フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< そろそろ・・ | main | グリップの上を整形する >>
溝切りマシーン

ー 端材で作る ー

 

はみ出した接着剤をほぼ取り切れたので、整形する前に溝を掘るツールを作ります。

 

以前大型ネットで使ったものから「刃」を外して利用します。

 

使う材料はこれ。

フレーム材を曲げるときに使ったカバー用のヒノキ材、グリップの端材、外したノコ刃。

ノコ刃は金ノコの刃を短く折ったものです。

 

まず、グリップ材の厚さ半分のところにのこぎりで溝を切ります。

 

ノコ刃が少し出るくらいの深さにし、

 

ノコ刃の穴に合わせてドリルで穴を開けます。

 

ヒノキ材をカットして両側に貼り付け、溝にノコ刃を差し込んでネジで止め。

これで完成です。

 

カバー用のヒノキで試してみると、

 

良い感じで溝が掘れました。

 

今日はここまで。

次はグリップの上、フレームとの接点を整形します。

溝掘りは、フレームの角が整形によって丸くなってしまうとやりにくいので、先にやってから整形することにします。

 

| ネット作り | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ