フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 迅速! | main | 懐かしい海外通販 >>
ラインのマーキング

ー どこにするか難しい ー

 

DT-5Fにハンドリングポイントのマーキングをしようとして、考えてしまいました。

WFならヘッドがトップガイドから少し出るくらいに合わせますが、DTは全部がボディなのでちょうど良い長さを探さなくてはいけません。

 

目安にするため、ちょうど半分のところに印をつけました。

 

でも、これでは見にくいので熱収縮チューブを被せました。

マジックは消えなくても、チューブなら外せます。

 

釣りでフルラインを出すことはなくても、「できる」という自信は楽しい釣りに繋がります。

いざとなれば、25ヤード先のライズを狙えるんですから。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ