フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 楽しかった養沢! | main | 友人からの報告 >>
8月9日のストマック採取

ー 入れ食いかと思いきや ー

 

久しぶりに増水の中でのストマック採取です。

最初は事務所周辺だけで採取するつもりでしたが、釣り人がたくさんいたので、空いていた神谷橋駐車場に車を止めました。

橋から覗くと簡単に釣れそうな雰囲気、これなら・・と靴のまま釣ることにして、支度を始めると偏光グラスがない、ネットも忘れた、ティペットは6Xだけ、それでも何とかなるでしょう。

念のため、飲み物だけは持ちます。

 

12時ちょうど、帽子にオニヤンマを付けて、ここからポイントに降ります。

 

7'6"#4のグラスロッドに#4ラインをセット。

 

フライは#14ブラウンパラシュート。

最初はここを狙います。

普段は水たまりになっている場所です。

 

ファーストキャストで赤丸部分に流し込みました。

 

すると・・

いきなり出ました!

 

ネットがないので魚は大暴れ、やっとストマックポンプ入れました。

出てきたのは残骸のみ、ほぼ空っぽでした。

 

次のキャストは橋桁の近く、青丸のところ。

こちらは着水と同時に出ました。

2キャストで2匹は出来すぎです。

でも、ストマックポンプを入れようとして逃げられました。

 

ここで、積みっぱなしネットがあったんじゃないかと気付いて、一旦車に。

トランクの荷物を全部出して底板を上げると、良かった!ありました。

ホルダーがないので脇に抱えて川に降りました。

ところが、これで万全と思った途端バラしの連続、食いが浅い、途中で外れるなど、結局ここでは2匹だけでした。

 

靴のままでは上流に移動できないので、一旦道路に上がって栗の木に降り、岸を下ってから釣り上がります。

フライは#12グリーンのエルクヘアカディス、グラスホッパーバージョンです。

 

普段なら浅くて魚がいないような弛みで派手に出ました。

やたら元気なニジマス。

 

ストマックは上手く吸い出せなくて、茶色い液体だけが出てきました。嫌なパターンです。

次はメイフライニンフと蟻、残骸など。

そして最後にポンプの先端に大きな塊が付いてきました。

うわ〜!っと声を上げながらシャーレに出すと・・

ヘビトンボの幼虫(ヘルグラマイト)かと思ったのは、ムカデでした!

伸ばすと4センチはありそう、脚が気色悪いですねぇ〜。

この手のゲテモノはヤマメのストマックからは良く出てきますが、ニジマスでは珍しいです。

放流されて時間が経ち、すっかり自然の餌を採っているんでしょうね。

 

その上流の瀬。

フライを#12CDCメイフライにチェンジ、やっぱり流心脇の弛みから出ました。

口中奥にがっぷりくわえています。

 

今度は恐る恐る吸い出すと、

藻とニンフの残骸、ゴミのようなものだけ。

ストマックからすると残念ですが、少しほっとしました。

 

次は栗の木下流の瀬。

まるでイワナみたいにフライが沈んだ途端に出ました。

 

これもストマックはほぼ空。

 

もう少し食べているストマックを採りたかったのですが、栗の木まで釣り上がったところでぽつぽつと降ってきました。

雨具を持っていなかったので退散、車に戻ったのがちょうど1時でした。

 

いつもと違うポイントから飛び出す魚、強い流れのニジマスはとてもパワフルで、何度もロッドを絞り込みました。

#12と#14だけでも十分釣れるんですから、たまにはこういう養沢も良いですね。

 

ストマック情報8月9日分はこちら

 

| ストマック日記 | 00:01 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ