フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 検証すると・・ | main | ロッドの手入れ >>
川と水温

ー 水温で川の様子を探る ー

 

6月9日 18:00

新幹線岩手、最初の川。

 

ずっと前から良く来るポイントでも、一昨年の大増水以来は初めて、以前の面影がないほど変わっていました。

水温は13.1℃、これなら魚さえいれば釣れる可能性が高いです。

道路脇の流れは多数の踏み跡と枝に掛かった餌釣りの仕掛け、餌のパッケージなど多くの釣り人が入っていたようです。

・・ということは、少なくとも魚はいるはず、丁寧にポイントを探った結果、3匹フッキングして2匹キャッチ、おそらくイブニングで魚の活性が上がったおかげでしょう。

上流に入った同行者もイワナとヤマメをキャッチしました。

 

6月10日 5:30

2日目の朝一番は、早朝で熊の心配があったため、なるべく人家近くの川を選びました。

 

水温は11.9℃、まさに適水温。

 

しかし、ここは道路脇で降りやすく、多数の踏み跡、落ちていた針外し、糸やオモリのパッケージ、空き缶やペットボトルなど、釣り人の痕跡がたくさんありました。

この川は漁協がないため放流は行われていません。

地元の有志が自主放流しているらしいのですが、周辺の川がアユ放流による川止め(6月いっぱい禁漁)のため、釣り人が集中している感じです。

そのためか異常にスレていて、釣り人が見逃しそうな小さなスポットでしか魚が出ず、くわえ方も浅かったです。

結局、キャッチできたのは2尾だけ、同行者も掛け損ないオンパレードでした。

 

1時間半ほど釣って上流に移動、調べておいた駐車スペースに行くと、これから降りようという釣り人に遭遇、先を争うのは嫌なので別の水系に移動しました。

峠を超えて入った上流部はフライにはちょっと狭すぎ・・

でも、イワナがいそうなので釣ってみました。

 

水温は低めの10.2℃。

すると、思ったとおりイワナがいて、川の規模に似合わないサイズが釣れました。

さすがにこの細流は釣り人の足跡がなく、先行者はいない様子でした。

 

2人で釣るには狭すぎるし、1人では熊の恐怖もあって30分ほどで移動、下流は川幅が広がり、水量も増えて、これなら2人でも何とかなりそう。

先行者の後を釣り上がると・・

 

木の根が被った岸際から飛び出したのは、良型のイワナ。

 

すぐ上流の同行者も同時にキャッチ、イワナです。

これなら・・と思ったのに、それ以降反応は皆無、1時間ほどで道路に上がるとすぐ上流に駐車スペースと川への降り口がありました。

小さな川は先行者だけでなく、日常的に釣り人が入っているかも影響しますね。

 

さらに下流に移動して入渓点を探すと釣り人らしき車と先行者の姿、さらに下流は葦の藪、この川は諦めて別の川に移動しました。

 

水温は12.6℃、水はやや多めでしょうか。

釣り始めてすぐ、巻き返しでイワナをキャッチしたまでは良かったんですが・・

それ以降1時間ほど釣って反応はゼロ、時々足下から魚影は走るのに、釣り人のプレッシャーが高いようでした。

ここも道路からすぐに降りられ餌釣りがしやすそうな流れ、2箇所で枝に掛かった仕掛けを確認しました。

 

この川を上がったのが12時過ぎ、一旦市内に戻って昼食をとり、昨年行った川の様子を見に行きました。

昨年釣ったポイントを覗くと予想以上の水量で川通しに歩くのは無理、林道を走った上流は熊が出そう、考えた挙げ句40分ほど移動して、到着した日に釣った下流部に入りました。

前日よりやや増水して水温は12.5℃、冷え込みのせいか少し下がりました。

いかにも、というポイントを丹念に探っても反応はなく、1時間でたった1度だけ魚影を見ただけ、上流には釣り人の姿もあって前日とはまったく違うコンディションでした。

午後3時15分タイムアップ、帰り支度をして駅に向かいました。

 

今回は、移動先ごとに魚の姿は見ているのに、釣れたという実感があまりありません。

同行者も同じように感じたらしく、釣れていないような気がすると言っていました。

魚が釣れてはいても、全体的に魚の反応や気配がとても少なかったからでしょうね。

フッキングできなくても、魚の反応は釣りを楽しむ大事な要素ですから。

 

参考までに2人での経費

交通費:大宮→新花巻 新花巻→東京 指定席

    駅レンタカー日産NOTE ガソリン代を含めて 1人27,040円

宿泊:ビジネスホテル シングル(朝食・夕食なし)6,000円

遊漁料:1日1,000円(雑魚券)

合計で35,040円+食事代です。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ