フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
釣り場の様子・その1

ー 下流〜中流部 ー

 

昨日15日、養沢の様子を見てきました。

 

十里木の手前で交通規制があって「養沢方面行けますか?」と聞くと、「養沢は大丈夫、どうぞ!」と通してくれました。

どうやら檜原村方面で通行止めがあるようです。

十里木を右折して落合橋から覗くと、

上流側の秋川本流、赤矢印から養沢川が流れ込んでいます。

写真右の石垣には建物ギリギリまで水が流れた跡があります。

 

こっちは下流側、流れは酷い泥濁りです。

 

養沢川は秋川より濁りが薄く、途中の秋川国際マス釣場まで釣り人がチラホラ、増水で落ちてきたニジマス釣りです。

秋川国際マス釣場はクレーン車が入って工事中、放流用の水槽でしょうか。

さらに行くと、毛鉤釣場の少し手前が崖崩れで片側通行になっていました。

 

毛鉤釣場は休業中、事務所周辺を飛ばして立岩、水はかなり多くここの濁りはまだ強いです。

下流の方が澄んでいたので、この先で補修工事が行われているかもしれません。

 

海入道橋下流。

 

上流側から見た養沢センター上流。

 

驚いたのがここ、苔と草で覆われていた岩は丸坊主!

岩の上まで水が流れたということですね。

道路まで水が上がった跡もありました。

 

宝沢合流点。

手前が宝沢で奥が養沢川、草が全部流されて砂利の川原になりました。

宝沢はもう澄んでいます。

 

天王岩と松葉の間の瀬です。

再び濁りが薄くなって、これならドライフライでも釣りになるくらいです。

流れてしまった岩と、埋まってしまった岩で川は平坦に見えます。

 

松葉。川幅いっぱいに水が流れたのがよくわかります。

真ん中の岩は少し埋まったでしょうか。

岩の上に生えている木は無事でした。

 

この分なら濁りはまもなく薄くなると思いますが、まだ水は多く危険な箇所もありそうで、スタッフが川の点検とゴミ掃除をしていました。

営業の再開は安全が確認されてからになると思います。

ようざわ便り」をご覧ください。

 

木和田平から上流の様子は明日書きます。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
やっと形に

ー もう少しで完成 ー

 

コーティングを2回やったところで、気になっていたグリップをもう少し細くすることにしました。

太いグリップは力が入りすぎてキャスティングがぎくしゃくします。

 

ヤスリで大ざっぱに削って、紙ヤスリで仕上げます。

 

これぐらいで良さそうです。

 

大きな洞が現れたので、

 

再びパテ埋めしました。

 

半日置いてパテを削り、リアグリップを接着、リールをセットしてみるとなかなか良いバランスです。

 

継いで上下に振ってみると、

どちらかというとボテッとしてトルクフルなアクション、でもパリパリよりずっと好みです。

 

ガイドを付ける前に振った感じは#8の間違いじゃないかというほどゴチゴチだったのに、ガイドを付けるとやっぱり#5です。

試し振りをしてから仕上げるつもりでしたが、キャスティング場は増水だし、雰囲気はわかったのでこのまま仕上げることにします。

あとはフェルールにドットを入れてコーティングを2回、長さと番手のレタリングを入れて完成です。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
安いリールを買う

ー スペアースプールも ー

 

#5のスペイラインを新調する予定で、安いリールとスプールを買いました。

すでに持っているものと同じものです。

手前が買ったもの。

本体2個とスプール2個で1万ちょっとですから、一般的なリール1個分ですね。

 

買ったリールはすぐにグリスアップします。

新品でも、製造してから時間が経っている場合などグリスが固まっていることもあります。

 

#5用と見分けられるように袋の紐を変えました。

 

止水でフローティングラインを使うとラインの巻き癖が気になります。特にランニングラインは巻き癖が付きやすいので、直径が小さい今までのリールを処分してこれに替えました。

このリールは#7/8用、直径が90ミリあってもスプールが浅く#5にちょうど良いです。

 

※養沢はとても釣りにならないほどの泥濁りで、本日も休業になりました。

川の様子も変わっていると思うので、今週見に行ってリポートします。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
あれっ?!

ー コーティングが乾いたら ー

 

1回目のコーティングが乾いて、ガイドをチェックすると・・

あれっ?

トップガイドが横を向いています!

 

スレッドを外し、ライターで炙ってガイドを外しました。

 

せっかくなのでセラミックリング入りに替えます。

 

今度こそまっすぐに接着して、もう一度スレッドを巻いてコーティングをします。

 

ワイヤータイプにしたことを後悔したので、これですっきりしました。

コーティングを2回重ねたら、一度ライン合わせをしたいと思います。

 

| ロッド・ネット作り | 17:01 | - | - |
残った塗料を・・

ー マッキーズさんから教わった方法 ー

 

ガイドを止めたスレッドが解れないように、1回目のコーティングをします。

使うのはこれ、国内メーカーのエポキシ塗料です。

 

A液とB液を混ぜ、薄め液で薄めてからコーティング、塗料が偏らないようにモーターで回します。

 

で、容器に少し残った塗料を、いつもなら紙に吸わせて最後に溶剤で拭き取っていたのですが、今回はマッキーズさんに教わった方法で処理します。

このまま何もせずに1日放置します。

 

翌日、固まった塗料を尖ったドライバーで突いてみると、

 

嘘みたいにきれいに取れました!

今まで苦労していたのは何だったんでしょう。

さすがプロがやっている方法はすごい、これなら溶剤の臭いで大家さんに迷惑をかけずに済みます。

 

でも、これに気を取られて、筆を1本固めてしまいました。

筆だけは洗わないとだめですね。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
キャスティングを止めて

ー 夏のベストを片付ける ー

 

風が弱くて良い天気、絶好のキャスティング日和だったのに、ロッドの脇にぶら下がっていた夏ベストが目に入り、片付けを始めてしまいました。

養沢用と一般渓流用、今年も活躍してくれました。

 

中身を全部出します。これは養沢用。

フロータントはドライシェイクだけ、養沢では狙う魚を決めるのでフロータントの持続性は気になりません。

ティペットは0.2号と0.15号も入れています。

養沢には事務所があるため、救急箱やライトなどは入れていません。

 

こっちは一般渓流用。

フライボックスは最小限、フライパターンより魚がいるポイントを探すことを優先します。

救急セット、ライト、緊急用の笛、フェルールが抜けないときのグリッパー、ジェル状フロータント、虫よけ、スーパーのポリ袋、一息ついたときのバードコールも入れています。

実際の釣りでは、車のスペアーキーとバンダナも入れて、熊鈴2〜3個をぶら下げます。

 

フロータントの袋が破れていたので交換しておきます。

出すのが面倒でも、このおかげでベストが汚れずに済んでいます。

 

洗濯ネットに入れてソフト水流で洗いました。

 

ついでに夏用キャップも。

 

ベストに付けていた年券もケースから出します。

 

キャスティングは残念でしたが、片付けもそれなりに楽しめました。

小物がごちゃごちゃになっているので、この冬は整理しないといけませんね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
2日連続・・

ー さっそく ー

 

2日連続キャスティングに行くつもりで自撮りしたMovieをチェック、修正点を見つけて頭に叩き込みます。

Dループはもう少し狭い方が良さそう・・ということは、バックキャスト終了時に右腕を上げすぎです。

力の入れ加減は悪くないですが、シュートの方向はもう少し上、ホールはもっとゆったりで良いですね。

 

ラインに距離のマーキングをしました。右から20、25、30ヤード。

スペイキャストで安定して25ヤードが目標ですね。

このライン、全長が28ヤードと思い込んでいたら、33.5ヤードもありました。

・・ということは、芦ノ湖でオーバーヘッドキャストした距離は30ヤード近くあったんですね。一般的なWF5より少し重いので距離は出やすいです。

 

これで準備万端、風が無いことを祈りましょう。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
キャスティング

ー シングルハンドスペイ ー

 

湖の釣りを考えて、このシーズンオフはシングルハンドスペイを中心に振るつもりです。

さっそく行ってきました。

川原は前回より草だらけ、歩くのも大変です。

 

水が減って、川底は茶色の藻でいっぱい。

 

9’#5のシングルハンドロッドに175グレインのスペイラインをセットして振り始めました。

芦ノ湖でブラウンを釣った組み合わせです。

このラインは、ダブルハンドでいうロングベリーみたいなものでヘッドが35ftあります。ラインが暴れないようにキャストするにはそれなりのテクニックが必要で、練習にはちょうど良いです。

 

うまくいくのは何度かに一回、まだ体が覚えていませんね。

ラインに距離のマーキングがないのは不便ですね。

 

足元で小魚らしきものがチョロチョロ動きます。

目を凝らすとヨシノボリです。

 

こっちにもいます。

魚影を見るとつい手が止まってしまいますね。

 

1時間半無心で振って、時々綺麗なループが出るようになりました。

なるべくリストを使わない、急激にパワーを加えない、ラインリリースはループができてから、ホールは遅めと、少しコツが掴めたんじゃないでしょうか。

今週少し時間ができたらまた行きます!

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
キャップにつける

ー アップリケを貼る ー

 

先月買ったアップリケをキャップに貼り付けます。

どのキャップにするか迷って、釣りとキャスティングに最も多用するものにしました。

 

まずイワナを貼り付け。

 

そしてヤマメも。

 

イワナは川底にへばりついてヤマメは表層で水面を注視、というイメージでしたが・・

 

ちょっとアップリケが大きかったですね。

まあ、イメージとは違いましたが、釣り人らしくなりました。

 

これをやっていて良いことを思い付きました。

トンボ・・というかオニヤンマのアップリケをキャップに貼れば蜂除けに効果があるんじゃないかと。

アップリケならラインが絡むことがないですからね。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
一気に巻く

ー 片足ガイドは巻くのが楽 ー

 

少し時間ができたので、一気にやれるところまで進めました。

 

まず、リールシートにグラファイト模様のインサートを接着。

次の作業ができるように30分硬化のエポキシを使いました。

 

続いてフォアグリップも接着、これも30分硬化です。

 

マーキングした位置にテープでガイドを仮止めして、

 

ホットグルーでトップガイドを接着。

手元にあるものからポピュラーなワイヤータイプにしました。

これでティップの返りが早かったら、やや重さがあるセラミックリングに替えるつもりです。

 

ここから一気にガイドを巻きました。

スレッドはグリーン、フェルールの補強だけシルバーのアクセントを入れました。

 

グリップにワインディングチェックを付け、チェック巻きと飾り巻きも終了。

 

リールシートを接着して一区切りです。

 

いよいよコーティングです。

とりあえずスレッドが解れないように薄めたものを塗って、その後はじっくりやりましょう。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
やっぱり・・

ー 捨てようとしたけど ー

 

不燃ゴミに出そうと思った折りたたみチェアーでしたが、捨てるとまた欲しくなりそうで、もう一度やってみることにしました。

どこも壊れていないし、破れてもいない、問題は劣化部分だけ、何とかなるんじゃないかと・・

 

まず、劣化部分の粉状のものをガムテープで極力落として、

 

ザブザブと水洗い。

 

天日で乾燥。

 

それでもまだ黒い粉が出てきます。

 

そこで思いつきました。

これです。

靴の補修に使った塗料、これで粉を固めてしまおうと考えました。

ただ色がブラウン・・違和感がありますが、もったいないのでこれを使います。

 

他に塗料が付かないように養生して、

 

外でスプレー。

 

座る面に少し滲んでしまいました。

 

半日置いて、塗ったところをティッシュで擦ってみると黒い粉は出ません。

思った通り、塗料によって黒い粉は固められたようです。

 

この塗料はバリバリに固まらないので折りたたむのも問題はないし、色の違和感はあっても自分が使うものですからね。

やって良かった、捨てずに済みました!

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
ガイドを準備する

ー 取り付けの下準備 ー

 

届いたばかりのガイド11個です。

ストリッピングと次のガイドだけ2本脚のセラミックリング入り、他はクロームメッキのワンフットガイドです。

 

スレッドで止める脚をヤスリで滑らかに削ります。

これを、

 

こんな感じにするのですが、

 

保持しにくい上、硬くて簡単に削れません。

 

1時間かかって終了。

 

次はロッドブランクにガイド位置をマーキング。

 

これで準備完了、次はいよいよガイドの取り付けです。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
8月の釣りで

ー 思い出した ー

 

8月の釣りで、昼食用に引っ張り出した折りたたみチェアー・・

 

すごく久しぶりに出したら、見事に劣化していたんですね。

黒い粉がボロボロと。

 

素直に捨てれば良いのですが、少し抵抗してみます。

剥がれている部分をガムテープで取ってしまえば・・

 

取っても取っても黒い墨のようなものが付いてきて、これが3ヶ所もあるんですからキリがないです。

布でカバー・・、いやいやこれはもうお役御免にしましょう。

20年以上活躍してくれたチェアー、お世話になりました!

 

意外にしっかりしたもので、何千円かした記憶があります。

代わりのものを探し始めて思い出しました。

そういえば車の景品・・

二回り小さくても、とりあえず座れます。

 

今更カッコつける歳でもないし、チープなもので十分です。

堂々とふんぞり返って座るより、縮こまって座る方が性に合っていますからね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
グリップを仕上げる

ー ほぼイメージ通り ー

 

フォアグリップのパテを削る前に、リアグリップを整形します。

リアエンドは穴が貫通していないためドリルにセットできず、手作業で形を整えます。

ヤスリでゴリゴリ、左手の指が引っかかるように中央のくびれを大きくしました。

凸凹はパテ埋めします。

 

次はフォアグリップをドリルで回して余分なパテを削ります。

 

一通り削ってから、埋め切れていない洞をもう一度パテで埋め、同時にリアグリップにもパテを塗ります。

 

翌日、紙ヤスリでパテを削り、最後に硬く絞った布で削りかすを拭き取って完成です。

 

全長は34.5センチ、見た目にも機能的にもちょうど良い感じです。

リアグリップが長すぎると片手で振りにくく、短すぎると両手で振りにくい、フォアグリップは両手ならやや太めが楽なのに対して、片手では太いとダメ、ちょうど良いバランスが難しいですね。

 

次はガイドの取り付けです。

安価なワンフットガイドを買いました。

ここまできたら一気に進みそうです。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
ヤマメのライズ

ー 禁漁間近の養沢で ー

 

ヤマメ禁漁2日前の養沢で、リラックスしてライズするヤマメを見つけました。

緩い流れの水面下数センチに定位。

 

水面に口だけ出して、すすり込むようにライズ。

また元の位置に。

 

また何か流れてくると・・

頭を持ち上げてライズ。

 

次は振り返るようにライズ。

ハッチはほとんど見えずライズの動きも小さいので、おそらく極小のユスリカピューパでしょう。こういう魚は普通にフライを流してもほとんど反応しません。

 

このヤマメを自分が狙うとすれば、ティペットを0.15号にして、まずは#26で水面に張り付くスリムなパターンを魚の鼻先に落とします。

フライを落とすのは赤点のあたり、魚が観察できる時間を短くするためフィッシュウィンドウの中にポトリと落とします。

それでダメだったらフライを#28、#30にし、プレッシャーを与えすぎないように休みながら、フライのボリュームを変えたり、落とす位置を変えたり、時には水面のフィルムの下を流すこともあります。

実際に食べているピューパはおそらく2〜3ミリですから、何度かキャストするうち偶然でもピューパに見える瞬間があれば素直にくわえるはずです。

気まぐれで大きなフライに飛びつくことがあったとしても、やっぱり餌を食べているのと同じフォームでフライをくわえさせたいですね。

 

放流直後の魚をたくさん釣るより、簡単に釣れない魚を狙えるのも養沢の面白さです。

たとえ釣れなくても、集中することで釣りをした感がたっぷり味わえますから。

 

| 魚のこと | 00:01 | - | - |
ドリルを買う

ー 削りを再開 ー

 

売っている中で最も安かったドリルを買ってきて、ドリル台にセットしてみました。

メーカーが同じなので、機能に大きな差はないようです。

ただ、前の機種では任意の場所でスイッチが固定できたのに、この機種では最高回転でしか固定できません。

片手でスイッチ、片手でヤスリになりそうですね。

 

さっそく、粗めのヤスリで削って全体の太さを調整します。

 

こんな感じでしょうか。

 

紙やすりで仕上げます。

まずは#120で大きな傷を均します。

 

次は#240、そして#400で仕上げました。

 

予想以上に洞が出てきたので、パテで埋めます。

 

ラバーコルクにマスキングをして、全体をパテで塗りました。

2〜3日置いてパテを削って整形終了です。

 

近年のワインブームで質の良いグリップ用のコルクが少なくなっていると聞きます。

パテで埋めることが多くなり、今はパテの質も問われる時代ですね。

色の違和感が少なく、耐久性があるもの、個人的には以前紹介した外国製のものが気に入っています。

これですね

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ