フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< マテリアルが・・ | main | まとめて作る >>
養沢で釣ってみる

ー #10のエルクヘアカディス ー

 

7月31日、養沢で写真を撮ったあと、事務所周辺で少しだけ釣ってみました。

 

積みっぱなしタックルを持ち出して、

 

ここで釣ります。

水が多いときは対岸の巻き返しに魚が溜まっています。

 

積みっぱなしリールに付いていた、やけに細いティペットを0.6号(6X)チェンジ。

50m巻きで400円弱だった格安ティペット、6Xより太いものはこれで十分です。

 

フライはイワナ用ボックスから持ってきた#10のブラックエルクヘアカディス。

 

最初は赤丸にキャスト。

思ったより手前の流れが速く、すぐドラグがかかってしまいました。

 

立ち位置を上流側に変えて、次のキャストも同じ場所。

リーダーをターンさせず弛ませて落とすと、すぐにニジマスがくわえました。

魚のコンディションは良い感じ、なかなか元気です。

 

次は青丸、ここで3連続バラシ。

手前の流れが早く、ドラグを避けるためにラインを弛ませるとフッキングがうまくいきません。

ブラックエルクヘアに反応しなくなったので、ナチュラルカラー#10にチェンジするとすぐに釣れました。

これも元気なニジマス。

 

一つ上流のポイントに移動。

最初のキャストでUターンした魚が見えたので、同じ所にキャストしてフライをチョンチョンと動かすと、ジャンプ一発!ど派手に出ました。

これもニジマス。

 

さらに2〜3メートル上流でニジマス。

 

ほぼ同じ場所でもう1匹。

さらに、電話に出ている間にもう1匹フックアップしましたが、これは途中で外れました。

 

ここで終了、ほぼ30分で9尾掛けて5尾キャッチは、増水の効果ですね。

やはり大きめのフライが効きました。少し濁りが入っていたのも良かったです。

ただ、ヤマメは鼻先で突くだけでついにくわえず、この濁り具合ではヤマメは#16や#18でしょうか・・

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ