フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
酷くなる前に・・

ー ウェーディングシューズ ー

 

一般渓流用のウェーディングシューズが、こんなことになっていました。

 

酷くなる前に修理します。

まずシューズの内側に適当な木っ端を当てて凹まないようにします。

 

プラスティック用のエポキシ接着剤を裂け目に補填、紐で固定します。

 

一昼夜置いて紐を外すと・・

うまくくっついたようです。

これで今シーズンは何とかなりますね。

 

現在ウェーディングシューズはフェルトソール5足とラバーソール1足の6足です。

修理を重ねてそろそろ限界のものもあるし、シーズンが終わったら整理しないといけませんね。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
筋肉痛でも・・

ー 釣りに行けるかな ー

 

今週こそイワナ釣りのつもりですが・・

一昨日、友人の趣味に付き合ったおかげで太腿が酷い筋肉痛、この状態で斜面を下り、岩をよじ登るのはきついんじゃないかと行くのを躊躇しています。

 

その趣味がこれ、

膨大な数のレコードです。(実際はこの3倍ほどあります)

 

まだ棚に収めていないものも大量にあって、

何たって重い!

 

アーティストごとに仕分ける作業を4時間も手伝って・・

立ったり座ったりを繰り返したおかげで太腿がパンパンになりました。

 

レコード数千枚、CDも数千枚、集めた金額は中古マンションが買えるほどです。

こんな狂気を見てしまうと、ロッド40本で騒いでいる自分の趣味がささやかに見えてきますね。

一応サロンパスを貼りまくったので、これで楽になったら今度こそイワナ釣りです!

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
何となく冷たい

ー ウェーダーの水漏れ ー

 

昨年8月にシームテープを全交換したウェーダーは、一般河川でフル稼働しています。

今まで水漏れらしきことはなかったのですが、前回のイワナ釣りで左足が何となく冷たい気がして、脱ぐとソックスが濡れていました。

乾かした後その部分を見ると、

少し浮いているような気がします。ちょうどソックスが濡れた場所ですね。

 

アイロンを押し当てて浮いた部分を溶着。

これで漏れるようなら、一回り大きなシームテープでカバーすることになるでしょう。

 

このウェーダーはあと1年で20年になります。

シーズンオフにシームテープをチェックして撥水加工をすれば待望の20年は迎えられそうです。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
カーペット

ー 車に使う ー

 

以前、ウェーダー修理に使ったカーペットの余り。

 

何かに使えないかと考えて、こんなふうにしてみました。

まず、4分の1にカットしたもの2枚。

切りっぱなしでも良かったんですが・・

 

作った感を出すために、角を丸くしました。

これはウェーダーに履き替えるときに使います。

リアシートの足元に置けば、すぐに取り出せて便利ですね。

 

そして残りは車のトランクへ。

 

元々千円ほどのものなので、ウェーダーを修理した他にこれだけ使えれば十分です。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
ニジマスの一夜干し

ー 2匹キープしたかったわけ ー

 

19日の養沢で、結局瀬では1匹も釣れなかったのに遠藤前と早淵で無理矢理2匹釣ったのは、一夜干しを紹介したかったからです。

 

一夜干しは以前もこのブログで紹介したことがありますが、復習のつもりでやってみます。

持ち帰った魚を事務所の洗い場で下処理します。

 

内臓を取り出し、やや多めに塩を振って、

 

クーラーに入れて持ち帰りました。

 

家に持ち帰って処理します。

頭と尻尾を落として半分に開き、5%の塩水に浸けます。

 

1時間ほど経ったら取り出して軽く水洗いし、ペーパータオルで良く水気を取ります。

 

網に入れて一晩干します。

 

翌朝・・

 

取り出してみると、半生という感じです。

 

これで完成です。あとは冷蔵庫で保管して、その日の晩に焼いて食べます。

一夜干しは縮むので魚は大きい方が良いですね。

このサイズなら素揚げが良さそう・・

 

養沢では魚を持ち帰る方は少数派で、多くの方がリリースします。

でも、魚を持ち帰らないことで、「本当に釣りに行っているの?」と家族から怪しい目で見られている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな方、一夜干しという形での家族サービスはいかがでしょうか。

やってみて、リクエストがくるようになればしめたもの、大手を振って釣りに行けます。

また、家族で食べきれないほど持ち帰って近所に配るなどしている方は、もらう側の気持ちも考えた方が良いです。

ある釣場では、常連さんの近所から「いつも魚をもらって迷惑している。たくさん持ち帰らせないで!」と抗議の電話が入ったと聞きました。

川魚が嫌いな方、食べられる状態に処理できない方、お返しをしなくてはと考える方など、もらう側の事情も様々ですから。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
連続10年

ー 今日で連続10年 ー

 

このブログは、2009年2月25日「パンヤを染めてダビング材を作る」から書き始めました。

(それ以前の書き込みは、後に別サイトから移設したものです)

最初は数日に1回のペースでのんびり書いていたのですが、書くのも意外と楽しいと思うようになって、2009年5月28日から連続1000日続けようと決めました。

2012年2月21日に無事1000日を通過、まだまだ続けられると2014年11月16日に2000日、2017年8月13日に3000日を通過しました。

で、気付けば10年・・というわけです。

 

さすがに10年も経つと自分の釣りも変化して、興味の対象も変わっています。

以前よりライズに拘らなくなったことで、山岳渓流のイワナ釣りが大きな比重を占めるようになったし、スペイキャスティングのおかげで冬も川に行き、片手のキャスティングもそれなりに上達したと思います。

グーグルマップ頼りの川探索、蕎麦屋のついでの釣り、たまに東北など、愉しいフライフィッシングはまだまだ続けられそうです。

来年の5月9日で4000日、次の目標はそこですね。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
テレストリアルも

ー 万作さんパラシュートで ー

 

ボディハックルを巻いた「万作さんパラシュート」は、巻いてみるとなかなか良い雰囲気で、これは釣れそう。

そこで、テレストリアルバージョンも巻いてみました。

フックは#14、ピーコックボディにグリズリーのボディハックル、オレンジウイングにダークブラウンのハックルです。

テレストリアルとしても良い感じでしょう。

 

2本巻きました。

テレストリアルならボディハックルの代わりにラバーレッグもありですね。

 

実は本日、朝と夕方だけ仕事に出れば、昼間時間が取れそうになりました。

今月は休日も仕事をしていたので、代休と思えば釣りに行けないこともありません。

雨で中止した川まで片道2時間半、頑張れば2時間ちょっと釣りができます。

朝の仕事がスムースに終わったら、川からの書き込みができるかもしれませんね。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
トンキンケーンの端材

ー 最後の奉公 ー

 

割いた竹の端材を養沢のストーブ用に持って行きました。

 

乾燥しているので良く燃えます。

 

ゴミに出してしまえば誰の役にも立ちませんが、ストーブの燃料なら川で冷えた釣り人を暖めることができますね。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
直った!

ー 修理したウェーディングシューズ ー

 

先週養沢で履いた後、ベランダで乾かした状態です。

 

貼り付けた左側は・・

浮く様子もなく、しっかりくっついています。

 

反対側も大丈夫。

これでしばらく履けそうですね。

 

今年養沢で20回釣りをするとして、2足を交互に履けば10回ですから、今シーズンは何とかなるんじゃないでしょうか。

やって良かったです!

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
リール袋を縫う

ー フリース生地で ー

 

適当な袋に入れてあったリールのために、リール袋を縫います。

使うのはフリース生地、紐と一緒に買ったものです。

2個分を切り出して、

 

二つ折りにして縫います。

 

2時間かけて出来上がり!

少し大きすぎの感はありますが、無いよりマシです。

 

これで一つ片付きました。

次はやりかけの竹竿を少しでも進めようと思います。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ