フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
秋田だより2016 その24
ー どこにも寄らず ー

横手に戻ったのが3時近くなってしまい、寄りたかった川は諦めて、そのまま山形経由で帰ってきました。
自宅に着いたのは22時前、この日の走行距離は700キロ程でした。

川は、水がおさまる今日あたりがベストなんだと思います。
毎回思うようにいきませんが、釣りは保証がないほど面白いですからね。
| 秋田だより | 00:30 | - | - |
秋田だより2016 その24
ー 突然の電話 ー

釣り具を仕舞い、出発して、松の木トンネルを超えたあたりで携帯が鳴りました。
さっきまでいた横手からです。
車を止めて電話に出ると、カメラが入ったバッグが忘れてある・・
えっ!
と慌てて車の中を確認すると、ありません。
送ってもらうのも申し訳ないので、取りに戻ります。

途中の絶景で慰められましたが、大幅なタイムロスです。
| 秋田だより | 15:09 | - | - |
秋田だより2016 その23
ー 十分一沢川 ー

雨のおかげで十分な水量があって、いかにも釣れそう。


ちょっとだけ釣ってみると、いきなりグッドサイズがフライめがけて浮いてきました。
しつこく攻めると、何度か反応したものの、フライをくわえることはありませんでした。
ポイントを変えると、今度はバシッ!とフライに出たのに、ゴンッという感触だけ味わいました。
これ以上道草できないので先を急ぎます。
| 秋田だより | 14:03 | - | - |
秋田だより2016 その22
ー いつもの道の駅 ー

道の駅おがちに寄ってお土産を調達、これこら子吉川を見に行きます。

| 秋田だより | 12:30 | - | - |
秋田だより2016 その21
ー 快晴 ー

こっちに来て初めて晴れました。


夕方から降り始めた雨は深夜まで降っていたようです。


今日は、お土産を買って午前中に出発、途中で釣りをして帰る予定です。
| 秋田だより | 07:22 | - | - |
秋田だより2016 その20

ー 思ったより遠かった ー

 

川から上がると5時近くなっていました。

ベストやウェーダーを車に放り込んで、急いで帰ります。

川から上がった途端、ポツポツ降ってきました。

 

横手までの距離は大凡150km、ちょっとした遠征になってしまいました。

でも、自宅から700kmも離れている川です。横手をベースにしなかったらとても来られなかったですね。

 

イメージ通りの釣りにはなりませんでしたが、楽しい夏休みの1日でした。

明日は午前中に東京に向けて出発、途中で川を見ながら帰ります。

 

| 秋田だより | 21:29 | - | - |
秋田だより2016 その19

ー 水温高め ー

 

念のため水温を測ってみると17.5℃もあります。

川岸の様子から、ダムの放水が止まっていて水が減った状態であることもわかりました。

 

20センチ近い魚がウヨウヨ見えるのにフライへの反応は今ひとつ、

おかしい・・

水中の石の周りをキラキラ光りながら・・

よく見ると、アユでした。

てっきり放流されたのかと思ったら、考えてみればここは河口からすぐの流れ、天然遡上がいてもおかしくありません。

な〜んだ。

急に力が抜けて、適当にフライをキャストすると、水中でギラッと魚影、すぐにフライが消し込まれました。

半信半疑でフッキングすると、ズンッ!と魚の重さが。

やりました、イワナです!

20センチほどの痩せた魚体でも、ここは漁協がないので放流魚ではありません。

 

1匹釣れると様子が分かって、このサイズのヤマメが入れ食い。

15センチほどでも天然の美形、釣れないより嬉しいです。

 

熊の気配はなくても、時々は音だけピストルを撃って、熊鈴をガラガラ鳴らして釣り上がりました。

 

こんな雰囲気がある木も。

 

15センチほどのヤマメにそろそろ飽きてきた頃、ピックアップ直前にフライが消し込まれました。

適当に合わせるとかなりの引き、この川では初めてのサイズです。

慎重に寄せると、やや痩せてはいるものの22〜3センチはありそうなイワナです。

岸際で写真を撮ろうと準備して・・

 

【イワナの写真のつもり】

 

撮る前に逃げられました!

ピンボケでも撮りたかった。

 

時間はすでに4時半、そろそろ上がる時間になって、最後のキャストで釣れたのがこれ。

 

やっぱり15センチほどのヤマメでした。

 

| 秋田だより | 20:54 | - | - |
秋田だより2016 その18

ー 次の川 ー

時間は午後1時半、次は思いきって八幡平まで行けないかナビに設定してみると、到着予定は19時!
とても行ける距離ではないようです。
近くで下調べをしておいた川に向かいます。
走り始めるとまもなく雨が上がって、空が明るくなってきました。



1時間かからずに到着したのはこんな川です。

思ったより水が少ないのは、上流のダムで調整されているからでしょうか。

クラッカーを鳴らし、音だけピストルを持って降りました。


釣り始めるとすぐに足下から魚が走って、これはいけるかも!
 

| 秋田だより | 19:49 | - | - |
秋田だより2016 その17

ー 降りてみると ー

降りられそうだった場所は、途中で行けなくなって断念。
レインジャケットにウェーダーは身軽でないので無理をせず別の場所から降りました。

 

降りてみると思ったより暗く、いかにも熊が出そう。
音だけピストルを数発撃って、レインジャケットにつけた二つの熊鈴をジャラジャラ鳴らしながら釣り始めました。

 

流れも良い、水も良い、雰囲気は満点なのに、ここぞというポイントは無反応、よく見ると踏み跡がたくさんあって、釣り人がたくさん入っているようです。

 

しばらく釣りあがって、やっと釣れたのはこんなチビでした。


つい夢中になって、入渓点から大分釣りあがってしまいました。
音だけピストルを撃って、慌てて戻ります。

一人の釣りは無理をしないことです。

 

| 秋田だより | 18:08 | - | - |
秋田だより2016 その16

ー 海沿いから ー

圏内に戻ったのでまとめて書きます。
海沿いから、渓流に入ります。


途中で川が覗けそうな場所から見ると水はいい感じ、さらに上流を目指します。


ストリートビューで見つけておいた降り口に車を止めました。



準備をしていると、地元民らしき軽トラックに声をかけられました。
釣りか?
そうです。魚いますかね・・
ヤマメもイワナもいるけど、熊もいるから気いつけてな。
看板なかったけど熊出るんですか?
そりゃいるさ。出るのが珍しくねえから看板はにゃあ。
一人なば、深く行がねぇ方がいいべな。

多少躊躇しましたが、クラッカーを鳴らし、熊撃退スプレーを持って、見える範囲だけ釣ることにします。

クラッカーを2連発!

 

| 秋田だより | 16:50 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ