フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 4月14日のストマック解説 | main | アタリは1回 >>
ラインを変えたら

ー このロッド、良いじゃないですか! ー

 

ストマック採取は、秋川で使ったのがまだ乾いていなくて、履く前から濡れているウェーディングシューズでスタートしました。

今までなら、別のセットを持ち出してベランダにウェーダーが何着か並んだんですが、最近は横着になって、どうせ濡れるなら・・とそのまま持ち出しました。

 

で、肝心のストマック採取は、せっかくスムースを持って行ったのに#3リールを忘れて、積みっぱなしのグラスロッドです。

7'6" #3のグラスに、巻き癖が取れなくなって入れ替えた予備ライン、コートランド444 CLASSIC SYLK #4です。

 

これまでの予備ラインは、テーパー部が短く、ラインが出るとロッドに急な負荷が掛かってぎくしゃくしましたが、CORTLAND SYLKはテーパー部が長く、距離を出しても穏やかで滑らか、まるで別の竿のようでした。

ラインでこんなに印象が違うんですね。

ラインとロッドは必ず組み合わせて使うのに、何種類ものラインで試し振りはできません。せめて各部位の長さや重さ、硬さなどの細かい情報があれば、ライン選びもちょっと変わってくるんじゃないでしょうか。

 

今まであまり出番がなかったグラスロッドでしたが、フッキングしてからバラしにくい(この日もバラしはゼロ)し、グラスにしては軽い55g、このラインとの組み合わせならメインロッドになりますね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ