フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
#8ってどれだ?

ー 分かりにくいライン番手 ー

 

先週手に入れたダブルハンドにラインを合わせます。

 

レタリングを拡大してみると#8LINEと書かれ、小さくGRAINS 570〜660と補足されています。

ダブルハンド#8をAFFTAの基準に当てはめると、オーバーヘッドが360gr(グレイン)、スペイショートヘッドが530gr、ミッドヘッドが570gr、ロングヘッドが710grとなっています。

ロッドにグレインが表記されている場合は、一般的に小さい数字がスペイショートヘッドやスカンジ系のシューティングヘッド、大きい方がミッドヘッドやロングヘッドを示しているはずですから、これだけを見ると♯8よりやや重めで、♯9より少し軽めと思えます。

一方でラインメーカーの指標でこのロッドは、オーバーヘッドがWF10(425gr)、ショートヘッドが520〜580gr、ミッドヘッドが590〜650gr、ロングヘッドが620〜690gr、AFFTA基準にはないスカンジが510〜540gr、スカジットが550〜575grとなっています。

こうなると、どういうラインを合わせれば良いか迷ってしまいますね。

 

とりあえず持っている#8ロッド用のラインを合わせてみます。

スカンジ510grと540gr、51ftショートヘッド580gr、70ftロングヘッド671gr、スカジット550grの5種類です。

 

多くの場合、ダブルハンドに表記されているライン番手は目安に過ぎず、振ってみて合うラインを探すしかありません。

使い手の技術も好みもあるし、片っ端から買うわけにもいかず、なかなか思うようにいかないのが実情です。

さらに最近はスイッチラインといって、シングルでもないダブルでもない、ちょうど中間くらいの重さのラインが登場したりして、何が何だか分からない状況になりつつあります。スイッチロッド自体が短いダブルハンドなのか、長いシングルハンドなのか曖昧ですから余計に分かりにくいですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
リングガイド

ー なかなか良い感じだった ー

 

10'0" #5ロッドに付けたワンフットのリングガイド。

実際にラインを乗せると、思ったより柔らかく感じ、濡れたラインがロッドに纏わり付くのが少ないと感じました。

 

一部の市販ロッドでもリングガイドを使用しているものがありますが、それなりにメリットはあるようですね。

同じ竿で比較するともっと分かりやすいと思うので、作りかけの竹竿で比較してみましょう。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
ロングキャストのために

ー ラインにマーキングをする ー

 

シングルハンド用のWF5Fラインのハンドリングポイントが分からなかったため、ラインにマーキングをします。

 

普通はラインの箱にヘッド長が書いてあるのですが、特価品で箱がないため測るしかありません。

この位置では左側の方が太いです。

 

ほぼ同じ太さはこの辺りでしょうか。

 

ここに小さくマークを入れます。

 

ここがリアテーパーとランニングラインの境目とすると、ラインの先端までちょうど11mでした。

この小さなマークがトップガイドから1メートル出た状態を最長にフォルスキャストをするとして、ロッド長の3メートルを足したところがハンドリングポイントです。

やや目立つマーキングをします。

ここを保持してキャストし、微調整します。

 

ついでにコンディショナーを塗っておきます。

 

ヘッドを出し過ぎるとラインが落ちてしまうので、ホールしたときトップガイドにリアテーパーが触れるくらいがちょうど良いんじゃないかと思います。

ロッドの長さを上手く生かしたいですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
試し振りの準備

ー ラインを巻き替える ー

 

先月組み立てた#5ロッドの試し振りのために、ラインを巻き替えます。

別のリールに巻いてあるラインを右の#5用リールに巻き替えます。

 

真ん中のリールから右のリールに、左のリールから真ん中に、巻き切れずに取ってあったスカンジラインを左のリールに巻きました。

たったこれだけでも、ラインを廊下に引き出してバッキングラインの調整をして、結局1時間以上かかりました。

 

普通に片手のオーバーヘッドだけならラインは1本で十分でも、スペイ系のキャストを組み合わせると急に複雑になります。

釣り方によってラインが変わり、合わせるロッドによっても変わるので、よほど自制心がないとラインに埋もれることになります。

まあ、自分は6〜7割マッチすれば上出来だと思っているので、まずは持っているラインだけで何とかすることですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
ロッドを入れ替える

ー 今更ダブルハンドを買う ー

 

オーバーヘッドとスカンジが振りやすそうなダブルハンドを見つけて、迷った挙げ句買ってしまいました。

キャスティングに行けないストレスが原因ですね。

グリップにビニールが被ったほぼ新品、保証書がなくても7割引なら納得です。

 

さっそくフェルールに蝋を塗って継いでみます。

フェルールに継いだ痕跡がなく、やはり未使用品です。

 

さすが最近のロッド、軽いです。

数年前の型落ちでも自分にとっては最新鋭のロッド、キャスティングが楽しそうです。

 

去年から今年にかけてロッドもリールもブランド品を処分し、必要なものは廉価品に入れ替えています。

表面的には釣行費用の捻出という理由ですが、廉価品の使いにくさをどうやって克服するかが楽しいからです。

ずっとフライフィッシングをしてきたおかげで、魚を釣るのにさほど困らず、たくさん釣れば楽しいわけでもない、誰かと競うつもりもないし、それなら自分なりにハードルを設けた方が楽しいんじゃないかと思うわけですね。

よく言えば癖、悪く言えば未完成なものを、自分の技術でどこまでカバーできるかという遊びです。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
防災用品

ー コンロあるのに・・ ー

 

「荷物が届いているわよ、何買ったの?」

「コンロ、ガスコンロ」

「コンロ? 釣りに使うのなら、あるでしょう?!」

「違う違う、最近災害が多いから防災用品、これならコンビニでガスが買えるから・・」

 

と、言い訳のコンロ。

 

カセットガスが使えます。

 

セットしてみました。

 

点火!

ゴーッ!と力強く燃焼。

 

「万が一自宅のガスが止まっても、これで温かいものが食べられるでしょう」

「でも、使わないときは釣りに借りるね・・」

 

 

※今週2度目の日帰り手術をして、ようやく片方の詰め物が取れました。

1週間、口呼吸でほとんど眠れず、辛かったです。

これで少し楽になることを願いますが、全線開通は来週になります。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
結局買う

ー 樹脂製のカトラリー ー

 

鼻のガーゼのせいで出歩けず、ついパソコンを覗くことになって、結局買ってしまいました。

 

竹の樹脂製に惹かれて注文したスプーンとフォーク。

 

想像していたより小ぶりで、シチューやカレーにはちょっと小さいかもしれません。

まあ、使ってから考えましょう。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
クリッパーを研ぐ

ー 金属製クリッパー ー

 

一時品切れで入手できなかったティムコさんの金属クリッパー。

やっぱりこれが一番使いやすくて、大事に使っています。

 

刃をルーペで確認します。

これはかみ合わせが十分です。

 

これもOK。

 

これも大丈夫です。

 

これは少し隙間があって、切れ味は良くないです。

 

砥石で研いで、

 

復活しました。

 

刃物は研ぐことで新品の切れ味に戻ります。

手入れ好きにとっては、とても楽しいアイテムですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
今になって迷う

ー ケトルかパーコレーターか ー

 

クッカー第二弾は、トランギアの0.9リットルケトルを買うつもりでした。

これの一回り大きなタイプですね。

ネットショップのカートに入れたものの、迷い始めています。

 

この春処分してしまったパーコレーターを少し後悔しているからです。

釣場では、やっぱりあのポコポコ・・が似合います。

 

このパーコレーターを使っていたときは、出がけに豆をひいて密閉容器で持っていきました。

今それができるかな・・と考えると、パーコレーターは躊躇するんですね。

でも、ドリップパックでコーヒーを淹れる度、きっとパーコレーターがあったらな・・と思うはず、どっちにするか迷います。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
クッカー第一弾

ー 小さめのクッカー ー

 

来シーズンのために、小さめのクッカーとカトラリーを買いました。

 

展開するとこんな感じ。

ラーメンを作るほどの大きさはないですが、お皿代わりにちょうど良いです。

素材はどちらもチタン、軽くて金属臭くないのが良いです。

 

でもここで気付きました。

そういえば金属のフォークやスプーンは金属食器と擦れる音が・・

そうなんですね、次はプラスティックにしようと思っていたのをすっかり忘れていましたね。

まあ、しばらく使ってまた考えることにしましょう。

 

※今週、鼻の日帰り手術をして今両鼻にガーゼが詰まっています。

口でぱくぱく呼吸して、まるで酸欠の鯉みたいです。

月末まで動きが制限されるため、モノの話題が続きます。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ