フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
手ぬぐいとポスター

ー 水の事故防止 ー

 

事務所に貼られているポスターは、東京都から配布されたものです。

 

手ぬぐいも。

 

山もあります。

秋川でも、毎年水の事故で尊い命が失われています。

 

車からすぐ川に降りられるなど、気軽に入れるほど危険を感じなくなってしまいますが、自然の中は危険がいっぱいです。

増水、蛇、蜂、毒虫、毒草・・

事故を未然に防ぐのも、ベテランの条件です。

 

| 養沢のこと | 00:09 | - | - |
フライの傾向

ー 売れるフライの不思議 ー

 

事務所で販売しているフライの傾向。

マッチング・ザ・ハッチ。

増水時に有効なアントはまだ十分にあります。

例年あまり人気がないコンパラダンとセッジ、ジンジャークイルがよく売れているのは不思議です。

 

ウェット。

今年は減水のせいでウェットフライは良い状況になりにくかったですが、水が多めの時は最強のフライです。

これからですね。

 

ニンフ。

これは極端にばらつきました。

ビーズヘッドが不人気なのは、ここ10年で初めてかもしれません。

色による偏りもありますね。

 

そしてセットフライ。

これからの季節に効果的な「テレストリアルセット」は、まだたくさん残っています。

セットフライは1本当たりが割安です。

 

養沢は、水量が増えたおかげで、8月にもかかわらず水温は低めに推移しています。

川も魚も良い状況が続いて、ドライフライへの反応も良いです。

減水期にストレスを溜めた方、お楽しみいただけるのはこれからです!

 

| 養沢のこと | 00:21 | - | - |
天空の一軒家

ー 山の上のお宿 ー

 

釣り場事務所に置いてあるこんなパンフレット。

 

神谷の日天神社脇から、山道を30分ほど登ったところにある山の上のお宿です。

 

ちょっと贅沢なバーベキューもできます。

 

この家には子供の頃何度か遊びに行った記憶があります。

薄暗い山道をしばらく登ると突然視界が開けて、ぽつんと現れた一軒家に冒険心をかき立てられたものです。

 

民宿風の古民家と最近出来たグランピング施設もあります。

WEBサイトは

古民家「大峰(おおみね)」http://www.omine.woodlandbothy.jp

グランピング http://www.woodlandbothy.jp

 

こんな宿に泊まって、養沢を満喫するのはいかがでしょうか。

これからの季節、星空も素敵ですよ!

 

| 養沢のこと | 00:03 | - | - |
干からびた・・

ー ヤマカガシ ー

 

先日養沢で見かけた干からびた蛇の死骸。

 

よく見ると特徴的な色が・・

黒とオレンジの斑模様は、ヤマカガシです。

 

ヤマカガシと言えば、最近、子供が噛まれて入院したというニュースがありましたね。

そう、ヤマカガシは毒蛇なのです。

水辺の好むので釣り人が最も遭遇しやすい蛇とも言えますが、性格が大人しいので、釣り人が絶えず行き来する釣り場区間では遭遇する確率が低いです。

とは言え、本州のどこにでもいるので、渓流釣りをするなら、マムシとヤマカガシくらいは見分けられるようにしておいた方が良いですね。

 

| 養沢のこと | 00:09 | - | - |
楽しかった養沢!

ー 水が良い感じ ー

 

養沢に行ってきました。

予想より水が多くて、川底が洗われて気持ちの良い流れになっていました。

 

上弁天は岸がないほどの川幅に。

道路から見ると、浅いところに定位している魚がよく見えます。

 

神谷橋から上流。

瀬もポイントだらけですね。

 

増水後に水が減っていく過程が一番魚の活性が上がるので、今週末から来週にかけて良い状況が続くと思います。

もちろんストマックを採りました。

明日掲載します。

 

| 養沢のこと | 00:13 | - | - |
久しぶりに!

ー キボシアシナガバチの巣 ー

 

撮ってもらった写真の中に、こんなのがありました。

 

蜂の巣です。

拡大すると・・

巣の先端が黄色いキボシアシナガバチ、久しぶりに見ました。

 

子供の頃、この巣に止まっていた蜂に耳たぶを刺されて、アッチッチ!とわめいたのを覚えています。

痛いと言うより、熱かったですね。

しばらくすると「耳がでっかくなっちゃった!」というくらいに腫れ上がって熱を持ち、それはそれは大変でした。

1.5センチほどの小型の蜂ですが、侮ってはいけませんね。

 

写っている石垣と岩からすると、海入道橋下の右岸側でしょうか。

さっそくスタッフに連絡を入れました。

今年は蜂の活動が活発な様子です。養沢に限らず、釣行の際はくれぐれもご注意ください。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
蜂とイラクサ

ー 川で注意したいこと ー

 

数日前、養沢でスズメバチに刺された・・というTVニュースが流れました。

見慣れた景色が流れ、ご覧になった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

スズメバチは養沢に限らず、日本全国どこにでもいるので、アウトドアで活動する上ではその危険を知っておかなくてはなりません。

体長が3〜4センチもあるオオスズメバチ!

こいつに耳元でブンブン飛び回られると、恐怖で固まります。

 

釣り場区間の中で見つかった巣は、スタッフができるだけ取っていますが、山の中や人家までは目が届かないので、川に蜂が飛んでくることは珍しくありません。

もし遭遇してしまったら、絶対に手で払わず、じっと身を屈めて去るのを待ちましょう。

手で払うとかなりの確率で攻撃されます。

白っぽい帽子やタオルで頭を保護することも効果があると言われています。

 

次に避けたいのがこの植物、イラクサです。

一見するとカラムシやアカソに似ていますが、茎や葉にトゲがあります。

 

拡大するとこんな感じ。

 

さらに拡大すると、トゲだらけです。

知らずに触れると、チクッ!と刺激痛がします。

トゲに毒があるので痛みはしばらく続き、次第に発疹が出て腫れてきます。

 

この痛みを一度でも経験した方なら、半袖で川に入ろうなどと思わないでしょう。

でも、痛い目に遭ったことがない方には「アウトドアでは皮膚の露出は控えて・・」なんていっても通じにくいんですね。

 

スズメバチ、イラクサ、ウルシ、毒虫、アブにブユ・・

辛い思いをしたくなかったら、自分の身は自分で守ることです。

 

| 養沢のこと | 00:02 | - | - |
フライ

ー 珍しく売り切れに ー

 

今まで一度も売り切れになったことがない、こんなパターンが売り切れになりました。

セッジはカディスの英名、つまりカディスアダルトですね。

毎年売れ残っていたのに今年はもう完売です。

 

これも。

フェザントテール#14がこんなに早く売り切れるのは初めてです。

マラブーのオリーブは毎年売り切れるので数を増やしたのですが・・

 

今年もまた予想が外れました。

足りないと思って数を増やせば売れないし、売れ残ると思ったものは早めに売り切れになるし、まったく難しいです。

 

| 養沢のこと | 00:04 | - | - |
ニイニイゼミ

 

ー やっと見つけました ー

 

養沢でチーチーと賑やかなニイニイゼミは、鳴き声はすれど姿を見るのは至難の業です。

木とそっくりで完璧なカモフラージュ、大きな鳴き声のおかげで見つけることができました。

 

養沢のニイニイゼミは7月下旬まで、そろそろアブラゼミに取って代わります。

 

| 養沢のこと | 00:05 | - | - |
土砂降り!

ー 昨日の養沢 ー

 

養沢に向かう途中、前が見えないほどの土砂降りに遭遇しました。

これで水が増えてくれれば・・と思っていると、養沢が近づくにつれて空は明るくなり、晴れ間も見えてきました。

養沢は通り雨だったようです。

水が増えるほど降っていません。

 

事務所近くで写真を撮っていると、みるみる空が暗くなって、

 

上弁天に着く頃に土砂降りになりました。

 

傘を持っていなくて、事務所まで走って戻るとすでに全身ずぶ濡れ・・

髪を拭いている間に今度は空が明るくなって、雨はすっかり上がりました。

 

結局、降ったり止んだりで水はほとんど増えませんでしたが、この後のストマック採取は15分で完結、魚の活性だけは上がったようです。

ストマック情報は近日中にアップします。

 

| 養沢のこと | 10:58 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ