フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< とりあえず片付け | main | 抜けなくなる・・ >>
雨の中の釣り

ー 本流は難しい ー

 

途中から雨が降り出して、9時半に到着したときは本降りになっていました。

まずは最初のポイントを下見。

釣り人はゼロ、水はやや多めでしょうか。

 

次のポイントも釣り人はゼロ。

 

そして、過去に必ず釣り人がいた3つめのポイントもゼロ。

入ろうと思った下流だけ釣り人が数人いて、結局ここに戻りました。

 

途中「雨が上がるまで車で寝ている・・」と言っていた同行者は、川を見た途端にやる気になって、率先して支度をしました。

さすが釣り人ですね。

 

フライはドロッパーにシルバードクター、リードフライにアレキサンドラです。

 

しばらく釣り下ると、フライがターンした直後にモゾモゾッというアタリらしき反応がありました。残念ながら掛かりませんでしたが、チビウグイではないと思いたいです。

さらにコツン!というアタリが2回、こっちはチビウグイっぽいです。

 

ラインをシンクティップに替え、リードフライにシルバーマーチブラウン、ドロッパーにダンケルドを結び、もう一度上流から下りましたが・・

 

今度は反応ナシ。

 

同行者もギブアップ、昼食にします。

 

昼食後は別のポイントに移動。

 

雨は相変わらず降っていて、雨具が鬱陶しいです。

今度はドロッパーを外し、ティールブルー&シルバー1本だけ結びました。

 

同行者は下流、自分が上流に入りました。

1時間ほど釣り下ったとき、駐車スペースでドアを閉める音がしました。

見上げると一人の釣り人が下りてきます・・

・・その瞬間、ロッドがズンッ!と引かれました!

慌てて振り返ってロッドを持ち上げたものの、見事なすっぽ抜け。

確かにラインが引かれていたので、魚が付いていたはずです。

きっと、よそ見をしたことでフライから殺気が消えたんでしょうね。

 

ようやく雨が上がって晴れ間も見えてきましたが、結局アタリはそれっきり、同行者も反応なしで午後4時半に終了しました。

 

ここは今回で4回目、またしてもボウズでした。

でも、回を重ねるごとに分かってきたこともあって、今回は明らかに魚の感触も味わえました。

同じボウズでも、何も分からなかった初回に比べればかなり進歩したんじゃないかと思います。

 

そうは言っても、やっぱり本流は難しいですね。

できるだけ他人の力を借りずに自力で何とかしたいですが、それにはもっと川に通わないと厳しいでしょう。

せめてフックアップして魚とやり取りできれば、流し方やポイント選択など一つの答えがでるんじゃないかと思います。

今シーズンもう一回行ければ良いのですが・・

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ