フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 密かな漁 | main | 窓際でタイイング >>
初キャスティング

ー ひたすらダブルホール ー

 

火曜日、絶好のキャスティング日和に、ロッドを持って行ってきました。

 

いつものように川原にイスをセット。

 

この日のメインは#5シングルハンド、9'0"#5/6ロッドにまずはDT-5Fの組み合わせです。

28ヤードのフルラインが目標でしたが、WFと違ってハンドリングポイントが分かりにくく、頑張って25ヤードでした。

フォルスキャストのポイントをマーキングする必要がありますね。

 

続いてWF-5F。

もっと伸びるはずが、DTに比べて軽い感じがしてこっちも25ヤード。

タイミングを変えたり、ロッドの角度を変えたりしても結局26ヤードが最長でした。

 

同行者は、木(グリーンハート)、竹、グラス、グラファイトと4種のダブルハンドを持ってきて、

 

代わる代わる振って楽しんでいました。

 

風がなくぽかぽか陽気なら、イスに座って一休みも最高です。

 

最後は13'#8でスカンジを振って終了。

 

#5のシングルハンドキャストは予想以上に退化していました。

つい癖で、ホールを「引いて戻し、引いて戻し・・」にしたくなります。最初に間違って覚えてしまったせいですが「戻して引いて、戻して引いて・・」は意識しないとできません。

おまけに#8では気にならない程度の微風でも、ラインが流れる、ティップが落ちて水面を叩くなど、軽いラインならではの難しさも痛感しました。

この分では当分シングルハンドも振るようですね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ