フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
ピシャピシャッの後にゴボッ!

ー 何かいる! ー

 

キャスティング中、後ろの草の中でピシャピシャッ!と魚が跳ねる音がした直後に、ゴボッ!と何かを吸い込むような音がしました。

 

大きな魚のボイルらしき音にドキドキしながら近づいてみると、

 

ピシャッと跳ねたのは魚・・

真ん中右、ちょうど水面から顔を出した状態です。

 

どうやら弱った鮎です。

 

まだ落ち鮎(産卵のために汽水域まで下る鮎)の季節ですが、増水か急激な水温低下で弱ってしまったんでしょうか。

さっきのゴボッ!は、きっとニゴイか何かが鮎を食べた音ですね。

 

川にいると、いろんな事が起こります。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
キャスティング場も

ー 増水 ー

 

水曜日はいつものようにキャスティングでした。

リペアした12’6”と、巻き替えたリールのテストです。

 

駐車場に車を止めて、いつもの場所に向かうとかなりの増水。

いつもはここから水の中を下るのに、水深が膝上まであって流れも強いです。

諦めて上流へ。

 

駐車場の近くで、いつもはひっきりなしに人が来ているこの場所が空いていました。

 

水深は膝下、流れも緩くここなら大丈夫そう、ただ、冠水した草が邪魔になるかもしれません。

 

リペアしたロッドの初振り。リールも巻き替えたばかりです。

 

可もなく不可もなく、個性的なロッドではないようです。スカンジよりもスカジットの方が合っているでしょうか、いつも振っているグラスと大差ない感じです。

リールは大きさや重さのバランスは悪くなく、価格の割りに良い買い物だったと思います。

 

せっかく水が多いので、スカジットに重いティップを付けてみると、

8フィートのTYPE5を付けても違和感なくキャストできて、スカジットが重いティップをキャストするためのシステムだとよくわかりました。

 

ティップが柔らかい13フィートも振ってみます。

やっぱりこのロッドもスカジットが合っています。

 

結局3時間ほど振りました。

場所が違って何だか落ち着かず、身の入らないキャスティングになりましたが、水が多い状態で振れたのは収穫でした。

最後にシングル#8を形だけ振って終了。

 

 

来週は台風の影響で釣りもキャスティングも無理かもしれませんね。

次回川に行けるのは月末でしょうか。

 

| キャスティング | 00:02 | - | - |
今週もキャスティング

ー 60回達成! ー

 

今週も時間を見つけてキャスティングに行ってきました。

弱い向かい風、日差しが暑いです。

 

最初はシングル#8、継ぎ直したラインのテストです。

 

これで32ヤード。

ランニングラインが2ヤード長くなった分、ガイドの抵抗が増えて距離が伸びません。

 

この日の最長33ヤード。

やはりフラットビームは抵抗が少ないですね。

 

向かい風が強くなったので、カメラをセットしてチェックしました。

 

次は、今年5月に完成してから一度も振っていなかった14'0" #11/12の試し振りです。

コーティングを何度もやり直して、太いグリップも苦労しました。

 

ラインは58フィートベリーの#11フルライン。

このロッドは不思議な感覚、長さがそれほどないの全体がベローンと曲がるので、力を入れすぎると曲がりすぎて超ワイドループになってしまいます。

ストロークを取り過ぎないよう力を抜き気味に、やや上空をめがけてキャストすると狭いループができました。

 

全長がどれぐらいあるか忘れましたが、とりあえずフルラインが出ました。

おそらく32〜3ヤードというところでしょう。

慣れたら滑らかなキャストができそうです。

 

最後はいつものようにスカジット。

今週もフライを付けたのにアタリはありません。

魚がいなくなってしまった感じです。

 

スカジットは収穫がありました。

フォワードキャスト時に、右手を支点に左手を軽く引くことでラインが暴れずに伸びました。

まだバラつきがありますが、慣れればかなり楽にキャストできそうです。

 

西日を浴びながら3時間、もう少しキャストしたかったですが、残念ながらタイムアップになりました。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
あるもので何とかする

ー シングル#8とバッキング ー

 

33ヤードをコンスタントにキャストするために、#8のバッキングラインを交換します。

 

ラインをすべてリールから引っ張り出すと、ランニングラインの継ぎ目が折れているのを発見、ここも補修しなくてはいけません。

 

次は、どうやってフラットビームを継ぐかです。

ループトゥループでは抵抗が大きいし・・

いっそのことランニングラインを長いものに・・と、引き出しを探すとちょうど良いものが出てきました。

長すぎる#5をカットしたもので、長さは5.3ヤードあります。

ラインと継ぐと全長は32.2ヤード、少し足りませんが今までよりはマシです。

 

折れたラインを切り、早速作業を始めます。

ライン側と継ぐラインの芯を出し、お互いを絡めて瞬間接着剤で固定。

 

こんな感じですね。

 

継ぎ目をPVCチューブでカバーします。

この上から熱収縮チューブを被せ、ヒートガンで加熱してPVCチューブを溶着します。

 

うまくいきました。

 

少し硬くなりましたが、ガイドに引っかかることはなさそうです。

 

30ヤードのマーキング。

 

31、32ヤードのマーキングもします。

バッキング代わりのフラットビームは右端のループに結わえます。

 

フラットビームに33、34とマーキングして、これが35ヤード。

ここまでコンスタントに出せるようになったら、シングル#8は一段落ですね。

 

フラットビームが巻いてあった樹脂製リールにそのまま巻きました。

ランニングラインが長くなった分、ガイドの抵抗が大きくなってかえって難易度は上がると思います。でも、最初の目標が30ヤードのフルラインだったので、今度は32ヤードのフルラインが最初の目標ですね。

 

誰かと競争するなら、より距離が出やすいラインの購入も考えますが、自分の目標に飛びやすいラインは必要ありません。あくまでもこのタックルでやることに意味があるのです。

 

| キャスティング | 00:09 | - | - |
59回目の川

ー 今週もキャスティング ー

 

養沢で写真を撮ったあと、釣りはせずに、急いでキャスティング場に向かいました。

先週のMovieで気付いた点を改善して、今週こそ33ヤード(約30m)をクリアーしたかったからです。

2時に到着、風はなく絶好のコンディションです。

 

シングル#8をセットして、振り始めました。

ホールの戻しが早くならないように・・

 

しばらくして、リールからギリギリ33ヤードが出ました。

メートルにすると、ほぼ30メートルです。

 

トップガイドから30センチほどバッキングが出た状態です。

 

何度もやって、少しコツが分かってきたところで、水を吸ったバッキングラインがトラブルを連発し始めました。

やっぱり蝋を塗ったくらいでは防水になりませんね。

次回までにバッキングを一工夫しないといけません。

 

次は、久々の18フィートロッド。

上がいつもの12'4"グラスロッド。グリップの長さがこんなに違います。

 

さすがに重くて四苦八苦、31ヤードのヘッドがうまく持ち上がらずループになりません。

ここを持つと少し軽く感じます。

 

休みながら振って、やっと46ヤード(約42メートル)が出ました。

最近、スカジットやスカンジナビアンなど短いシューティングヘッドばかり振っていたので、振り慣れていたはずのロングベリーがとんでもなく長く感じます。

やっぱり自分の原点はここ、毎週少しでも振るようにしたいですね。

 

で、最後はスカジット。

今度は短いラインに四苦八苦、ロングベリーで大きくなったストロークでは、アンカーが抜けてしまいます。

 

自分はキャスティングが得意ではなかったので、友人から「もっと軽く」とか「力を入れすぎ」などとアドバイスされることが良くありました。

でも、実際にやってみると、軽くては距離が伸びず、力を入れすぎという加減もよく分からず、結局ロッドがビュンビュン音を立てるようなキャスティングを続けていました。

 

やっとその意味が分かってきたのは、ダブルハンドを振るようになってからです。

全身ガチガチに力を入れて振っていると、ここは力を抜いても大丈夫、と何となく感じるポイントがあるのです。

そこでうまく力を抜くと、ラインは思いの外伸びていきます。

つまり、目一杯力を入れたところから無駄と思われるところは力を抜いて、必要なところに集中するということなんだと思います。

それがうまくできるようになると、他人からは軽く振っているいるように見えても、風を切るような鋭いループが出ます。

 

トライアスロンをやっている友人が、釣りは魚や環境に依るところが大きく、努力が結果につながりにくいけど、トライアスロンは努力がタイムに出るから釣りとは違う楽しさがある、と言っていたのを思い出します。

そう、キャスティングも自分との戦い、飛ばないのは自分のせいなんです。

 

| キャスティング | 00:02 | - | - |
一目瞭然

ー ロッドの角度 ー

 

自分のキャスティング姿は自分では見ることができないので、どんなフォームかは想像するしかありません。

大概は美化してイメージすると思いますが、自撮りするとそんなひいき目は通用しません。

 

倒し過ぎるバックキャスト、ワイドなバックループ、早すぎるホールの戻し・・

それが2年前の状態です。

バックキャストの終了時。

目一杯でやっと30ヤードが出るか出ないかでした。

 

この欠点を修正したのが一昨日のキャスティングです。

同じバックキャストの終了時。

Movieを見て驚いたのは、力の抜け具合とロッドの曲がりです。

以前より振幅が狭く全体的に力が抜けているのに、ロッドは以前より良く曲がっていました。

 

渓流派でロングキャストが苦手な自分は、この変化に2年掛かりました。でも、自撮りをしなかったら、きっと今でもロングキャストは苦手で、もしかすると距離には触れずにキャスティングをしていたかもしれません。

 

上達しようと思ったら、まず自分の状態(欠点)を自分で確認すること、これが大事だと思います。

 

| キャスティング | 00:07 | - | - |
最後のチャンスは

ー 結局キャスティング ー

 

昨日は、シーズン最後のイワナ釣りに行くつもりでした。

前日中にナビにルートを登録して荷物をまとめ、準備は万端だったのに・・朝目覚めたら9時過ぎ!

前日、あまりの肩凝りにマッサージに行ったのが良くなかった。

まるで自分の身体じゃないみたいに重くて、さらに2度寝、結局11時過ぎに起き出しました。

当然この時間では釣りは無理、今週もキャスティングです。

 

キャスティング場に着くと、釣り人がたくさんいました。

落ち鮎を狙ったコロガシ釣りが始まったんですね。

 

この向かい風では距離は無理、フォームのチェックだけでもとカメラをセットしました。

唯一水面から顔を出している石に置きました。

 

カメラに写るように流れの中に立ち、ラインは手で保持します。

強風で吹き戻されて30ヤードは無理でした。

 

カメラを仕舞って、いつものように石にラインを乗せ、

 

風が弱まった時を狙って30ヤードが出ました。

 

次はティップを詰めるつもりのロッドにスカジットラインを組み合わせます。

 

扱いにくくてどうにもならないと予想したのに、これが意外に良くて向かい風でも30ヤードが出ました。

タイミングさえ合わせられれば、狭いループで飛んでいきます。

このままでも使えそうなので、ティップを詰めるのはもう少し振ってみてからですね。

 

最後はショートベリーのスペイフルライン。

距離はこっちの方が出しやすいです。

どんどん風が強くなって2時間ほどでギブアップ。

 

9月いっぱいで一般渓流は禁漁になって、イワナもヤマメも釣れなくなります。

普通なら、あ〜今年も終わっちゃった・・なんて思うんですけど、キャスティングを始めてからは、むしろシーズンオフが楽しみで仕方ありません。

 

次回はMovieをチェックしての修正と、ヘビーなスペイロッドの予定です。

 

| キャスティング | 00:03 | - | - |
25ヤード先のプルプルッ!

ー オイカワとウグイ ー

 

水曜日はキャスティング、久しぶりのシングル#8と先週に続いてスカジットキャストです。

 

弱い向かい風の中、まずは、シングル#8。

 

最初の目標は30ヤード。

バックでロッドを倒しすぎないように、やや力を抜いて狭いループを心がけると意外と簡単に30ヤードが出ました。

 

このラインは、27ヤードのSUPREME2(かなり古い)に別のWFから切り取ったランニングラインを足して30ヤードにしています。

 

今回はバッキングラインにもマーキングをしてきました。

風が弱まったときに出た32ヤード。

バッキングラインは水を吸わないように蝋を塗ってあります。

 

ラインが見えないですけど、意外にきれいに伸びています。

距離だけなら、フォルスキャストを入れずピックアップ&シュートが一番伸びます。バックキャストでラインが水面の抵抗を受けてロッドが曲がるためですが、それではつまらないので、基本的に1度はフォルスキャストを入れています。

 

次は、先週に続きスカジットキャスト。

ついでにオイカワを釣ろうと、#14のパートリッジ&オレンジを結びました。

 

スカジットラインは短くて重いため、距離を出すほどリーダーがグシャッと落ちてしまいます。

そこで、距離を25ヤードに固定し、なるべくリーダーをターンさせるように心がけました。

良い感じでリーダーが伸びると、ちゃんと魚が釣れるから不思議です。

10センチちょっとのオイカワ。

 

次はやや大きめで12〜3センチ。

こんなヘビータックルでも、25ヤード先のプルプルッが伝わります。

 

でも、ラインを手繰って取り込むと後の処理が大変です。

 

次に釣れたウグイは、リールファイトしてみました。

すると、魚の感触がほとんど伝わらず、途中で外れてしまったかと思いました。小さな魚はラインを手繰った方が「釣った感」がありますね。

 

相変わらずランニングラインの処理が上達せず、数回に1回はこんなことになります。

 

振りたいロッドがたくさんありすぎて、次回どれを振るかが問題ですが、当分はシングル#8とスカジットは外さないつもりです。

シングル#8では、33ヤード(30メートル)を無理なく出せたら、ロングキャスト用のラインを新調して35ヤードを目指しましょう。20年前のロッドでできるかどうかですね。

スカジットは、グラスロッドを使っているので、12フィートくらいのグラファイトが欲しと思っています。そのために処分するロッドをピックアップしなくてはいけません。

 

キャスティングシーズンが始まって、ますます忙しくなってきました!

 

| キャスティング | 00:03 | - | - |
川は楽しい

ー 今年53回目の川 ー

 

今年はキャスティングと釣りで川に60回行くと決めて、先日のキャスティングで53回になりました。

キャスティングが13回、釣りが40回(うち養沢が21回)です。

 

一般渓流は今月で禁漁になるので、これからはキャスティングが多くなりますが、キャスティング場にはロッドを振ること以外にも楽しみがあります。

例えばこれ、水生昆虫です。

葦の葉にたくさん止まっていた小さなカディスは、コガタシマトビケラでしょうか。

大きさは7〜8ミリ、翅に斑紋がたくさんあります。

 

こちらはハグロトンボ。

フライフィッシングにはあまり関わりがないですが、ひらひらと優雅に舞う姿に癒やされます。

 

他にもこの辺りにはシマドジョウやヌカエビなど、水槽で飼えそうな生き物がたくさんいて、いつか家で飼ってみたいと思っています。

網と容器を用意して、それと水槽ですね・・

 

※本日午後から新幹線岩手の予定です。

台風の影響が出そうですけど、今シーズンの残りを考えたら、行くしかありませんね。

ちょっとでも竿が出せれば本望です。

 

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
連日のキャスティング

ー 面白くなってきた! ー

 

前日にやったキャスティングが面白くて、2日目は曇ってきた午後からキャスティング場に行きました。

日が陰ってちょうど良い感じです。

 

早足で川原を歩いていくと、左足が何かに引っかかって転びそうになりました。

見るとフェルトがベロンと剥がれています。

歩きにくいので引っ張って外しました。

 

念のため右も確認すると・・

すでにフェルトはありません! どこで剥がれたんでしょう。

前日、川底がやけに滑ると思ったのはフェルトがなかったからですね。

 

滑らないように気を付けながら浅瀬を歩き、前日バッグを置いた場所に辿り着きました。

前日の続き、グラスロッドにスカジットラインをセット。

 

水面が波立つほどの強い向かい風に向かって、シュートッ!

 

タイミングと力加減を調整しながら振っていると、しならくしてきれいなループで30ヤード目前までラインが出ました。

この風の中では十分な距離です。

 

少しコツが分かったところで、ティペットに#14のパートリッジ&オレンジを結んでみました。

フライをスイングさせてくると・・

プルプルッ!ときたのは、10センチほどのカワムツ。

へビーなラインでも当たりが分かりました。

続けて一回り大きなオスのオイカワ、これはカメラを取り出しているうちに外れましたが、こんなヘビータックルでも十分に楽しめますね。

 

やっぱりキャスティングは楽しいです。

次回は重いシンクティップを試したいので、もう少し下流の深場に行くつもりです。

それまでにウェーダーを何とかしなくてはいけませんね。

 

| キャスティング | 00:06 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ