フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 水が滲むような・・ | main | ナイスアイデアのはずが・・ >>
落ちていたフライ

ー 目の前に・・ ー

 

木和田平駐車場で、ウェーディングシューズの紐を結わえていると、目の前にフライが落ちていました。

 

まだ新しいビーズヘッドマラブー、これなら事務所のボードに・・と思って拾い上げるとバーブが付いていました。

このままではボードに刺せないので、ペンチで潰してから刺してきました。

きっとどなたかが使ってくれたでしょうね。

 

ニンフやウェット用の太軸フックは、ただでさえ刺さりにくいのに、バーブがあることでさらに刺さりにくくなります。布に刺してみると良く分かりますが、魚の口は布より硬いので意外なほど力が必要です。

そうなると、ティペットの強度も気になります。

写真のフライならティペットは細くても6Xが必要だと思いますが、太いティペットはフライが沈みにくく、流れの影響も受けやすくなります。

バーブがないとバレやすい・・と、フッキングしてからのことを心配する前に、フッキングしやすいフックを使うことも大事だと思いませんか。

 

| 養沢のこと | 00:20 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ