フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< やっぱりマダラだった | main | プリントした地図 >>
手元のラインが絡むので

ー ラインの縒れを解消する ー

 

イワナ釣りに最も出番が多いラインは、3MのSupra DT-4をハーフカットしたものです。

最近、手元のラインがやたら絡むので、劣化を確認すると巻き癖がついて少々硬くなっている感じでした。

 

巻き替えようと思っていた新しいラインは、近距離で大きなフライを使うイワナ釣りには向かなそう、

 

そこで、ほとんど使っていないSupraの残り半分と巻き替えようと思いました。

ところが、ラインを出して比べると、硬さも滑らかさもあまり変わりません。

 

でも、普段使っているラインはすぐにコイルになります。

よく見ると、ライン自体が縒れているんじゃないかと・・

最近は、渓流でもスペイ風のキャストを多用するので、きっとそれが原因です。

クリーニングしながら、少しずつ縒りを取り、やっとコイルが解消しました。

 

ついでにリールにもグリスアップ。

 

常にスペイキャストをするダブルハンドでは、時々ロッドを回して縒りを取っていましたが、意外な盲点でしたね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ