フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
15年前

ー 同じポイントの写真 ー

 

今年3月27日に行った川。

(3月30日ブログに掲載)

 

15年前の2003年3月に、ほぼ同じアングルから撮っていました。

このときはテトラの前で何匹ものイワナのライズがありました。

 

過去の釣り写真を見ると、同じポイントで同じアングルから撮られている写真が結構あります。

良く行く川はだいたい決まっているので、過去に釣れたポイントは良いイメージがあるからですね。

ちなみに、今年はライズが皆無でした。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
良い状況のはずが・・

ー 多い水と低水温 ー

 

先々週行った一般河川が、もっと良い状況になっているんじゃないかと思って行ってみました。

 

まずは下流部の様子を見ると前回より水が多め、こっちも日曜日に雨が降ったようです。

 

水温は前回より1℃ほど下がっています。

目立つハッチはなし、ライズもなし。

 

釣れそうもないので上流へ。

前回行かなかったポイントに行ってみました。

 

雰囲気は良さそうなんですが、水温は8.6℃、これは厳しいです。

しばらく釣り上がって反応なし、もちろんライズもなし。

 

次は前回イワナを釣った支流。

 

水温は何と9.7℃、前回より4℃も低いです。

ここでも魚の反応はなし。

 

諦めて別の川へ。

久しぶりに降りた川は、水温10.1℃、ここなら可能性がありそうです。

 

ライズがあるならこんな場所・・

しばらく待ってみましたがライズは皆無、ハッチもほとんどなし。

この上流で10センチほどの魚がフライを追ってきて反転、初の気配はイワナのようでした。

 

結局それっきりだったので、またまた移動。

可能性が低いと分かっていたのですが、上流の様子を見に行ってみると、

 

この日最低の7.4℃、予想以上に低いです。

当然魚の気配はなし。

 

最後に水温だけ測った下流で釣ってみると、

同行者も気配なしでした。

 

川岸には山吹が咲いて渓流釣りには良いシーズンのはずなのに、結局魚影を見たのはたった一度、それもチビ、ライズは皆無で厳しい1日でした。

水が多めで水温が下がったせいなのか、それとも魚自体が少ないのか、原因は何でしょうね。

反応がなかった理由を知るために、来月もう一度行ってみるつもりです。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
巻かなくても良かった

ー フライが多すぎる ー

 

芦ノ湖に行く前夜、シリナガマダラのハッチに合わせてフライを巻きました。

#12のパラシュート4本です。

 

巻き終わってから、湖用のパラシュートはボックスに分けてあったことを思い出しました。

抽斗のフライボックスをひとつずつ確認すると・・

 

ありました、これです!

巻かなくても良いものを巻いてしまいました。

 

フライボックスが多過ぎて、どんなフライを持っているか分からなくなっています。

さすがに整理しないといけませんね。

芦ノ湖のシリナガマダラは、もう一度チャレンジするつもりです。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
山の上は嵐だった

ー 今年初の芦ノ湖 ー

 

朝になって荷物をまとめ、9時に自宅を出発、中央道から東富士五湖道路を降りる頃にはすっかり晴れてきました。

これなら湖岸を歩いてポイント探しも良さそう・・と思いながら乙女道路を上っていくと、だんだん霧が濃くなって芦ノ湖に着いたときは横殴りの雨になっていました。

 

湖岸を見に行くと傘がさせないほどの強風、湖面は白波が立っています。

 

さすがにこの状況でウェーディングは無理、風裏になっていそうな箱根湾に行ってみると・・

予想通り箱根湾は波が低め、ここだけ見れば釣りになりそうですが、三ツ石から先はひどく波立っているのがわかります。

 

釣り人の姿は見えず、ボートも見えず。

諦めて帰途につきました。

小田原に降りるとすっかり晴れていて、どうやら嵐だったのは山の上だけだったようですね。

 

久しぶりの空振り!でした。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
お土産・・

ー 今回は大漁です ー

 

釣り場で拾ってきた釣り糸。

駐車スペースや川原に落ちていたものだけでこの量!

 

ミャク釣りの目印がついた仕掛け、ルアーと思われる数メートルの糸、天井糸らしき太い糸もあって、目に付いただけでも5〜6回は拾いました。

釣り糸は、気付いたらなるべく拾ってくるようにしていますが、ルアーの糸だけでなく、たまにはルアー本体も落としていただけると回収しがいがあるんですけどね。

(釣り糸と言えば、以前こんなこともありましたね)

 

最近、一般渓流ではなるべくティペットを太くして、枝に掛かったフライを回収するようにしています。この日も何度か枝に掛けましたが、ロッドティップで突いてすべて回収しました。

自作竹竿ならラフな扱いも何のその!です。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
やっと釣れた

ー 一般河川2回目 ー

 

先週は、まったく魚の気配を感じないまま終わってしまったので、今週は別の川に行ってきました。

 

水温は11.6℃、良い感じです。

 

満開の桜に囲まれて2時間弱頑張りましたが・・

ハッチはなし、ライズは皆無、魚の気配もなし。

雰囲気は良かったんですけどね・・

 

上流に移動。

同行者と左右に分かれて釣り上がります。

 

トビイロカゲロウとナミヒラタのスピナーフォール、オオクママダラとコカゲロウがハッチして、まさに虫だらけ。

でも魚の気配はありません。

 

ここは1時間半でギブアップ。

途中で昼食を済ませて、上流の支流に行ってみました。

すると・・

こっちは13.6℃、支流の方が水温が高いです。

 

でも川原はこの踏み跡・・

いったい何人の釣り人が入っているんでしょう。

 

それでも、しばらくしてやっと魚の気配がありました。

野性味溢れるイワナは今年初です。

 

その後12〜3センチほどのかわいいアマゴをフッキングして、カメラを出しているうちに外れ、さらに同型のイワナは手前に寄せる途中でバラシてしまいました。

 

帰る途中に、午前中に入ったポイントに再び行ってみると、相変わらず虫はいなくてライズもなし。

1度だけフライに出ましたが、フッキングせずに終了しました。

 

思った以上に魚が少なかったのは、釣り人が多いからでしょうか。

絶望的と思えるほどの踏み跡に唖然としましたが、他の釣り人が見過ごすようなポイントでしか魚の反応はありませんでした。

さて次回はどこにしましょうか・・

その前に養沢の桜を撮りに行かなくちゃいけませんね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
水温計・・

ー 見つかった不思議 ー

 

最初の本流で水温を測って車に戻り、水温計を仕舞おうとするとカバーがありません。

慌てて戻っても見つからなくて、仕方なくそのまま仕舞いました。

 

次の支流でも、

 

さらに次の支流でも、カバーはないままでした。

車の荷物をひっくり返しても見つからず、適当なものを代用するしかないと諦めました。

 

そして最後に、ロッドを片付けウェーダーを脱いで、忘れ物がないか車の周囲を見渡すと・・

枯れ草に紛れて透明チューブが目に入りました。

拾い上げてみると水温計のカバーっぽい・・

 

でも、自分のより短かそうだし、踏まれた跡もあるし、誰かが落としたんだろうと思いながら水温計に差してみると・・

ピッタリ嵌まりました。

 

何故ここに落ちていたんでしょう?

誰かが同じものを落とした確率は限りなく低いので、きっとウェーダーかベストのどこかに引っかかっていたんでしょう。

それにしてもこんなに小さくて透明なケースを良く見つけましたね!

 

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
ハッチなしライズなし

ー 年券を買った川 ー

 

年券を使いに行ってきました。

 

最初は本流。

水温を測ってみると11.2℃もあります!

予想外どころか、例年なら4月末から5月上旬の水温です。

(水温計故障しているかも・・後日検証します)

これならメイフライのハッチがありそう。

 

支度をして降りてみると・・

 

しばらく待ってもハッチは皆無、ライズも始まらず。

 

別のポイントもだめ。

 

我慢できずに支流に移動すると、こっちはまだ残雪が・・

それでも水温は10.2℃、クロカワゲラらしき散発ハッチにライズはなし、魚の気配もなし。

 

再び移動、この支流は水温10.7℃、小さなプールを狙うも・・

やっぱり魚の気配はなし。

 

良い水温なのになぜハッチがなかったんでしょう?・・

でも、修理したロッドのテストだと思えば、楽しい楽しい1日でした。

復活したSobayaSP.はやっぱり良い!

 

30年程前、ちょうどこの時季にコカゲロウのスーパーハッチに遭遇して、イワナを爆釣したことがあります。

もしや・・なんて色気を出したわけですが、ハッチは皆無で、自分以外に釣り人が一人もいなかったことがコンディションを物語っていました。

次回は4月中旬あたり、変化を期待しましょう!

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
年券マニア

ー やっぱり買いました ー

 

貯めたnanacoポイントで3日釣りが出来るはずだった千曲川は、支流を探索したくなって結局年券を買いました。

年券は8400円、5回行けば100円得をする計算です。

 

裏にゴムが付いていて腕に通せるようになっています。

ナイスアイデア!

 

でも、自分は背中のDリングにぶら下げます。

これで年券は4箇所、45500円になりました。

昨年の5箇所58600円を考えれば、まだ余裕があります。

 

年券は金額で元が取れることはなくても、いつでも釣りができるという気持ちの余裕で十分元が取れています。

地図を見て川探しをしていると時間を忘れるほど楽しいですからね。

同封された地図を見て、3月中に一度行ってみたくなりました。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
ジェニー・スー

ー やっと巻いた ー

 

養沢オープンが一段落して、やり残していことを片付けました。

 

キングフィッシャーを使ったフライです。

#6に巻いたジェニー・スー。

 

#6と#8を1本ずつ巻きました。

ローウォーターのサクラマス釣りに使うつもりです。

 

サクラマスだけはバーブ付きフックを使っています。

まだ一度もキャッチしたことがないので、どんなやりとりになるか想像できないことと、周囲に人がいることはまずないからです。

とは言え、自分を釣ってしまうリスクはあるわけですから、フライのピアスをしないためにもキャスティング練習と細心の注意は必要ですね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ