フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
まさかの水漏れ

ー ウェーダーが・・ ー

 

シームテープを修理してから穿きっぱなしだったウェーダーが、先日の釣りで水が漏れました。

 

 

右足が濡れると思ったら、シームテープが剥がれかかっています。

 

股上まで水に入ったとき、ジワ〜っと冷たくなったのはここですね。

古いシームテープを剥がさなかったのが失敗です。

 

ここも股上、古いシームテープが原因です。

 

さすがに寿命かな・・と思ったものの、見れば見るほど直せるんじゃないかという気がしてきてきました。

ほとんど穿いていない同じウェーダーを持っているのに、懲りずにもう一度修理することにします。

今度は古いシームテープを全部剥がしてからやり直します。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
復活させる

ー 自作の糸くず収納器 ー

 

不要になったティペットや切れ端を持ち替えるために、普段フルックスのゴミパッチンを使っています。

 

でも、ティペットの切れ端のように短いものなら入れやすくても、一般渓流でよく回収する餌釣り仕掛けやルアーの糸などの長いものは入れるだけでイライラします。

 

そこで、ゴミパッチンを導入する前に使っていた、手製の糸くず収納器を復活させることにしました。

髪の毛を巻くためのカーラーを使います。

正確にはアイコカーラーというらしく、巻き付けた髪が引っかかるように表面にマジックテープのような突起があります。

これは直径20ミリの細いタイプです。

 

ベストにぶら下げるためにフックを付けました。

 

セットするとこんな感じですね。

 

糸を巻き付けるだけで済むので簡単です。

よほど硬い糸でもない限り糸が解けることはありません。

 

糸を巻き付けるタイプの糸くず収納器も販売されているようですが、これは何より安く(8個入り700円前後)、軽いので持ち歩いても負担にならないのが良いですね。

釣り場で糸を回収する機会が多い方、いかがでしょうか。

大量に回収する場合は、もっと太いタイプが使い易いかもしれません。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
オモリのついでに

ー 少し遠くの量販店 ー

 

車で20分、養沢で販売するためのオモリを買ってきました。

利益がないのでたくさん販売することができません。

あくまで緊急用とお考えください。

8月中旬までに釣り場に持って行けると思います。

 

ついでに自分で使う0.6号(6X)ティペットも買ってきました。

いつもの格安を買うつもりが、品切れで少し高いものになりました。

2個で1480円、それでも高級ティペット1個分ですね。


最近イワナ釣りばかり行くので0.6号をやたら使います。

枝や岩でスレる、大きいフライで捩れる、ウインドノットなど、ダメージは後悔につながりますからね。

さあ、今週はどこに行きましょうか!

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
湿気取り

ー マテリアルのための湿気取り ー

 

マテリアルケース用の湿気取りを買ってきました。

 

ハックル箱に入れてある湿気取りは、湿気を吸ってジェル状になっています。これを入れ替えます。

 

ここには虫除けも入れてあります。

 

獣毛を入れてある密閉容器も入れ替えました。

 

マテリアルは、正しい管理方法がよく分からないまま、虫除けと除湿剤だけを適当に入れ替えて20年から30年も使っています。それでも特に問題が出ていないということは、あながち間違いではないということですね。

最近はほとんど使わなくなったものもあるので、そのうち整理しないといけません。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
もしものために

ー 緊急時に役立つもの ー

 

クリッパーと一緒にぶら下げているホイッスルは、万が一の時のためです。

熊鈴だけで不安なときは、釣りの途中に吹きます。

 

小さくても音は大きく、遠くまで響きます。

 

ベストを替えたときに忘れそうなので、ネット通販で追加購入しました。

 

いざ届いてみると、本体が大きい割に音が小さい・・

これなら叫んだ方がはるかに聞こえます。

・・ということで、もったいないけどこれは無駄な買い物でした。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
ベストの救急セット

ー 出番がないのは良いことですが ー

 

いつもベストのバックポケットに入れている救急セットは、擦り傷、切り傷、虫刺されを想定しています。

ポイズンリムーバー、毛抜き、絆創膏、虫刺され薬、綿棒、ティッシュを入れています。

 

この中で、一度も使っていない虫刺され薬・・

未開封ですが、

 

昨年の10月で使用期限が切れていました。

 

大判絆創膏もしばらく使っていないので、入れ替えた方が良さそうですね。

もったいないと思いつつ、出番がなかったのは何事もなかったからで、むしろ良かったと思うことにしましょう。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
熊鈴を買いました

ー 先日の釣りで紛失 ー

 

先日のイワナ釣りで紛失した熊鈴、ないと不安なのでさっそく買いました。

紛失したものより音が濁ってイマイチ・・

 

でも優れた点があります。

付属の袋に入れると、

 

底の磁石がくっついて音がしません。

これならバッグに入れても気になりませんね。

 

お昼前、熊鈴を紛失したことに気付いたとき、探しに戻ろうかと思いました。

でも歩いた距離を考えれば見つかる可能性は相当低いはず・・それなら釣りを楽しもうと思い直しました。

結局午後は別の熊鈴を付けて釣りましたが、やっぱり持っていることの安心感は大きいですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
右の背中が・・

ー 重かったグラスロッド ー

 

先日のイワナ釣りに持って行ったグラスロッド。

重いと思いながらも、せっかくきれいにしたのでこの竿で釣り始めました。

ところが、小さなスポットにキャストを連発するうち重さが肩にきて、お昼前には右の背中が痙りはじめました。

帰ってから測るとこの重さ、自作竹竿より重いです。

 

肩を回したり背中を伸ばしたりしながらお昼まで頑張って、予備ロッドに持ち替えました。

予備ロッドは同じ7'6"でも、ほぼ4割軽いです。

 

そういえば最近、一般河川でグラファイトをほとんど使っていません。

深く考えたことはなかったんですが、一般河川は養沢に比べると遊び気分が強いので、適当な自作竹竿やルーズなグラスを使いたくなるんだと思います。

でも、イワナ釣りはキャスト回数が多く、長時間なら軽いグラファイトが理にかなっています。

そうですね・・次回はグラファイトですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
無駄ではないけど

ー つい買ってしまったもの ー

 

フライを始めてしばらく経った頃、行きつけのショップに顔を出すたび、ずいぶん余計なモノを買っていました。

例えばこれ、FISHERMAN'S COMBI-SCALEは巻き尺と秤が組み合わされたものです。

ニジマスのイラストに釣られました。

 

巻き尺はインチとセンチ。

持っているときは測るほどの魚が釣れず、忘れた時に限って大物が・・

結局出番がないまま実家の物置に埋もれていました。

インチ尺が竹竿作りに使えるんじゃないかと持ってきましたが、全長1メートルでは役に立ちません。

 

さらに、秤も微妙です。

フックを引っ張ると目盛りが動きますが・・

 

1kg未満では、ほぼ動かず、かなり大雑把です。

4〜5kgのモンスタークラスならちょうど良いんですけど・・

 

その頃は、必要かどうかは別にして、雰囲気のある物を見つけるとつい買ってしまうので、なるべくショップに行かないようにしていました。

まあ、高いか安いかは別にして、夢代と思えば無駄ではなかったですけどね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
両手でも余る・・

ー バイス ー

 

チューブフライ用とか、現地調達フライ用とか、実家に眠っていた古いものとか・・

気付いたらこんなことになっていました。

バイス5台はさすがに多すぎます。

 

ブランド品は処分できるので、最後に残るのはこれでしょうね。

 

現地調達用はすっかり出番をなくし、チューブフライ用も最近出番がありません。

結局一番使っているのは、実家の物置から持ってきたものです。

良く出来た優等生よりも、中途半端で、手先で調整しないとうまく機能しないものの方が愛着が湧くから不思議です。

 

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ