フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 夜中に起き出して | main | 5つ目の年券 >>
14' #9/10

ー 14フィートロッドを振ってみる ー

 

久しぶりに14フィート#9/10ロッドを持ってキャスティングに行ってきました。

 

川に着くと相変わらずの下流からの風、シングル#5を置いてきたのは正解です。

 

CND BSpey14' #9/10に、昨年買った600グレインのスカンジラインを合わせます。

 

ロッドが長いと44フィートのヘッドが短く感じます。

風が弱まった瞬間に35ヤード、ロッドが長いと楽ですね。これならサクラマスに使えそうです。

 

続いて75フィートヘッドのロングベリーライン、以前よく振っていた組み合わせです。

 

久々のロングベリーは思うように行かず、頑張って35ヤード、向かい風も手伝ってフルラインまで10ヤードも残りました。

短いスカンジラインとは、タイミングもロッドの曲げ方も全然違います。

これは当分振るようですね。

 

最後は13'6"ロッドにスカンジライン。

ECHO Dec Hogan はどちらかというとスカジット向き、でも気にしないでスカンジラインを組み合わせます。

 

ランニングラインが20ヤードということは、ほぼ35ヤードですね。

これが力まずに出せる距離、スカンジラインは距離よりもキャストのしやすさでしょうか。

 

1時間半しか時間がなくて、後ろ髪引かれながら終了。

 

14フィートでのロングベリーは、フルライン近くまで出せていたのにすっかり鈍っていました。

どんなロッドでもラインでも、飛ばないのは自分の腕の問題ですから、次回は15フィートロッドを振って少しでも感覚を取り戻したいです。

養沢オープンまで2週間ちょっと、キャスティングの時間も残り少なくなってきました。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ