フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 今週はイワナ釣り | main | 快適でした >>
見つけたヒント

ー 蟻地獄に落ちた甲虫 ー

 

堰堤上にたくさんあった蟻地獄。

蟻地獄はウスバカゲロウの幼虫の巣で、すり鉢状の底で昆虫が落ちるのを待ち構えています。

 

そのうちのひとつで昆虫がもがいていました。

1センチほどの甲虫、どうやら脚を噛まれている様子です。

 

これを見て気付きました。

「そっか、テレストリアル!」

さっそくフライをオレンジ頭のアントに替えると、直後の枝沢では堰堤の溜まりからユラユラ〜と浮いてきてパクッ!

魚が見えたのでつい早合わせをしてしまいましたが、フライがマッチしたくわえ方でした。

その後もブラックのエルクヘアカディスでバラしと掛け損ない、やっぱりテレストリアルが効きました。

 

この川では、岸際の石をひっくり返しても水生昆虫がほとんどいませんでした。大方のハッチが終わってしまったか元々少ないのかわかりませんが、そうなると餌としてのテレストリアルがますます重要になります。

空が開けた本流筋より、枝が被った枝沢の方が反応が良かったのも、テレストリアルが流れに落ちる確率が高かったからでしょう。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ