フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< タイイングと釣り | main | 次も白い川 >>
イワナじゃない・・

ー 釣りは初めての川 ー

 

十数年前に下見をしただけで、釣りに行けなかった川に行ってみました。

 

午前11時過ぎ、GoogleEarthで見つけておいた駐車スペースに到着、支度をする前に降り口と川の雰囲気を確認します。

林道を10分ほど歩いたところで降り口が見つかりました。

念願の「白い川」です。水も良い感じ。

 

さらに上流の橋から眺めると、ポイントもたくさんありそう。

急いで戻って支度をしました。

 

汗だくになって準備完了、さっきの降り口に行くと3人の釣り人が荷物を下ろして釣り支度中、タッチの差で先を越されました。

仕方がないので林道を戻り、途中の斜面から下流部に降りました。

 

ウェーディングパンツとゲーターで軽快に!

 

思ったより水が冷たくなくて、測ってみると・・

まさかの19.4℃!

ヤマメやイワナには高すぎます。

 

とはいえ、せっかく来たので#12ブラックエルクヘアを結んでキャストを始めると、2キャスト目にフライめがけて魚影が浮いてきました。

「魚がいる!」

思わず口に出して、次のキャストは慎重に。すると、またしても魚影が浮いてきて直前でUターン、急いでフライを#13パラシュートにチェンジすると、今度はうまくフッキングしました。

イワナにしてはやけに走り回るし、やたら強い・・と思ったところで外れてしまいました。

 

魚がいることがわかって、俄然やる気が出ました。

フロータントを付け直してさらに上流にキャスト、1メートルほど流したところで緑っぽい背中が浮上しました。

一呼吸おいて合わせるとうまくフッキング、同時にすごいスピードで走り回り、やっと寄せると見慣れたパーマークに朱点、イワナじゃなくてアマゴでした! それも25センチ近くあります。

足下は水、写真を撮るためリーダーを掴んで岸に移動中に外れました。

さらに上流で、今度こそ撮りました。

20センチほどのきれいなアマゴ。

 

さらに・・

これも同サイズ。

 

プールの底から一気に浮上したこいつは、すごいパワーでやっとキャッチ。

25センチオーバー。

 

おまけにこの体高!

まるでヘラブナ、この太り方は成魚放流でしょうか。

 

次も20センチクラス。

 

それにしても暑い・・

 

さらに20センチクラスを追加。

 

この時点で午後1時、1時間ちょっとで5尾はできすぎです。

でも、イワナが釣りたくて、巻き返しや落ち込み脇などを叩いても反応はなく、そろそろ別の川に・・と思ったところでこの足跡を発見しました。

気になったのは真ん中の足跡。

小学生くらいの裸足に見えますが、人が裸足で歩く場所ではないので、小熊の後ろ足ではないかと思います。

左上は前足っぽいですね。

 

熊出没中の看板を思い出して、急いで退散しました。

次の川は明日書きます。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ