風向きが変わり、良い感じの風裏に。

同行者も一生懸命キャストしているんですが、相変わらずライズはなし、魚の気配もなし。

 

自分が入った場所には、魚の内臓がいくつも沈んでいて、まさかここで捌いた・・?

 

内臓を避けて場所替え。

斜め右にキャストしてラインを風に流していると、カーブしたラインが引かれたような気がしました。

軽くロッドを立ててみると魚らしき反応、すかさず合わせるとすっぽ抜け・・ではなくて合わせ切れでした。

ティペットの途中が切れたということは、きっとウインドノットですね。

 

気を取り直してポイント移動すると、今度は右からの強風が吹き始めました。

これでは釣りにならず、何より寒いので車に戻って着替えることにしました。

 

湖の釣りでは、いつも防寒着と着替え一式を持っています。

シャツとフリースを替え、ウェーディングジャケットを着て林道に。

 

30分ほど歩くと先に移動していた同行者が見えてきました。

 

こっちは水面がちょうど良い感じ、これなら釣れそうです。

アタリを期待して2時間ほど頑張りましたが、同行者共々まったく反応はなし。

何度かライズはあったんですが・・

 

夕方元の場所に戻りましたが風が止まず、

6時前に納竿しました。

 

予想以上に風が強くて、寒くて、見事に3度目のボウズ達成です。

この時期水温8.2℃は、やっぱり低いですね。

ユスリカのハッチもまばら、魚が岸に寄っていないので、ウェーディングでは厳しい釣りでした。

そろそろシリナガマダラのハッチも始まるはずですが、今年はどうなんでしょう。

 

これで芦ノ湖は一旦お休みにして、次週は渓流に向かうつもりです。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
こんなフライが出てきた

ー ルアーのようなフライ ー

 

芦ノ湖のためにフライを入れ替えていると、古い湖用ボックスにこんなフライが入っていました。

たしかフリスキーフライとかいう小さなルアーを改造したフライです。

フワフワテールを除いても4センチ以上あります。
 

フリスキーフライのリップだけを残してボディをカット、マラブーを取り付けました。

リップのおかげでくねくねと良く泳ぎます。

 

これなら釣れると確信したのに、トラウトは無反応で、バスを何匹か釣りました。

広い湖ならサイズも動きも大きい方が良いと思ったのですが、冷静に考えれば相手はニジマスですから、いくら何でも大きすぎましたね。

 

釣り人は、広いところに立つほど遠くを釣りたがり、大きなフライを使いたがります。

でも実際は、水温と状況が合えば魚は浅場に入ってくるし、湖のトラウトだって#20に満たないユスリカを食べているんですね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
7日のハッチ

ー オオクママダラとオナシカワゲラ ー

 

7日の午後、ハッチしている虫を探しに事務所下に降りてみました。

飛んでいる虫は少ないものの、蜘蛛の巣にオオクママダラが掛かっていました。動いていて掛かったばかり・・ということは、飛んでいる可能性があります。

見にくいですが写真のほぼ真ん中にいます。

 

急いで車に虫取り編みを取りに行って、最初に捕まえたのはオナシカワゲラでした。

羽に模様があるタイプで、全長は15ミリほど。

フサオナシカワゲラの一種でしょうか。

 

次はオオクママダラのスピナー、卵塊を抱えたメスですね。

瀬の上を上下に飛びながら、時々水面にタッチして卵を落とします。

 

黄色っぽいカワゲラは、ミドリカワゲラの一種のようです。

全長は1センチほどの小さなカワゲラです。

 

そしてこれはマエグロヒメフタオのスピナー、産卵を終えたメスでしょうか。

体長は15ミリ弱、今年は数が少ないです。

 

これもオオクママダラのスピナーです。

ボディが短くテール3本、スピナーは翅の前縁が褐色です。

オオクママダラは水面羽化のため、フローティングニンフも外せません。

 

そしてガガンボ、すごい数がいます。

全長7〜8ミリのウスバガガンボでしょうか。

ガガンボはアダルトだけでなく、水中から浮き上がるイマージャー、産卵期のクラスター(塊)も見逃せませんね。

 

虫を捕まえているとき、釣り人から「何が採れますか?」と声をかけられました。

オオクママダラ・・とネットの虫を見せると「こんなに大きい?!」と驚き、「事務所下では#20以下を沈めないと釣れない」と言っていました。

確かにそうですね。事務所下は釣り人のプレッシャーで多くの人が使うサイズにはスレています。それに、放流されて間もない魚は水面の餌には反応しにくいこともあります。

でも、この日事務所下では水面がらみのライズが頻発していて、あきらかにハッチする虫を食べている魚もいたのです。

 

フライフィッシングは、ただ単にたくさん釣ることより「なぜ釣れたか」を理解し「どうやって釣りたいか」に繋げることで面白さが倍増すると思います。

釣れた理由を知るためにハッチを知り、水生昆虫を調べ、季節や水温を知る。キャスティングを磨き、使いやすいタックルを求め、魚の都合にどこまで合わせられるかを探るわけです。

知れば知るほど難しくなる、やればやるほど深くなるのがフライフィッシングですね。

 

| ハッチ情報 | 00:01 | - | - |
いよいよ処分する

ー 出番がないパーコレーター ー

 

かつて釣場に持っていった調理器具は、最近めっきり出番がなくなりました。

 

中でもこれ、パーコレーターは10年以上使っていないので、いよいよ処分します。

出番がなくなった理由は、美味しいドリップパックが販売されたこと、多人数で釣りに行かなくなったこともありますね。

 

久しぶりに使ってみます。

1杯だけ作るのは難しいので、多めに作ります。

 

コーヒーを入れ、中蓋をして蓋を閉め、

 

ガスコンロで沸かします。

 

キャップの透明部分にポコポコとお湯が上がってきて、コーヒー色になったら出来上がり。

 

ちょっと薄かったですね。

 

後片付けも手間がかかります。

ラーメンのお湯を沸かすにも便利でしたが、これが使い納め、鍋やヤカンと一緒に金属リサイクルに出して、生まれ変わってもらいます。

 

最近は釣り場でコーヒーを沸かすことも、ラーメンを食べることも少なくなりました。

釣り場にいる時間が短くなっているからですね。

コーヒーはポットに入れ、お昼はおにぎりか蕎麦やさん、それでも釣りは楽しいですから。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
本を買ってきた

ー イエローストーンの本 ー

 

マッキーズさんで見たイエローストーンの本を買ってきました。

出版社のロゴマークにマッキーズ宮坂氏のイラストが使われているそうです。

 

写真をたくさん眺めて、しばらくアメリカの雰囲気を楽しみます!

 

| | 00:01 | - | - |
本流のために

ー 本流用のウェーディングベルト ー

 

ネット通販サイトでチェックしていたのに、いざ買うとなったら欠品で、フライショップでやっと見つけました。

幅広でデラックスなウェーディングベルト、本流で使うつもりです。

 

買おうと思った決め手はこれ、ネット用のベルトが付いていることです。

今まで普通のウェーディングベルトに差していましたが、ネットが不安定に傾いてキャストの邪魔になったり、ショルダーバッグに当たったりで決して使い易くありませんでした。

これなら左右に動くことはないし、流失防止コードも付けられます。

 

さらに両サイドも考えられています。

ベルクロを外せばウェーディングスタッフやボトルホルダーを取り付けることができ、下側の細いループはロッドホルダーにもなります。

 

幅広の部分は腰のサポートにもなりますね。

動き回る渓流にはちょっと大げさですけど、チェストハイを穿く本流では使い勝手が良さそうです。

今年こそサクラマスに何回か行きたいと思っているので、おそらく出番はあるでしょう。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
釣ってみた

ー キャスティング場で釣ってみた ー

 

キャスティング場の近くに用事があって、少し早めに出て釣ってみました。

カメラを忘れてスマホで撮影、両手で撮るのは不便です。

 

7'6"#3の積みっぱなしタックルをセット。

このライン、そろそろ限界ですね・・

 

#14のハックルウェットを結んで、やや水深があるこの上流から釣り始めました。

昨年のように残りニジマスを期待して、ダウンアンドアクロスで釣り下ってもアタリはなし。

ウグイやオイカワの反応もないのは水温がまだ低いんでしょうか。

 

浅い瀬を飛ばして、

 

下流の水深のある瀬へ。

ここから右岸に渉るつもりが、左岸側に釣り人らしき人影・・

長い竿が見えるのでどうやら餌釣りですね。

 

釣り人がいるということは魚が残っている可能性がありますが、さらに下流となると相当歩きます。残念ながらここで断念しました。

1時間弱、まあ、釣りをした気分にはなりました。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ