フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
かごは使える

ー ラインバスケット ー

 

今週こそ長い時間キャスティングをするつもりで、急いで用事を済ませちょうど12時にキャスティング場につきました。

車の中でお昼を食べてから川に下ります。

 

かごに荷物を入れて、

 

いつもの場所に着きました。

前々回作ったライン置き場は今週もそのままです。

随分浅くなってここでは厳しそう、下流に移動します。

 

移動先は1m以上水深があってシンクティップも付けられ、左手キャストにも都合が良い場所です。

 

まずはシングル#8。

ラインバスケットをセットして、ラインを落とします。

 

我ながらナイスアイデア、ライントラブルがほとんどありません。

 

後ろからの弱い風に乗って、コンスタントに33ヤードが出ました。

 

ロッドを置くにも便利です。

 

左手で素振りはしていても、実際のキャストはまだまだですね。

非力な左手に#8ロッドは重すぎるかもしれません。

 

次は、グリップを直したばかりの13'0"#8/9に51フィートヘッドのスペイライン。

ロッドを取り出したときフェルールが地面に触れてしまったので、砂を咬まないように綿棒で掃除してから継ぎます。

マルチピース派の自分には綿棒は必需品、ベストにも入れています。

 

やっぱりスペイラインの方が距離は出しやすく、35ヤードのマーキングが出ました。

 

最後は12'0" #6ロッドにスカジットラインの組み合わせ。

水深があるのでタイプ6のシンクティップを付けます。

 

左手も大分慣れてきました。

シングルハンドよりはるかに楽です。

 

午後3時半、日が陰ると急に寒くなって、ここで終了。

 

魚釣りなら、釣れる魚がいなければ諦めがつきますが、キャスティングは、振っても振っても次はもっとうまくいくんじゃないかと思えて、なかなか止められません。

こんなに楽しいなら、もっと早くからやれば良かったですね。

次は、ヘビーなロッドでロングベリーも振るつもりです。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
川原の石

ー ストライプの石 ー

 

キャスティング場でよく見かけるストライプの石。

 

これも。

調べてみると砂岩とわかりました。多摩川には多いそうです。

 

川に来ても、キャスティングが忙しくて他のことはなかなかできませんが、この日も石拾いをしている人を見かけました。

最近は、ストーンペインティングやロックバランシングなど、アートを楽しむ人が増えていますからね。

多摩川では、場所によっては化石探しや砂金採りも楽しめるようです。

 

| キャスティング | 00:03 | - | - |
ラインバスケット

ー かご ー

 

ラインバスケットと言っても、ディープウェーディングのとき使うアレではありません。

ホームセンターで買ってきた、コレです!

これを積み上げた石の上に置き、手元のラインを入れておけばラインが絡まないんじゃないかと考えました。

 

おまけに、積みっぱなしのウェーダー入れにも、

川に降りるときリールやカメラ入れにもなります。

 

つまり、車中では積みっぱなしのウェーダー入れ、駐車場からはリールやカメラなどを入れる物入れ、キャスティング場に着いたらラインバスケットというわけです。

良いところに気付いたでしょう!

 

こんなふうに自分で考えて遊びをバージョンアップしていくのは本当に楽しいです。

たったの5百円で次回のキャスティングはすごく楽しみになりました。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
今週も川

ー 右手と左手 ー

 

今週も懲りずにキャスティングに行ってきました。

 

先週作ったライン置き場はどうなったでしょう。

 

ありました!

さすがに水に入ってまでいたずらする人はいなかったようです。

 

今週は13’0” #8/9ロッドに、初めて使う550グレインのスカジットラインを組み合わせ、ティップは8フィートのフローティングです。

さすがに重いです。

 

しばらく振ってから左手にチェンジ。

 

太陽が眩しくてラインがよく見えず、

 

対岸に渉りました。

しばらく振っていると、右手に比べてループが暴れる原因がやっとわかりました。

簡単には修正できませんが、原因が分かっただけでも収穫です。

 

続いて51フィートヘッドのスペイフルライン。

まずは右手で。

この組み合わせは久しぶり、やっぱりタッチアンドゴーは気持ち良いです。

 

左手にチェンジ。

距離は出なくても、ちゃんとループができました。

 

最後はシングル#8。

最初のキャストで34ヤード出ました。

 

しかし、ネックはこれ、2回に1回は絡んでしまいます。

 

左手のダブルホールはまだ超初心者です。

ロッドの動きもさることながら、ラインを引く右手の動作がうまくいきません。右手に集中すれば左手がおろそかになり、やっぱりダブルホールは難易度が高いです。

 

上手くいかない左手でも、時々きれいなループができたり予想以上の距離が出たりします。そうすると、その感覚をもう一度味わいたくてついロッドを振り続けてしまいます。

気付けばタイムリミットを30分オーバー、キャスティングはいつも後ろ髪を引かれます。

 

| キャスティング | 00:46 | - | - |
これ何?

ー キャスティング場に落ちていたもの ー

 

キャスティング場で見つけた「釣り具」らしきもの。

網に付いた汚れを見ると、しばらく放置されている様子です。

 

ズックビクと鮎の曳舟を合体させたようなもので、手作り感いっぱいです。

箱の底は船底型で、水の抵抗が小さくなるようになっています。

想像するに、釣った小魚を入れておくんじゃないでしょうか。

なるほど・・よく考えられています。

 

釣り人は、発想力が豊かで器用な人が多いですね。

 

| キャスティング | 00:04 | - | - |
シングルハンド

ー これは大変 ー

 

ダブルハンドのあと、シングル#8も振りました。

 

最初は右手でディスタンス。

ロッドを持って流れに立つと、引き出したラインを置く場所がありません。

どうしようか少し考えて、ライン置き場を作ってみました。

 

こんな感じにラインを乗せます。

時々引っかかっても、流しっぱなしにするよりはるかにマシです。

 

無事に33ヤードのマーキングが出ました。

自撮りMovieでのイメージトレーニングが効いていますね。

 

慣れたところで左手にチェンジ、ラインが加わると重いです。

ホールなしで何とか15m、ホールを加えると右手と左手がごちゃごちゃになってキャスティングになりません。

 

思った以上に難しいですね。

左手ではロッドが重く、身体に沿って回してしまうし、右手のホールは左手に追従してしまいます。引いたラインが戻らないのも想定外でした。

 

こうしてみると、普段何気なくやっているシングルハンドのキャスティングは相当難しいということですね。

フライキャスティングはダブルハンドからの方が入りやすいと聞いたことがありますが、なるほど、本当にそうかもしれません。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
左手キャスト

ー やっと時間が取れて ー

 

野暮用続きの中、やっと時間が取れて川に行ってきました。

 

2週間ぶりの川は、広い範囲に川鵜除けの紐が張り巡らされています。

 

前回キャスティングにちょうど良いと思っていた場所は紐で囲われて、その上流は工事中、諦めて下流へ。

 

石が露出していない場所を探します。

 

岸の様子も激変しました。

 

最初は12’6” #6のダブルハンドに425グレインのスカジットライン、8フィートのインターミディエイトティップで始めます。

 

今回も左手メイン。前回グラスロッドでは20mも出なかったのに、グラファイトはやっぱり飛びます。

まだギクシャクしますが、もう少し慣れれば十分釣りに使えます。

 

サークルスペイとペリーポークでしばらく振ってからスカンジラインにチェンジ、まずは右手でタッチアンドゴー。

軽く30ヤード、グラスとは飛距離が全然違います。それに軽い。

 

左手でのタッチアンドゴー。

これはまだまだ、動きが不安定でラインが近くに飛んできます。

左手キャストは、右からの強風時に自分を釣るのを避けるためですが、当分フックは付けられませんね。

 

続いてシングル#8での左手キャスト。

これは、課題が多いですね。

明日まとめます。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
鏡に映す

ー 左手キャストのMovie ー

 

思うようにいかない左手キャスト、Movieで欠点を見つけよう思っても、左右逆では良いも悪いも分かりません。

 

そこで思いつきました。

鏡に映してはどうかと。

 

なるほど、こうしてみると欠点がよく分かります。

フォワードに入るタイミングが遅く、キャストのパワーも足りません。

右手に比べると相当ギクシャクしているので、左手でオーバーヘッドキャストを練習した方が良いかもしれませんね。

 

| キャスティング | 00:03 | - | - |
こっちも気になって

ー 台風後の様子 ー

 

台風後のキャスティング場を見に行ってきました。

 

風邪気味で昼まで寝てしまったせいで川に着いたのは2時半、修理したばかりのウェーダーを穿いて降りると、あれほどたくさんあったセンダングサはなくなって砂利の川原になっていました。

 

水際の葦も茎だけになって、秘密の場所は遊歩道から丸見えです。

 

キャスティングにちょうど良かった緩いプールは、全体が浅い瀬になって小石が水面から顔を出しています。

これではラインが引っかかってキャスティングは無理です。

 

下流に歩いてみると深さはほとんど変わらず最深部でも20センチほど、余裕で対岸に渉りました。

 

ここは以前良く来た場所で、今年の春に魚をバラしたポイントでもあります。

 

ここで振ることにして、支度を始めると雨が降ってきました。

 

せっかく来たのでロッドをセット、12'4"のグラスロッドに450グレインのスカジットライン、8フィートのインターミディエイトティップを付けました。

 

左手キャストとバックハンドでしばらく振ってから、#12のハックルウェットを付けてみると、

スイングが終わってターンしたところでウグイがフッキング、あの増水でも流されずに残っていたんですね。

 

この日は横田基地からの飛行機がひっきりなしに頭上を飛んで、随分賑やかです。

 

最後は420グレインのスカンジライン。

やっぱりタッチアンドゴーは気持ち良いですね。

午後4時過ぎに雨が強くなって終了。

短い時間でしたが、久しぶりのキャスティングは楽しかった!

 

そう言えばトランプ大統領が離日した先週の火曜日、この上流には長いレンズを付けた飛行機マニアがたくさんいました。

飛び立ったエアフォースワンを狙っていたんでしょう。

YouTubeに動画がたくさん載っていますね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
川原らしく・・

ー ジャングルは消滅 ー

 

通りがかったついでに、キャスティング場を見てきました。

いつもの降り口は・・

土手の先はもう水面でした。

一昨日の写真と比べるとよく分かります。

 

見渡す限り水ですね。

帯状に露出しているあたりが、先週キャスティングをしたときの川岸です。

 

センダングサのジャングルは、川原らしい砂利になったようです。

 

水さえ引けばキャスティングに来られるのに、この分では元の水位になるまで一週間かかりますね。

養沢も本日から営業再開になります。

様子だけでも見てくるつもりです。

 

| キャスティング | 00:03 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ