フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 仕事が増えた | main | 今シーズンのティペット >>
チェストパックの続き

ー ゴムを交換する ー

 

裏打ち用の生地とベルクロが届く前に、できることをやっておきます。

 

1日目

まず左右に付いているボトルホルダーを取り外します。

 

まずは片側から。

裏返して糸を切ります。

 

問題はここ、バッグのパーツと一緒に縫い込んであるところです。

 

慎重に糸を切って、

 

1時間かかって外しました。

 

本体にはポッカリと穴が。

両側を外さずに、片方ずつ直すことにしました。

 

2日目

いよいよゴムを交換します。このゴムテープを使います。

 

伸びきったゴムよりやや短めのテープを折り返して縫います。

うまくできました・・

 

と思ったら、裏側は糸が絡んでいました。

 

表面の凸凹で生地がうまく送れず、何度も失敗してやっとできました。

ここまで1時間、先が思いやられます。

 

テープを仮止め。

 

さあ縫おう!というところでまたしても問題が発生、縫いたい場所に針先が届かないのです。

 

押さえの金具を目一杯持ち上げて無理矢理ねじ込み、何とか縫いました。

続いて横のゴムは手縫いで仮止め、サイズを確認します。

 

ちょっと大きいでしょうか。

 

少し幅を狭めて、すべて手縫いで縫い込みました。

黒いテープに黒糸は粗が目立たなくて助かりました。

 

午後7時半から11時半まで4時間掛けて片側が完成!

 

フロータントのボトルを入れてみます。

収まり具合は今ひとつですけど見栄えは良くなりました。

フロータントを落とさないための工夫が必要ですね。

 

3日目

反対側を同じ手順でやりました。

今度はやり方が分かって、1時間半でできました。

ミシンで縫えないところが多くて予想以上に苦労しました。

 

このチェストパックは非常に使い勝手が良さそうなのに、廃番になってしまったようです。

大変でもこれを再生するしかないんですね。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ