フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 秋田だより2016 その18 | main | 秋田だより2016 その20 >>
秋田だより2016 その19

ー 水温高め ー

 

念のため水温を測ってみると17.5℃もあります。

川岸の様子から、ダムの放水が止まっていて水が減った状態であることもわかりました。

 

20センチ近い魚がウヨウヨ見えるのにフライへの反応は今ひとつ、

おかしい・・

水中の石の周りをキラキラ光りながら・・

よく見ると、アユでした。

てっきり放流されたのかと思ったら、考えてみればここは河口からすぐの流れ、天然遡上がいてもおかしくありません。

な〜んだ。

急に力が抜けて、適当にフライをキャストすると、水中でギラッと魚影、すぐにフライが消し込まれました。

半信半疑でフッキングすると、ズンッ!と魚の重さが。

やりました、イワナです!

20センチほどの痩せた魚体でも、ここは漁協がないので放流魚ではありません。

 

1匹釣れると様子が分かって、このサイズのヤマメが入れ食い。

15センチほどでも天然の美形、釣れないより嬉しいです。

 

熊の気配はなくても、時々は音だけピストルを撃って、熊鈴をガラガラ鳴らして釣り上がりました。

 

こんな雰囲気がある木も。

 

15センチほどのヤマメにそろそろ飽きてきた頃、ピックアップ直前にフライが消し込まれました。

適当に合わせるとかなりの引き、この川では初めてのサイズです。

慎重に寄せると、やや痩せてはいるものの22〜3センチはありそうなイワナです。

岸際で写真を撮ろうと準備して・・

 

【イワナの写真のつもり】

 

撮る前に逃げられました!

ピンボケでも撮りたかった。

 

時間はすでに4時半、そろそろ上がる時間になって、最後のキャストで釣れたのがこれ。

 

やっぱり15センチほどのヤマメでした。

 

| 秋田だより | 20:54 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ