フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ニジマス釣り場と山の上 | main | 10月12日の養沢 >>
山の上の湖

ー #6ロッドで ー

 

10時半過ぎに自販機で遊漁券を買い、支度ができたのは11時を回っていました。

急いで湖岸に下ります。

山の上はすでに紅葉が真っ盛りです。

 

下りてみると左からの風はそれなりに強く、水面の波立ちはやや強め。

 

とりあえず#10ドライマドラーを結んでキャストを始めると、時々チビらしき魚がフライを突きます。

とてもフッキングするサイズではなさそうで、フェザント&パートリッジ#12にチェンジすると・・

最初の1匹目が掛かりました。

5〜6センチのチビウグイ!よくフッキングしましたね。

 

次はニジマス、これも10センチほどのチビです。

パーマークがあってヤマメみたいでしょう。

見分けるポイントは口の大きさ、ニジマスの口は小さくて目より前にあります。

 

同行者もまともな反応はなし。

 

時々ライズがあるので再びドライマドラーに。

すると今度はサイズアップ、でも残念ながらウグイです。

小さな口で2センチもあるフライをよくくわえましたね。

 

ここで一旦上がって昼食をとり、ポイントを移動をすることにしました。

次のポイント。

 

移動しながら釣っていくと、徐々に波が高くなってドライでは厳しくなりました。

#10のヘビーワイヤーに巻いたソフトハックルウェットにチェンジして水面直下を探ると、写真右端のあたりでまともなアタリがありました。

 

ロッドを立ててフッキングするとちゃんとしたニジマスの引き、バラさないように慎重にやり取りして、もう少しというところで魚が動かなくなりました。

ラインの先端をたどると・・水中の草、これにリーダーが引っかかってしまったようです。

貴重な一匹を逃しました。

 

雨がポツポツと落ちてくると風が弱くなって、再びドライマドラーにチェンジ。

20ヤードほど沖に浮かべていると、ジョボッ!っとそこそこの魚の反応がありました。

すかさずロッドを煽りましたが、うまく乗らず。

次第に雨が強くなって、後ろ髪引かれながら終了しました。

 

雨で坂道が滑って、ラバーソールのシューズでなかったら何度か転びましたね。

 

往復400キロ、山の上は今回も微笑んでくれませんでしたが、止水の釣りはやっぱり楽しいです。

今シーズンもう一度行っても良いんじゃないかと思っています。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ