フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< プリントした地図 | main | 自撮りする >>
面と線と点

ー どこでくわえるかに拘る ー

 

面で釣る。

ウェットをダウンクロスにキャストして、スイングからリトリーブすれば広い面が探れます。

 

2、線で釣る。

ドライフライをアップストリームで流せば、線状に探れます。

 

点で釣る。

魚がいる場所が分かれば、小さなスポットをねらい撃ちできます。

 

この3つは、釣り方の違いだけではなく、釣りの組み立てそのものが大きく違います。

面で釣るのは、魚がいるかいないか、居場所が分かりにくい場合などに効果的で、広いポイントや大きな流れで威力を発揮します。

反面、流れを読んでポイントを絞り込みにくいので、フッキングしてもどこに魚がいたのかはっきり分かりません。個人的には、釣ったというより釣れてしまった感が強いように思います。

 

線で釣るのは、ある程度魚の居場所が分かり、魚がフライをくわえる場所をイメージしたい場合に使えます。魚の居場所が分かりにくいときは線を長くしてくわえる確率を上げることができます。ただし、線が延びるほどフライをくわえるポイントが絞りにくくなります。

止水でのニンフやウェットも線の釣りと言えますが、川とは少しニュアンスが違い、線状に動かすことで餌を演出し、距離を移動させることで魚との遭遇率を高くします。

 

点で釣るのは、魚がいる場所とくわえる場所がほぼ特定できる場合です。巻き返しのイワナなどはこのパターンですね。魚がどこにいてどこでフライをくわえるかをイメージするため、ポイントを読むことや狙ったスポットに正確にキャストすることが要求されますが、狙って釣った実感が最も強い方法だと思います。

 

個人的には、釣れた数よりも、魚がフライをくわえるポイントを重視します。

どこで魚が出るか、どこでフライをくわえるかを予想しながら釣るので、面で釣るようなポイントでも、ドライフライを使って点で釣ります。

キャスト回数は増えても、ドリフトの距離が短いのでドラグはかかりにくいです。

 

線で釣るポイントもなるべく点で刻みます。

点で釣るには、流す距離よりフライを落とす場所を重視します。

 

湖ならドライフライ、渓流ならライズ狙い、源流のイワナ釣りも点の釣りです。

せっかく複雑なタックルを使って他の釣りより手間をかけているのですから、やっぱり自分が思うとおりに釣るのが一番楽しいですね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ