フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< バッグをリフレッシュ | main | 和ばさみ >>
コツが少し分かって

ー 今週のキャスティング ー

 

今週も結局キャスティングになりました。

いつもの場所に行くと鵜除けの紐が張られていたため、下流の浅瀬で振ります。

 

今週もダブルハンド8/9と#6スイッチロッドです。

まずは、ECHO Classic 13'0" #8に510グレインのスカンジライン。

 

このロッドは先端が重く、ロッドを止めると反動でティップがお辞儀をします。スカンジラインでナローループを作るにはちょっとしたコツが要ります。

しばらく振ってようやく慣れてきました。

このロッドはライン指定が540〜650グレインで、スカンジなら540グレインを使うのが普通です。でも、510グレインしか持っていないので、今はこれを使いこなすことが先決です。

 

次は70'のロングベリー、671グレインを組み合わせます。

 

ロングベリーは意外に振りやすいです。

 

全長130'の10'ほどが残りました。

もう少しバットまで曲げられれば、フルラインも可能かもしれませんね。

 

次はCND・Expert Spey 13'0 #8/9にロングベリーを組み合わせます。

このロッドは初めて手に入れたダブルハンドで、これでスペイキャストを覚えました。ミドルがブワーンと曲がるトラディショナルアクションはロングベリー向きです。

 

130’のフルラインまであと少し、だんだん近づいています。

 

そして#6スイッチロッド、今週はノーブランドの安物ラインです。

スイッチロッドには、シングルハンド用ラインを基準にしたものと、ダブルハンド用ラインを基準にしたものがありますが、このロッドはシングルハンドのラインが基準です。(シングルとダブルハンドのラインについてはこちら

 

水面に垂らしたランニングラインは流れで揉まれて絡み、何度かに一度はこんな状態になります。

 

それでも「両手スペイ」の最長は28ヤードでした。

ループを狭くするコツが少し分かって、徐々に距離が伸びてきました。

 

実際の釣りでは、フルラインをキャストしなくても釣れる状況はたくさんあります。

でも、ぎりぎり届かないライズや、他の釣り人より近くしか釣れないのは、やっぱりフライフィッシャーとしては面白くありません。

かといって、高価な高性能タックルで課題をクリアーするのは自分の性に合わず、やっぱりテクニックを磨くしかないんですね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ