フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ウェットとドライ | main | ついにお世話に・・ >>
意外とあっさり・・

ー 枯れ草ンドラとモ杉ート ー

 

枯れ草ンドラとモ杉ートを持って、養沢に行ってきました。

 

西平まで写真を撮ったあと、空いていた神谷橋に入ろうと準備をしていると下流から釣り人が上がってきました。平和橋にも釣り人がいたため車を移動、誰もいない木和田平駐車場下に入りました。

放流前日の木曜日は週のうちで一番魚が少なく、このポイントも同様でした。

 

最初はモ杉ート。

 

ドライフライのつもりでジェルフロータントを付けたのに、水面に落ちた瞬間に沈んでしまいました。

沈めて使うにはウイングが大きすぎるので、そのままパウダー容器に放り込んでシャカシャカとやってみると、ウイングだけかろうじて浮いてなかなか良い感じ・・

・・と思っていると、ニジマスがくわえました。

あっけなく釣れたのはコーホーサーモンっぽい魚体です。

 

下あごに掛かっているところが可笑しいです。

 

次は枯れ草ンドラ。

 

このままキャストすると、着水の波紋に反応したヤマメがくわえ、フックを外そうと頭を振りました。

慌ててロッドを煽るとすっぽ抜け、波立つ水面下でよく見えなかったです。

ウェット風に水面直下を流すと、ニジマスが次々に追ってきてコツンコツン!と当たるのにフッキングしなくて、ウイングをカットしてみました。

すると反応が急に悪くなってフライを完全無視、カットしたせいでフライの姿勢が変わってしまったようです。

 

それでもしばらく粘って、上流側の瀬でやっとフッキングしました。

 

口の奥深くくわえています。

 

フライは歯でボロボロ、枯れ草は濡れると弱くなります。

これで目標達成!

時々風で水面が波立ち、ライズがあったことが助けになりました。

 

この後、普通のフライ(#20CDCカディス)に替えてヤマメを狙ってみると、3匹フッキングして1匹キャッチ、魚が少ない割りに活性は高かったです。

この時季の養沢は、朝方のユスリカ、昼間のガガンボとコカゲロウ、夕方のモンカゲロウと、1日の中でフライサイズが大きく変わります。

この変化をうまく捉えることができれば、一日中楽しい釣りができるんじゃないでしょうか。

 

※ゴールデンウィーク中のヒント

・事務所下〜下弁天は、釣り人が集中するため、放流日と翌日以外は極端に反応が悪くなります。思うように釣れないからと粘れば粘るほど魚がスレるので、早々に移動した方が賢明です。

・瀬を釣り上がることができる装備とスキルをお持ちなら、なるべく人が少なそうなポイントに入ることをお薦めします。ヒントは駐車場からの距離です。

・テクニックがある方なら、枝が被ったり、障害物があったりするポイントを勇気を出して狙ってみるのも良いですね。他の釣り人が狙わないポイントは多くの可能性が残されています。

・そろそろイブニングが楽しい季節に入ります。日中とは別世界になることも珍しくないので、釣りにくい時間帯はのんびりして、最後までお楽しみください。

 

| 現地調達フライ | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ