フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
アタリは1回
0

     

    ー 試し振りと釣り ー

     

    せっかくの休日は、奥多摩に行くつもりが野暮用で出かけられず、思い立って試し振りをすることにしました。

    久しぶりのキャスティング場です。

     

    釣り人やバーベキューをしている人がいたら止めるつもりが、付近に人はいなかったのでいつもの場所に。

     

    何度もやり直した13'0" #7/8に、ようやくラインが通りました。

    最初は420グレインのスカンジヘッド。

     

    長さがあるので全体的に柔らかく感じます。

    特にティップが柔らかめで、今まで振ったロッドとは感じが違います。

    なかなかきれいなループにならずに四苦八苦しているうち、力を入れすぎていたことに気付いて、30ヤードがやっと出ました。

    #7/8指定なので、420グレインでは軽いんじゃないかと思いましたが、もっと軽くても良さそうです。

     

    次は#6/7のスペイフルライン、46フィートヘッドで460グレインです。

    さっきより重いのに、こっちの方がラインが暴れずきれいなループになりました。

     

    30ヤードは無理なく出ました。

    ティップが良く曲がっても、反発スピードが早くないのでゆっくり目に振った方がうまく行くようです。

     

    1時間ほど振って、ロッドをチェンジ。

    11'0"のスイッチロッドにウェットを付けて釣りをします。

     

    広いプールの下流まで釣り下がってみました。

    1時間頑張って、アタリらしきものは1回だけ。

    それも、魚かどうか不明です。

     

    長いロッドに太いラインは、小さなアタリを感じにくく、水流によるラインの抵抗にも鈍感でした。

    これぐらいの川で、20ヤードちょっとのキャストなら自分はやっぱりシングルハンドですね。

     

    | キャスティング | 00:46 | - | - |
    養沢に行くはずが・・
    0

       

      ー 曇天と40人で ー

       

      今年こそオープン日に釣りをするつもりで荷物を準備したのですが、寒々しい曇天と朝から40人の入場者にめげてしまいました。

      ライズ待ちはできそうもないし・・

      というわけで、養沢の初釣りは持ち越し、火曜日に行ったキャスティングの話題です。

       

      この日は、穏やかな陽気でまさにキャスティング日和でした。

       

      まずは、フェルールを直した9'0"#5ロッドに買ったばかりのラインの組み合わせ。

       

      流れの中央まで行き、徐々にラインを出していくと、巻き癖#5より軽く感じて思うように伸びません。

      しばらくやってこれが最長、フルラインまで3m以上あります。

      柔らかくてループにパワーが乗らずガイドの滑りも今ひとつ。

       

      何度やっても伸びないので、巻き癖#5にチェンジ、振り比べてみます。

       

      やっぱりこっちの方が重く感じて、ロッドが曲がります。

      一生懸命巻き癖を取ってキャストすると・・

       

      30ヤードのフルラインが出ました。

      巻き癖はあっても、こっちの方がキャストしやすいです。

       

      次はダイアモンドバック#4/5+巻き癖#5。

      ロッドの柔らかさに苦労して、やっと30ヤード。

       

      さらに、ダイアモンドバック+柔らか#5。

      やはり頑張っても3mほど残ります。

      このラインで30ヤードは不可能だと思えてきました。

       

      フリースでは汗ばむくらいの陽気、足下の水面にはハッチしたメイフライが漂って、

      真ん中ちょっと下です。

       

      掬い上げると、予想通りでした。

      この時期のメイフライといえば、これ。翅の模様が特徴的なナミヒラタカゲロウです。

      魚がいれば「バシャッ!」と食べられるはずですが、ここは養沢と違って平和です。

      養沢では3月中旬にハッチします。

       

      最後は11’0”のスイッチロッド。

      ST#8改のラインで振ります。

      バックスペースがゼロでのキャスト、横にループを作ってみたり、バックハンドもやって、やっぱり両手のスペイ系キャストは別格の楽しさです。

       

      独学で本格的にスペイキャストを始めて7年になります。

      2007年に中古のダブルハンドを買い、翌年に見よう見まねでスペイキャストを始めたものの、まったくキャストにならないつまらなさから、めったに川に行くことはありませんでした。

      本格的に始めたのは、2010年に山形での本流釣りを経験してからです。

      友人たちの華麗なキャストを見て、これはもう本格的にやるしかないと。

      おかげでこの7年は、もう一つフライフィッシングを始めたくらいの忙しさでした。

       

      歳を取って川に行けなくなったら本で釣りを楽しむ、なんてカッコイイことを言っていた時期もあります。

      でも、今は、よぼよぼのおじいちゃんが繰り出す鋭いループが目標です。

      その日のために、キャスティング場通いは続きます。

       

      | キャスティング | 00:14 | - | - |
      強風でも竿を振る
      0

         

        ー 北風ビュービューも何のその ー

         

        ハリキフェルールを付けた竹竿と、飛ばない#5ラインをダイアモンドバックで振ってみたくて、北風が吹きすさぶキャスティング場に行ってきました。

        水面を走る強風は、さすがにこれは無理でしょう・・というレベルです

         

        それでもめげずに竹竿をセット。

        とてもあり合わせとは思えないほどグリップのバランスがいいでしょう。

        やっぱり自分で作ったバランスが一番落ち着きます。

         

        上流からの強風でバックキャストはまったくできずに、ひたすらロールキャストの繰り返し。

        竹竿は、振って違和感はないし、ベンディングカーブも問題なし・・

         

        ここで良いことを思いつきました。

        こんな強風でも、対岸に向けてキャストできれば釣りになるはず・・ダブルスペイなら・・

        と、さっそくやってみました。

         

        写真の右手が上流、風は右手からです。

        まずラインがばたつかないように、こんな感じにそっと水面に置きます。

         

        置いた瞬間にロッドを右から左に水平に移動し、バックハンドでロッドを立ててロールキャストを打つ要領で・・バシッ!っと。

        せっかく上手くいったのにラインが見えませんね。

        空中にあるラインはすぐ風に流されましたが水面のラインは真っ直ぐ伸びています。

         

        次も成功、こっちの方が分かりやすいでしょうか。

        距離は7〜8m、ウェットなら十分釣りになります。

        (強風の度合いがわからないと思いますが、普通ならフライロッドを振ろうとは思わないくらい酷い状況です)

         

        竹竿は問題がなさそうなのでこれぐらいにして、#5ロッドに持ち替えます。

        手縫いの袋から取り出します。

        これ、すごいでしょう。ミシンがなかったので全部手縫いです。

         

        リールとのバランスはまずまず。

         

        これぞダイアモンドバック!

         

        ロッドが長い分風に煽られて、竹竿よりどうにもなりません。

        同じようにダブルスペイを練習して、トータル1時間弱で終了。

         

        最近、スペイキャストをやっていて本当に良かったと思います。

        この日のダブルスペイのように、ウォーターボーンアンカーを使えば強風でも釣りになるし、バックスペースがなくても瞬間的にロッドを曲げてラインを前に送り出せるとか、瞬時の方向転換キャストとか、渓流にも応用できることがたくさんあるからです。

         

        スペイキャストは難しいから面白い。

        と言っても、やった人にしか分からないですね・・

         

        | キャスティング | 00:01 | - | - |
        別の5番ロッドで
        0

           

          ー 重さは適正 ー

           

          5番で思うように30ヤードが出ないので、考えられる原因を確認してみました。

           

          まず、ラインの重さ。

          以前にも量ったような気がしますが、念のため確認します。

          使っているロッドがAFTMA基準のものなので、AFTMAに合わせて先端30フィート(約9.15m)の重さは、

          リーダー含めて9.6グラム。

           

          リーダーの重さは0.4グラム。

           

          リーダー分を引いたラインは9.2グラムで、AFTMA基準の#5(約9.1グラム)とほぼ同等でした。

          ラインの重さは問題なし、となれば、次はヘッドの長さと材質です。

          購入したときのデータでは、全長90フィートのうちリアテーパーを含んだヘッド長が36フィート(約11m)、ランニングラインが54フィート(約16.5m)となっています。

          トップガイドからヘッドを出せる限界を3フィートとすると、ロッドの長さ9フィートを足して48フィート、つまりシュートで13m近くを出さないといけない計算になります。

          あの巻き癖が取れないラインを13m、これはやっぱりライン形状と材質に問題がありそうですね。

           

          とは言え、ロングキャスト用のラインを買ってしまっては面白くないので、まずは、このラインを別のロッドで振ってみようと思います。

          このロッドです。

          ダイアモンドバック8’6” #4/5、4PC。30年前にブランクから組み立てたものです。

           

          前回の#5ロッドより短く柔らかく、最近のロッドに比べるとかなりボテボテ、とてもロングキャストの雰囲気はありませんが、こういうロッドこそ一気に振り下ろしてバットを深く曲げるとトルクフルなループができます。

          それを期待して振ってみます。

          このロッドでは27ヤードのフルラインも出したことがないので、そこまで出せれば自分の技術が上がったということですね。

           

          | キャスティング | 00:05 | - | - |
          広くか、狭くか
          0

             

            ー ロッドのストローク ー

             

            昨日の続き、#8のキャスティングで気付いたことです。

            前々回のキャスティングからバックキャストでロッドを倒し過ぎないように注意したことで、ずいぶん楽に30ヤードが出るようになりました。

            十分に目的は達成できたのですが、向かい風に負けないループを試すうち、違うやり方を発見しました。

             

            まず今までのやり方です。

            シュートの瞬間、ロッドを水平近くまで振り下ろすことでロッドを深く曲げ、その反発力でラインスピードを上げていました。

            ループの形はこうなって、風さえなければラインの先端までターンしやすく、実際にリーダーが絡まることは少なかったので実践向きといえるかもしれません。

            ただ、ラインの空気抵抗が大きいので、ちょっとした向かい風で失速してしまいました。

             

            向かい風でも距離が出たのがこの方法です。

            ロッドティップを高い位置で止めることでループが狭まり、向かい風の影響を受けにくくなりました。

            こっちの方が振る幅が狭く、ロッドが曲がった実感は少なくても、狭いループのパワーは想像以上でした。

            欠点は、タイミングが少し狂うと距離が出ず、ライントラブルになりやすいことですが、これは練習で克服できるんじゃないかと思います。

             

            バックキャストでも振り幅を狭めることでラインスピードが上がって、結果的にロングキャストに繋がったことを考えればフォワードキャストでも同じことが言えるのかもしれませんね。

            どっちが良いかではなくて、どんな状況で使えるか、もう少し追求してみるつもりです。

             

            | キャスティング | 00:03 | - | - |
            5番ロッドのキャスティング
            0

               

              ー 今年7回目 ー

               

              今週も用事のついでに少しだけキャスティング場に寄ってきました。

              風は吹いたり止んだり、これぐらいなら大丈夫です。

               

              最初は#5ロッド。

              #5ではまだ30ヤードを達成していなかったので、今度こそというつもりでロッドの準備を始めると、オスフェルールが短いような気がしました。

              こんなに短かったかな・・なんて考えながら引っ張ると簡単に抜けてしまいました。

               

              とりあえず差し込んでダブルハンド用のビニルテープで固定してみると、がたつきもなく大丈夫そう、せっかくなのでこれで振ります。

               

              それより問題だったのはこのラインでした。

              ラインを引き出すとまるでバネのようで、引っ張ってもなかなか取れません。

               

              時折吹く風に悩まされながらも・・

               

              やっとフルライン30ヤードが出ました。

               

              結局30ヤードが成功したのはたった2回、その後向かい風が強くなって断念しました。

               

              久しぶりに振った#5は、先月初の30ヤードを記録した#4よりスカスカな感じで、まるでストローを振っているようでした。

              ラインの重さか、材質か、それともロッドが硬すぎるんでしょうか。

              ひとつずつ検証したいと思います。

               

              続いて#8タックル。

              先週引っかかったバッキングとの継ぎ目は、

               

              直してきました。

               

              風が止むのを待ってキャストすると特に問題なく30ヤードをクリアー、やっぱり#8はパワーが違います。

              このバッキングライン水を吸わないようです。それでガイドに絡まなかったんですね。

               

              先週同様にトップガイドからバッキングが出ました。

              リールから出ているラインは大凡31メートルです。

               

              再び風が強くなり、風に負けないループを練習していてあることに気付きました。

              シュートの際のロッドの振り方です。

              もしかすると今までのやり方は間違っていたのかもしれません。

              言葉で説明しにくいので、時間があったら明日書きます。

               

              | キャスティング | 00:07 | - | - |
              養沢に行く前に
              0

                 

                ー 6回目のキャスティング ー

                 

                養沢に写真を撮りに行く途中、新しいリールとカットしたラインを試したくて、少しだけキャスティング場に寄りました。

                時間がないのでウェーダーは穿かずにニーブーツで、最初はスイッチロッドをセットしました。

                 

                ラインをカットした分軽くなって、両手のスペイは多少パワーが落ちました。

                でも、その分オーバーヘッドが投げやすくなったので、釣りにはこれぐらいがちょうど良いです。

                20m以内なら両手スペイ、それ以上なら両手のオーバーヘッド、さらに距離を出すなら片手+ホールのオーバーヘッドが良いです。

                 

                先週追い風で楽々30ヤードが出たシングル#8も確認します。

                風は左の真横から、ループが乱れてキャストしづらいです。

                それでも30ヤードは難なくクリアー。

                 

                バッキングを3mほど出して30mにチャレンジすると、

                トップガイドに継ぎ目が引っかかってしまいます。

                 

                これは継ぎ直さないとダメですね。

                 

                何度かやっているうちに本日の最長が出ました。

                トップガイドからバッキングが1m弱出ました。

                リールからの距離は大凡31m、だんだんコツが分かってきました。

                 

                このラインはヘッドが短いのでシュートする距離が長く、水面に落としたランニングラインはトラブルの元です。特に風が強い日は2〜3回に1回はガイドに絡みました。

                ヘッドがもう少し長ければもっと楽にキャストできるはずなんですが、それを考えるとまたラインが欲しくなるので、このラインでどこまで伸ばせるかですね。

                 

                | キャスティング | 00:04 | - | - |
                強風
                0

                   

                  ー キャスティングは・・ ー

                   

                  キャスティングに行く前に先週振ったST-8をカットして、買ったばかりのリールに巻き直しました。

                   

                  まずラインを1mほどカットしてラインの重さを13gに。

                   

                  以前手入れ中に切れてしまったWF5のランニングライン(こちら)を繋ぎました。

                  細いので強度が心配ですが、先週試し振りしたモノフィラよりはいろんな意味で安心できます。

                  ST-8と合わせて約34m+バッキングを50m巻きました。

                   

                  これで準備完了。

                  ロッドとタックルを持って外に出てみると帽子が飛ばされそうな強風、先週より酷いです。

                  キャスティング場に行くだけ行ってみましたが、車から出た途端に猛烈な砂埃で、さすがにキャスティングは無理でした。

                   

                  | キャスティング | 00:01 | - | - |
                  気づいてよかった!
                  0

                     

                    ー 飛ばないライン ー

                     

                    スイッチロッドの試し振りに、ST-8を巻く予定だったリール。

                    古いインターミディエイトが巻いてあったはずが・・

                     

                    WF-8を巻き直していたんですね。(こちら

                    すっかり忘れていました。

                     

                    これは3Mのシュープリーム2で、Cortlandより前に使っていました。

                    長さを足して30ヤードが目指せるようにはなっていましたが、自撮りMovieにラインの軌跡が写りにくく、ヘッド長が短かったため、視認性が高いと言われたCortland GLOを手に入れたわけです。

                     

                    ベリー部の太さを比較してみると、

                    上が3M、下がCortland。下の方が若干太い気がしますが、多少遠近感があるかもしれません。それより気になったのが表面の質感で、3Mは表面が硬く滑りやすいのに対して、Cortlandは表面が柔らかく手に引っかかる感じがしました。

                     

                    ランニングラインも比べてみました。

                    左のCortlandの方がちょっと太いです。

                     

                    ヘッドの長さはCortlandの方が長いですが、どちらが距離を出しやすいかは振ってみれば分かるので、いつもと違う3Mを振ってみました。

                     

                    ライン本体は27ヤードしかないので、別の色のラインを3ヤード足してあります。

                    自撮りMovieで気付いた欠点、バックキャストを振りすぎないように注意しながらシュートすると、意外にあっさり30ヤードが出てしまいました。

                    最後はラインがパチン!とロッドに当たりました。

                     

                    今までのCortlandで、手首を捻挫するほど力を入れていたのが嘘みたいです。バッキングを1ヤード引き出してみるとそれもクリアー、まだ出せそうです。

                    オレンジのバッキングが2つめのガイドの先まで出ました。

                     

                    これまで#7の方が楽に30ヤード出ていたので、てっきり#8ロッドが硬すぎるせいだと思い込んでいました。まさかラインにこんな差があるとは・・

                    これでキャスティングがさらに楽しくなります。

                    とりあえず次の目標は30メートルですね。

                     

                    | キャスティング | 00:02 | - | - |
                    振ってみた
                    0

                       

                      ー 1月最後のキャスティング ー

                       

                      冷たい北風の中、できたばかりのスイッチロッドを振ってきました。

                       

                      最初は普通にオーバーヘッド。

                      竿の柔らかさから予想したWF-5を試します。

                      グリップが長いのでこのリールではアンバランスですね。

                       

                      後ろからの強風で水面はこの通り。

                      風の合間を見計らって振ると、ロッドは思ったより柔らかく、スイッチロッドと言うより長いシングルハンドです。

                      ドライフライならこの5番がちょうど良い感じです。

                       

                      次は#4のスカンジナビアンヘッド。

                      ライトダブルハンド用で長さ約10m、重さは約18g。

                       

                      これは重すぎで、#3ロッドに#7を乗せたような感じです。

                      近距離ならまだしも、ロングキャストではランニングラインの重さも加わって無理をすると竿を折りそうです。

                      早々に止めておきます。

                       

                      次はカットする予定のST-8、まずはそのまま振ってみます。

                       

                      最初はシングルスペイ。

                      スペイラインとバランスが違ってアンカーが入れにくかったですが、慣れるにしたがって良い感じでループが伸びました。

                      スペイキャストだけを考えればこの長さ、重さでちょうど良い感じです。

                      ただ、オーバーヘッドにはちょっと重いので、1mほどカットしても良さそうです。

                       

                      初めての試し振りの結果は、片手でオーバーヘッドにホールを加えるようならWF-5、スペイキャストなら片手も両手もST-8をそのまま、両手でのオーバーヘッドならST-8を少しカットで良さそうでした。

                      風のない日にもう一度振って結論を出すつもりです。

                       

                      | キャスティング | 00:05 | - | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ