フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ロッドの手入れ | main | やっぱりマダラだった >>
こんなところに!

ー 行方不明だったライン ー

 

カットして#6のシングルハンドに使おうと思っていたスカンジナビアンヘッド。

どこかに仕舞い込んでしまってどうしても見つからず、諦めて別のラインを買いました。

あれから1年・・

まさかの場所から出てきました。

なぜこんなところに・・

ファイルと一緒に仕舞ってしまったんでしょうね。

 

重さは280グレイン、シングルハンドでのスペイなら#7/8ロッド、ダブルハンドのオーバーヘッドなら#6/7ロッド、ダブルハンドのスペイなら#4/5ロッドという感じでしょうか。

 

ダブルハンド#6でのスペイ系キャストには軽いはずですけど、ダブルハンドは意外にキャパがあるので、案外使えるかもしれません。

試し振りをしてから使い途を考えましょう。

 

一般的に、ラインはロッドの番手表記に合わせますが、番手表記はメーカーによってかなり幅があります。

自分は、スムース以外の#3ロッドにはすべて#4ラインを組み合わせ、#4ロッドにはほぼ#5ラインを組み合わせます。

買ってからずっと湖で#5ラインを組み合わせていたロッドは、#4表記であることさえ忘れていました。

自分のロッドですから、ライン番手も自分で決めれば良いのです。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ