フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
やっぱりキャスティング

ー 楽しくて楽しくて・・ ー

 

結局、今週もキャスティングに行ってしまいました。

 

楽しくて楽しくて、つい足が向いてしまいます。

でも、残念ながら1時間半しかなくてロッドは1種類だけ、シンクティップを振るため、いつもより下流に向かいました。

この下流で対岸に渡り、さらに下流まで歩きます。

 

いつもと違う右岸側。

ここは太ももくらいまで水深があって、タイプ靴覆薜っかからずに済みます。

 

ロッドは13ft#8のECHO Classic、初心者でも曲げやすく、タイミングが取りやすいアクションという触れ込みです。

まずはエアフロ・スカンジロングの組み合わせ、42.5ftヘッドで540グレインの重さです。

膝までウェーディングして、向かい風の中30ヤード。

これぐらいが快適な距離ですね。

 

ティップを15ftのタイプ靴縫船Д鵐検

 

ラインホルダーは流れの中でも有効です。

 

沈んだティップをロールキャストで持ち上げ、タッチアンドゴーでキャスト。

シンクティップの方が風に戻されずに伸びますね。

 

続いて同じロッドにエアフロ・スカンジコンパクト、36ftヘッドで510グレインの重さです。

こっちの方が小さいモーションでキャストしやすいです。

 

こっちもシンクティップにチェンジ、問題なく振れました。

 

もうちょっと振りたかったんですがタイムアウト、急いで流れを渡って、

何とか時間内に到着しました。

短時間でも楽しかった!

 

シングルハンドだけなら、こんなにしょっちゅうキャスティングをしようとは思わないのですが、ダブルハンドでのスペイキャストは桁違いに難しく、うまくいったときの達成感と満足感が何とも言えません。

キャスティングは魚という相手がいないので、努力した分だけ成功に近づくのも良いですね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
キャスティング場でテスト

ー 上手く使えるか・・ ー

 

一昨日紹介したモノをテストするため、キャスティング場に行ってきました。

 

晴天でぽかぽか陽気でも左下流からの強めの風、ラインを伸ばすのは苦労しそうです。

 

13'6"#9ロッドにスカンジラインを組み合わせ、ウェーディングベルトにセットしました。

 

上から見るとこんな感じです。

 

足首まで水に入ってラインを35ヤード引き出すと、3〜4回手繰ったらホルダーに挟みを繰り返し、こんな感じにホールドしました。

ランニングラインは約20ヤード、いつもなら苦労する長さです。

 

このままシュートすると・・

あっけなくラインが出ました。

 

もうちょっとで35ヤードでした。

 

ほぼ引っかからずスムースに出て、あまりのあっけなさに唖然・・

何度やってもうまく行くので、試しに手に持ってやってみると、

やっぱり絡みました。

 

興味深そうに見ていた同行者にやってもらうと・・

3〜4回手繰ってはホルダーに挟み、

 

この状態でキャストします。

 

シュートした途端、思わず笑ってしまいました。

何これ!?

 

いやいや、これはもう笑うしかないです。

・・と、来週はきっと同行者も持ってくることになるでしょう。

 

手繰ったラインはラインバスケットに入れるのが定番でしたが、これなら頻繁に移動する釣りでも使えます。

考えた人、すごいです。

まいりました!

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
14' #9/10

ー 14フィートロッドを振ってみる ー

 

久しぶりに14フィート#9/10ロッドを持ってキャスティングに行ってきました。

 

川に着くと相変わらずの下流からの風、シングル#5を置いてきたのは正解です。

 

CND BSpey14' #9/10に、昨年買った600グレインのスカンジラインを合わせます。

 

ロッドが長いと44フィートのヘッドが短く感じます。

風が弱まった瞬間に35ヤード、ロッドが長いと楽ですね。これならサクラマスに使えそうです。

 

続いて75フィートヘッドのロングベリーライン、以前よく振っていた組み合わせです。

 

久々のロングベリーは思うように行かず、頑張って35ヤード、向かい風も手伝ってフルラインまで10ヤードも残りました。

短いスカンジラインとは、タイミングもロッドの曲げ方も全然違います。

これは当分振るようですね。

 

最後は13'6"ロッドにスカンジライン。

ECHO Dec Hogan はどちらかというとスカジット向き、でも気にしないでスカンジラインを組み合わせます。

 

ランニングラインが20ヤードということは、ほぼ35ヤードですね。

これが力まずに出せる距離、スカンジラインは距離よりもキャストのしやすさでしょうか。

 

1時間半しか時間がなくて、後ろ髪引かれながら終了。

 

14フィートでのロングベリーは、フルライン近くまで出せていたのにすっかり鈍っていました。

どんなロッドでもラインでも、飛ばないのは自分の腕の問題ですから、次回は15フィートロッドを振って少しでも感覚を取り戻したいです。

養沢オープンまで2週間ちょっと、キャスティングの時間も残り少なくなってきました。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
半月ぶりのキャスティング

ー シングル#5 ー

 

久しぶりにキャスティングに行ってきました。

 

薄曇り、前日に比べると風が冷たいです。

引っかかっていた凧はなくなっていました。

 

前回と同じ場所にかごを置いてラインバスケット代わりにします。

 

最初は9ftロッドにDT-5F。

水面にさざ波が立つくらいの向かい風で、キャストしたラインが戻ってきます。

 

全長27.5ヤードのうち1ヤード半ほど残りました。

 

シュートの距離が長いとラインが戻されてしまうので、できるだけ長いラインをフォスルキャストしてみると、ここまで出ました。

ほぼ27ヤード、フルラインまであと少しです。

 

ピックアップして1度だけフォルスキャストを入れてシュート!

 

やっとフルラインが出ました。

前回より向かい風が強いのにフルラインが出せたということは、明らかに上達しています。この歳になっても練習さえすれば上手くなるんですね。

 

続いて#6スイッチロッドにOH&Dシングルライン。

スイッチロッドの#6というと、指定ラインがダブルハンドの#6に近いものが多いですが、これはシングルハンド#6に近い指定です。

最近の中で、最も買って良かったと思うロッドです。

 

オーバーヘッドでは28.3ヤードが問題なく出ましたが、

 

両手スペイは向かい風に四苦八苦、でも、いろいろやっているうちに距離が伸びる方法を見つけました。

シュートの最後に、右手を支点にして左手(グリップエンド)を持ち上げるとラインが伸びました。写真ではカメラを持つため左手を離していますが、こんな感じです。

 

最後にもう一度DT-5。

普通のDT-5でもシングルハンドスペイができます。

 

1時間半ほどでしたが、楽しかったです。

もう少しでシーズンが始まってしまうので、それまで目一杯楽しむつもりです。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
時代は変わりました

ー 川原の凧 ー

 

キャスティングに向かう途中、たこ糸が行く手を塞ぐように張られていて、辿ると凧が引っかかっていました。

子どもでも十分手が届く場所なのに、どうして回収しないのでしょう。

以前も同じように落ちていた凧を拾って公園の管理事務所に届けた事がありますが、取るのが面倒で捨てて行ったとしたらショックですね。

 

自分が子どもの頃は、凧は一冬に一つしか買ってもらえない貴重な遊び道具でしたから、手が届かないところに掛かってしまうと木に登ったり棒で突いたりして必死に回収しました。それでも取れなくて大人に頼んだこともあります。

時代は変わったんですね・・

さすがに今回は管理事務所に届けることは止めました。

休日に元気な子どもがやってきて「凧が落ちてる、ラッキー!」なんて遊んでくれることを願って。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
再チャレンジ

ー できない自分と向き合う ー

 

先週シングル#5が思うようにキャストできなかったので、養沢に写真を撮りに行った帰りキャスティング場に寄ってみました。

 

ロッドはシングル#8と#5、ラインが絡まないようにバスケットをセットしました。

 

振り方がまずいのか、それとも#5だから伸びないのか、確認するため#8から振ります。

9'#8 Captured BRON 20年以上前のロッドです。

 

まず30ヤード、問題なく出ました。

 

バスケットがあると絡まず、水の抵抗もなくて距離が出やすいです。

 

しばらく振っていると、32ヤードが出ました。

 

そして33ヤード(約30m)、ここまで出ればキャスティング自体に問題はないはずです。

 

ここでDT5にチェンジ。

 

せっかく付けたマーキングでしたが、ちょうどガイドに当たるため外します。

 

思うように伸びず、つい力が入ってしまいます。

力を抜いてストロークを大きく、ラインの真ん中をトップガイドに合わせてキャストしているうち、弱いフォローの風に乗ってやっとフルライン(28ヤード弱)が出ました。

コンスタントに出すのは難しいですが、ハンドリングポイントが分かっただけでも収穫です。

 

ここで向かい風が強くなって、再び#8にチェンジ。

距離を出そうと思うほど力が入ってしまうので、久々に100フォルスキャストをやってみました。ホールのタイミングを確認しながら1.2.3・・と振っていくうち徐々に力が抜けて、ループが滑らかになってきました。

100回連続のフォルスキャストは、力を抜きたいときやタイミングを確認するときに良い練習法です。

 

次はWF5、目標は30ヤードです。

 

何度もやっているうちホールをきちんと戻してしっかり引くことで、ここまできました。

 

でも、何度やってもあとちょっとが出ません。

 

ここで立ち位置を石の上に変えました。

水中に入っているより15センチほど高くなります。

 

立ち位置が違うだけで全然感じが変わって、無事30ヤードが出ました。

ホールをきちんと戻してきちんと引くこと、これは#5の収穫ですね。

 

ちゃんとキャストすれば#5でも30ヤードが出るはずなのに、出ないのはどこかに問題があるからです。

まず問題があることを認めること、それには自撮りが手っ取り早いです。

そして修正する努力をすること、そうすれば間違いなくキャスティングは上達します。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
初キャスティング

ー ひたすらダブルホール ー

 

火曜日、絶好のキャスティング日和に、ロッドを持って行ってきました。

 

いつものように川原にイスをセット。

 

この日のメインは#5シングルハンド、9'0"#5/6ロッドにまずはDT-5Fの組み合わせです。

28ヤードのフルラインが目標でしたが、WFと違ってハンドリングポイントが分かりにくく、頑張って25ヤードでした。

フォルスキャストのポイントをマーキングする必要がありますね。

 

続いてWF-5F。

もっと伸びるはずが、DTに比べて軽い感じがしてこっちも25ヤード。

タイミングを変えたり、ロッドの角度を変えたりしても結局26ヤードが最長でした。

 

同行者は、木(グリーンハート)、竹、グラス、グラファイトと4種のダブルハンドを持ってきて、

 

代わる代わる振って楽しんでいました。

 

風がなくぽかぽか陽気なら、イスに座って一休みも最高です。

 

最後は13'#8でスカンジを振って終了。

 

#5のシングルハンドキャストは予想以上に退化していました。

つい癖で、ホールを「引いて戻し、引いて戻し・・」にしたくなります。最初に間違って覚えてしまったせいですが「戻して引いて、戻して引いて・・」は意識しないとできません。

おまけに#8では気にならない程度の微風でも、ラインが流れる、ティップが落ちて水面を叩くなど、軽いラインならではの難しさも痛感しました。

この分では当分シングルハンドも振るようですね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
初キャスティングのつもりが・・

ー キャスティング場 ー

 

1月3日、初キャスティングのつもりでキャステイング場に行ってみました。

 

#5のシングルハンドと#6/7のダブルハンドを持って川原に下りようとすると、水に入って何か捕っている人、川原で小石を拾う人、凧揚げをする人などで川は賑わっていて、とてもキャスティングをする雰囲気ではありません。早々に車に戻りました。

(よく見えませんが、この写真に4人写っています)

 

昨秋買ったDT5の試し振りと、WF5に比べて何がどれぐらい違うのかを確認したかったのですが、周囲に人がいると「釣れましたか?」とか「何が釣れるんですか?」と、まるで某Y川で釣りをしているみたいになります。

正月休みが終わる来週に持ち越しですね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
振り納め

ー 年内最後のキャスティング ー

 

先日買った2本のスカンジラインを振ってきました。

ちょうど良い薄曇りで下流からの風、これぐの風なら何とかなります。

 

まずEcho Classic13'0"#8にエアフロ・スカンジロング540グレイン、ヘッド長は41フィートあります。

 

いつものスカンジコンパクトより8フィート長いことで、タイミングが随分違います。

ビュッ!と振るより、ストロークを長目にゆったり振った方が良い感じです。

 

ランニングラインにマーキングがないので、伸びた距離が分かりません。

 

ラインを折り返して測るとほぼ30ヤードでした。

向かい風を考えれば上出来です。

いつもより8フィート長いだけで手元のランニングライン処理が随分楽でした。ライン同士が絡むトラブルはほとんどなかったです。

 

続いてEcho DH(ディックホーガン) 13'6" #9にスカンジロング600グレイン。

 

このロッドは軽く柔らかいので、力を入れすぎないように振ります。

カタログではスカジット用となっていたと思いますが、買った時はアクションよりも価格(中古で1万円台)でした。

 

14.7ヤードのヘッドにランニングが20ヤード、約35ヤードです。

ゆったり振ると予想以上に良い感じで、やっぱり柔らかめのロッドは好みですね。

 

最後はいつものScandi Compact を振ります。

 

こっちはショートストロークでビュッ!と振った方が良いですね。

 

11ヤードのヘッド+ランニング15ヤードが一番楽な距離でした。

 

買ったラインは、どちらも十分釣りに使えることが分かったので、正月中にチェンジャブルに改造するつもりです。

これでシンクティップが使えれば、ローウォーターのサクラマス釣りに使えますからね。

次回の振り初めは1月中旬の予定です。

今度は下流の水深があるところで振りましょうか。

 

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
やればやるほど難しい

ー まだまだですね・・ ー

 

芦ノ湖代わりのキャスティングは、スイッチロッド中心に振りました。

今週はいつものスイッチロッドではなく、マッキーズさんに改造してもらったARTIST ハンター10'0"#6です。

4"のリアグリップを付けて全長は10'4"、サイエンティフィックOH&Dシングル#6を合わせます。

 

オーバーヘッドではぎりぎりフルライン、いつものスイッチロッドより柔らかめです。このラインは全長85'のうちヘッドが31'しかないので、54'のランニングラインを一気にシュートするにはもう少しパワーがあった方が楽です。

 

課題の両手スペイはフルラインまであと2ヤードちょっとです。

何度かに一度、きれいにリーダーがターンしました。これが毎回できれば良いんですけどね。

 

最近はイスを持ち込むのが定番、お昼を食べるにもロッドを立てかけておくにも便利です。

 

ついでにロングベリーと、

 

スカンジを振って終了。

 

スイッチロッド両手スペイでフルラインが出せれば、バックスペースが少ないところでライズを狙える幅がぐんと広がります。

届くか届かないかで天国と地獄ほどの差になるので、この冬に何とかクリアーしたいと思います。

まずは距離、できるもできないも自分次第です。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ