フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ファイナルテーパー | main | フライの重さ >>
3番ラインと4番ライン

ー ラインの重さを確認する ー

 

新幹線釣行にいつも予備として持って行く8ピースロッド。

 

7’6"の長さでライン指定は#2〜#3。

以前は#3ラインを合わせていましたが、短い距離では軽いんじゃないかと#4を組み合わせてみると、#3より快適でした。それ以来ずっと#4で使っています。

 

実際に#3ラインと#4ラインでどれぐらいの差があるのか、手持ちのコートランドSYLKライン#3と#4を量ってみました。

#3ラインのAFFTA規格(以前のAFTMA)ではティップから約9mで100グレイン、約6.5グラムです。

で、実際はリーダーの0.2グラムを含めて6.8グラムでした。ほぼAFFTA通りと言えますね。

 

一方、#4ラインはAFFTAでは120グレイン、約7.8グラムに対して、リーダーを含めて7.9グラムでした。

 

#3と#4の実測重量差は1.1グラムということになります。

1.1グラムは、ラインの長さにするとどれぐらいの差になるんでしょう。

#3ライン9mをキャストしたのと同じ重さは、#4なら7.5mでした。

 

このロッドが、もし当時のAFTMA規格に合わせて#2〜#3ラインを9m快適にキャストできるように設計されているとしたら、#4では6〜7mがちょうど良い長さということになります。大凡7〜8割の長さですね・・

実際に振った感じもそんなところでした。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ