フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< グリップに手をつける | main | グリップの続き >>
練習は無駄じゃなかった

ー 初キャスティング ー

 

やっと時間が取れて初キャスティングに行ってきました。

 

駐車場に着くと止めようかと思うほどの強風、でもせっかく来たので川に降りてみました。

風は右岸から。一番嫌な右からの風です。

 

この風ではテンカラ竿の試し振りもシングルハンドも無理、#8のダブルハンドだけ継ぎました。

ラインは510グレインのスカンジヘッド。

 

川底はヌルヌル、ポンドソールのニーブーツでは心許ないです。

 

右手キャストでは、ラインが飛んできて怖いです。

 

右岸側に渉って左手にチェンジ。

タイミングが合うと予想以上に伸びて、左手でのシャドーキャスティングは無駄ではなかったようです。

 

風に流されてアンカーが離れてしまっても、25ヤードのマーキングまで伸びました。

まだギクシャク感はありますが、昨年に比べたら格段の進歩です。これなら十分釣りに使えます。

 

風が弱くなってから右手にチェンジ。

 

ループの鋭さはさすが右手ですね。

30ヤードをクリアーしました。

 

釣り場に風はつきものですから、なるべく手の内を多くしておいた方がいろんな状況に対応できます。

この日スカンジラインを振って分かったのですが、ラインが軽い上に、水面タッチのアンカーは風の影響を受けやすく、強風時ならスカジットの方が良かったかもしれませんね。

来週はもう少し水深がある下流に行ってみるつもりです。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ