フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
旧ストマックブログ2008年11月14日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年11月14日「ブログ終了します」 ー

●覗いてくださって、ありがとうございました。

ストマック情報は養沢毛鉤専用釣場のホームページに合体することになりました。
2003年〜2007年のストマックデータを整理するため、ブログは終了します。

11月下旬から12月上旬にかけて新しいホームページをお披露目できると思いますので、またのぞきに来てください。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 00:28 | - | - |
旧ストマックブログ2008年10月28日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年10月28日(火)番外編「釣り場の水質を計る」 ー

●釣った魚の写真とともに水質を記録する。

水温計とPHメーター
上がPHメーター、下がデジタル水温計

COD(低濃度用)パックテスト
試薬入りのチューブに水を入れ、時間の経過による色変化を下の標準色と照らし合わせる。

川の水質の指標はBOD(生物化学的酸素要求量)だが、釣り人が片手間にできるような検査ではない。
その点COD(科学的酸素要求量)は、写真のパックテストと水温計、時計があれば手軽にできる。

PHと卵の孵化率、CODとハッチは関連するから、自分が通っている釣り場の数値を知っているとフライフィッシングがより深いものになる。
ちなみに、養沢のPH値は年間を通して7.5〜7.6前後の弱アルカリ。CODはほぼ0〜3のきれいな状態だ。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 08:20 | - | - |
旧ストマックブログ2008年10月16日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年10月16日(木)番外編「フライラインをつなぐ」 ー

●DTラインを切ってつなぐ

ネットショップで手に入れたフライラインは、リーズナブルな入門用ではなく、7千円〜8千円のラインをしのぐ性能だ。

養沢で使うなら長さは半分で十分だから、シューティングラインとつないでWFにする。切ってつなぐのに必要なツールはこんなもの。
ラインのコーティングを剥がすアセトン、縫い針、エポキシ接着剤、プライヤー。
縫い針は糸を通す穴が細長くて大きいモノが使いやすい。

ラインを一旦スプールからすべて引き出して両端を揃え、二つ折りにする。
(これは両端にループがついていた)

あとの作業をしやすくするために二つ折りの状態にして、巻いてあったスプールに先端から2本重ねた状態で巻いていく。

巻き終わりはこんな感じ。

ここで巻き終わりの端を切るとラインはほぼ半分になる。

ランニングラインになるシューティングライン(フローティングレベルライン)をつなぐための準備をする。
(半分にカットしたシューティングラインをリールに巻いてある)

シューティングラインの先端2〜3cmほどをアセトンに浸ける。

数秒浸けたら取り出し、浸けた部分を爪でしごくとラインのコーティングが剥がれる。

コーティングが剥がれたら、縫い針やニードルを使ってブレイデットの芯を先端から少しずつほぐす。(少しずつやらないとうまくいかない)

最初に半分に切ったDT3のフライライン(切り口が2つあるはず)の片方に縫い針を1.2〜1.5cmほど通す。(#3ラインならこれで十分)

ほぐしたシューティングラインの先端を二つに分ける(片方を太めに)。
細い方はカットする。

太いほうをラインに通した針の穴に通す。
通りにくかったら、先端1mmほどを瞬間接着剤で平たく固め、張りに通ったら固めた部分をカットする。

針に通した芯にエポキシ接着剤をたっぷりつける。

芯が抜けないように注意しながら、ラインに通した縫い針をペンチで引き抜く。
針を回すようにしながら引き、シューティングラインのコーティング部分までが#3ラインの中に入るようにすると段差が少なくなる。

引き抜くとこんな感じになる。
コーティング部分までラインの中に入っているので段差が少なくて済んだ。
これで接着剤が固まるまで1晩置いてからはみ出した部分をカットする。

このやり方で好きなヘッドの長さのWFラインができる。
もちろん半分残ったDTラインは友人に譲っても良いし、予備のスプールに巻いておけば沈みやすくなったラインを1日使わなくても済むのだ。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 07:01 | - | - |
旧ストマックブログ2008年10月15日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年10月15日(水)番外編「釣り場で気を付けたい植物」 ー

●養沢は人の手で管理された釣り場だけど、こんな植物は注意したほうがいい。

ウルシ科のヌルデ。
これは川の斜面にも時々ある。

軸のところに小さな翼状の葉が着いているのが特徴。
ウルシほど毒性が強くないので案外平気な人もいるみたいだけど、かぶれやすい人は近寄らない方がいい。

次は山ウルシ。子どものころにこいつにかぶれて何日も寝込んだ苦い経験があるので、似た木はすべてウルシに見えてしまう。

養沢に多いクルミとも似ているが、ウルシは葉がついている軸が赤く、今の時季は葉の下に房状の小さな実をたくさん付けている。

自然が多いということは、人間に都合が良いことばかりとは限らないから、多少の知識は必要だ。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 03:55 | - | - |
旧ストマックブログ2008年10月8日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年10月8日(水)「長靴を脱ぐと見える風景もある」 ー

●怒田畑(ぬたばた)のバス停は、阪東橋のところにある。

ポイントの深さから石の位置まですべて覚えるほど養沢に通っても、こういう風景は知らない人が多い。
写真をモノトーンにしてみたら、何だか懐かしい風景になった。

たまには長靴を脱いで、道路から川を眺めてみるのもいい。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 02:51 | - | - |
旧ストマックブログ2008年10月2日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年10月2日(木)「街中のヒゲナガ」 ー

●JR拝島駅でのできごと

ホームの自販機にいた蛾みたいな虫。
よく見るとヒゲナガではないか・・

どうせ蛾としか思われないけど、フライフィッシャーなら少しはドキドキしてくれるかもしれない。

拝島駅の北側を流れている玉川上水は、多摩川から取水されているから、ここにヒゲナガがいてもちっとも不思議じゃないけれど、ウェーダーを穿いていないと違う虫に見えるのはなぜだろう。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 00:46 | - | - |
旧ストマックブログ2008年9月28日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年9月28日(月)番外編「シーズンオフに読みたい1冊」 ー

●大人になっても忘れたくないことがある。

「宇奈月小学校フライ教室日記」 ー先生、釣りに行きませんかー

富山県黒部川最上流の小学校で、とある教師がフライフィッシングの教室を開いた。身近な自然が、とたんにまぶしく輝き始めた。

いま注目の「環境教育」、時代に先駆けた9年間のリアルなドキュメント。さあ、子どもと一緒に外へ出よう!   

本村雅宏著

ーフライマンになりたいー
フライフィッシングへのあこがれは募る。フライフィッシングという自然へのアプローチを手に入れた子どもたちは、指向を巡らせ、工夫を重ね、魚に挑戦し、手に入れることで、自分の方法の正しさを知りたいと願う。当然の成り行きである。

ーフィールドノートを作ろうー
フィールドそのものを記録する。どこで見たのか、どこがどうなっているのかはとても大切な情報。こういうのをフィールドマップと呼んでいる。・・
生き物はスケッチが大切。デジカメで撮影したモノを見ながらスケッチするのもいい。特徴を捕まえてみよう。・・


ー川がぼくらの先生だったー
せんせ。ほら。おさかな。つるよ。


| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 06:38 | - | - |
旧ストマックブログ2008年9月26日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年9月26日(金)「ドヒトミのフライフック」 ー

●ドヒトミ(土肥富)は、知る人ぞ知る「安価で優れもののフライフック」
1袋100本入りで630円は、コマーシャルにお金をかけているメーカーの3分の1だ。

ドライフライ用なら次の3モデル。
上からd04、d24BL、d23、すべてバーブレス。

ブランドを頼りにモノを選ぶ人にはウケないが、少数派ブランドにこそ面白いモノがあったりする。

他人の評価よりも自分の評価、少し勇気があれば世界は広がる。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 04:33 | - | - |
旧ストマックブログ2008年9月19日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年9月19日(月)番外編「弾丸釣行」 ー

朝3時に自宅を出て・・

東北道をひた走り
11時に到着したのはこんな川。

見るからに釣れそうなポイントでは、スレッカラシヤマメがUターン。

やむな別の川に移動

ここでもヤマメがUターン。
秋の東北は手強かった。

結局1匹も釣れなかったけど、秋空の下、色付き始めた稲穂を眺めていると来て良かったとしみじみ思えてくる。

今年は全然釣りに行けなかった・・と思っていたけど、
釣りに行けなかったのではなく、きっと行こうとしなかったのだ。
ちょっと寝る時間を減らせば、こうして600km先のパラダイスだって目の前に現れる。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 03:27 | - | - |
旧ストマックブログ2008年9月14日
 2008年シーズンまで、釣り場のWEBサイトの隅っこにリンクされていた「ストマックブログ」を移動しました。釣りのヒントになれば幸いです。

 ー 2008年9月14日(日)番外編「どこでも練習ロッド」 ー

●キャスティング練習用にこんなロッドはいかが

・先端が折れた4ピースロッドを利用したトレーニングマシーン。
いかにもロッドをふっているように先端にタオルを巻き付けてオモリにした。

・手に持つとこんな感じ。仕事の合間でも、お風呂の中でも、リストの使い方やホールのタイミング、今流行りのアンダーハンドのトレーニングだってできる。

さらにこんな仕掛けもある。

タオルを取るとガイドがつけてあるから、実際にラインを通してキャスティングもできるのだ。

| 2006年〜2008年 旧ストマックブログ | 02:21 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ