フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 爆釣! | main | 我流ウェットフライ >>
ついにラインを替える

ー 最も出番が多かったライン ー

 

イワナ釣りに多用していた#4ラインが、あまりにも絡むので、ついに交換することにしました。

このライン、3MのSupraだとばかり思っていたら、Supraの前のモデルUltra4でした。

たぶん10年以上前のモデルです。

 

まずリーダーを外し、リールからラインを外します。

このラインもハーフカットで、後ろにはシューティングラインが継いであります。

 

ワインダーで巻き取って、シューティングラインとの継ぎ目をカット。

 

ビニル袋に入れておきます。

スペイラインを改造するとき使えるからです。

 

新しく巻くラインは、Cortland Classic SYLK#4のハーフカット、シルクラインのしなやかさを再現したPVCラインです。

細身でスローなテーパー形状は、大きなフライを使うイワナ釣りには向きませんが、贅沢は言わず使い慣れることにします。

 

リールに巻いてあるシューティングラインの先端2〜3cmをアセトンに浸け、コーティングを剥がします。

 

露出した芯をボドキンを使って解します。

 

#4ラインの後端(継ぐ方)に針を刺します。

 

解したシューティングラインの2/3ほどをホルダーから外した針の穴に通して余りをカット。

 

ホルダーを針の先端側にセットして、エポキシ接着剤を付けたシューティングラインを引き抜きます。

 

うまくいきました。はみ出した接着剤を拭き取り、接着剤が固まったら余りをカットして完成です。

 

#4ラインを15ヤード以上キャストすることはまずないので、いきなりバッキングラインを継いでも良かったのですが、今まで巻いてあったシューティングラインをそのまま生かしました。

ちょうど良く収まって良い感じです。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ