フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 次回のイワナ釣りのために | main | 気付いたときに修理する >>
増水時のポイント

ー ようざわ便りから ー

 

昨日のようざわ便りを見ていて、魚はきっとこんなところに居るんだろうな・・なんて思いました。

 

朝のブログから。

ここはポンプ小屋の上ですね。いつもよりかなり水が多いです。

 

こんなとき魚がいるポイントを囲んでみました。

増水時は、流心が速すぎるので、,鉢△里茲Δ幣貊蠅縫筌泪瓩定位します。

近づくと逃げてしまいますが、なるべく遠くから狙うと案外簡単に釣れることが多いです。

ただし、他の釣り人が歩いた後は魚は追いやられているので、そんなときの穴場がです。

は岩の中が流れと繋がっているので、増水時に魚が避難します。ここもなるべく離れて狙うと確率は高いです。

 

次は午後のブログ。

坂東橋の上流側です。

 

川通しに歩くことが難しいので、釣り人が入っていない可能性が高いです。

写真の左に降り口があります。

,郎笋魏爾蠅討垢亜⇒遒噌み脇の巻き返しです。普段なら釣り人が歩いてしまう場所ですが、水が多くて上流に行けないため魚が付いている可能性が高いです。

△鉢は普段なら水がない浅瀬ですが、この状態なら魚が餌を待つのにちょうど良い流れです。

そして意外と穴場がぁ△海Δい小さなスポットは多くの釣り人が見逃します。

 

川の写真を見て、魚の居場所を予想する習慣をつけると、実際に川に立ったときにどこから釣るか冷静に判断できます。

キャストの順番は、どのポイントでもとても大事ですから。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ