フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< いたいた・・ | main | ついにラインを替える >>
爆釣!

ー パートリッジ&オレンジ#12 ー

 

先週ウェットで釣ることができなかったので、6日の放流直後に釣ってみました。

 

事務所下から下弁天で空いている場所に入りました。

水はかなり多め、薄い濁りが入っています。

 

積みっぱなしタックルからフライ出してみると、#14エルクヘアカディスが1本しか入っていません。

先週海外からのお客さんにあげてしまったことを忘れていました。

 

一旦車に戻って、ソフトハックルウェットのケースを持ってきました。

#12パートリッジ&オレンジを結びます。

 

ダウンクロスでキャスト、ラインを送りながらスイングさせるとすぐにアタリがきました。

魚1、ニジマス小

 

魚2、ニジマス小

 

魚3、ニジマス小

 

魚4、ニジマス中

 

下流が空いたので移動、緩い流れをスイングさせると・・

 

魚5、ニジマス小

 

魚6、ニジマス小

 

魚7、ニジマス中

 

さらに下流に移動。

 

魚8、ニジマス小

 

魚9、ニジマス小

 

魚10、ニジマス小

 

魚11、ニジマス小

 

魚12、ニジマス小

 

魚13、ニジマス小

 

魚14、ニジマス小

 

魚15、ニジマス小

 

魚16、ニジマス小

 

再び上流に移動

 

魚17、ニジマス小

 

魚18、ヤマメ大

 

魚19、ニジマス小

 

魚20、ニジマス小

増水、水温が下がり気味、放流直後、ウェットとなれば、時にはこんな状況になります。

 

1時間でちょうど20尾キャッチしました。

半分近くバラしているので、2分に1回はフッキングした感じでしょうか。

キャストする度にアタリがある状況は、ドライなら飽きてしまったと思いますが、普段やらないウェットでは結構面白かったです。

 

※この時季は、養魚場のニジマスがちょうど良いサイズが少なくて、放流されるニジマスは小ぶりのものが多いです。

その代わり数が多いので、ちゃんとアプローチできればたくさん釣れると思います。

でも、ドラグがかかったり、フライが合っていなかったりすると一丁前に見切ってUターンしますから、チビニジマスとバカにしないで賢くお楽しみください。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ