フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 試し振り | main | 塗装前に >>
ラインを量る

ー 重さと長さ ー

 

試し振りしたシングルハンド用スペイラインに距離のマーキングをするついでに、ヘッドの重さと長さを調べてみました。

ヘッドの重さは15.3g、パッケージの表示より1gほど重いです。

ヘッド長は約11m、こちらも50cmほど長いです。

ただし、ヘッドの重さにリアテーパー部を含めないメーカーもあるので、それならほぼ表示通りということになります。

まあ、普通に振れたので、加工する必要はないでしょう。

 

マーキングは、20ヤード、25ヤード、30ヤードの位置につけました。

 

渓流のドライフライならフライが見えるのでどこを釣っているか一目瞭然ですが、本流ウェットではフライが見えないため、位置を予測するのにマーキングはあった方が便利です。

特に釣り下る場合は、同じ距離をキャストすることでフライを隙間なく流すことができますからね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ