フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< リールに合う竹竿が欲しい | main | 売れないフライで釣ってみた >>
養沢の産卵床

ー 予想以上の数 ー

 

通常営業の終了前に、川の様子を見てきました。

ヤマメが産卵のピークを迎え、産卵床がたくさん見られました。

 

木和田平駐車場下。

畳2帖ほどもある巨大な産卵床は、小さな産卵床がいくつも重なったものです。ここだけで20匹近いヤマメが集まっていました。

こんなにいっぺんに産卵しているのは、今まで見たことがありません。

 

ポンプ小屋の上流側。

瀬の中に点々と産卵床があって、すでに産卵が終わっていそうなものと、まだ産卵行動中のヤマメがいるものが混在していました。

 

神社下の下流。

白っぽいところはほとんどが産卵床です。

ヤマメの姿が見えないのはすでに産卵が終わっているからでしょうか。

 

西平駐車場下。

ここにも大量の産卵床があって、オスが縄張り争いをしていたり、産卵床を掘っているメスも確認できました。

 

今年は過去にないほど多くの産卵床が確認できました。

産卵を終えて死んでしまった親魚もたくさんいたし、まだ産卵行動中の魚も半端な数ではありませんでした。

来春の稚魚が楽しみですね。

 

| 魚のこと | 00:01 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ