フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 今年はこれです! | main | あれもこれも・・ >>
やっぱりキャスティング

ー 楽しくて楽しくて・・ ー

 

結局、今週もキャスティングに行ってしまいました。

 

楽しくて楽しくて、つい足が向いてしまいます。

でも、残念ながら1時間半しかなくてロッドは1種類だけ、シンクティップを振るため、いつもより下流に向かいました。

この下流で対岸に渡り、さらに下流まで歩きます。

 

いつもと違う右岸側。

ここは太ももくらいまで水深があって、タイプ靴覆薜っかからずに済みます。

 

ロッドは13ft#8のECHO Classic、初心者でも曲げやすく、タイミングが取りやすいアクションという触れ込みです。

まずはエアフロ・スカンジロングの組み合わせ、42.5ftヘッドで540グレインの重さです。

膝までウェーディングして、向かい風の中30ヤード。

これぐらいが快適な距離ですね。

 

ティップを15ftのタイプ靴縫船Д鵐検

 

ラインホルダーは流れの中でも有効です。

 

沈んだティップをロールキャストで持ち上げ、タッチアンドゴーでキャスト。

シンクティップの方が風に戻されずに伸びますね。

 

続いて同じロッドにエアフロ・スカンジコンパクト、36ftヘッドで510グレインの重さです。

こっちの方が小さいモーションでキャストしやすいです。

 

こっちもシンクティップにチェンジ、問題なく振れました。

 

もうちょっと振りたかったんですがタイムアウト、急いで流れを渡って、

何とか時間内に到着しました。

短時間でも楽しかった!

 

シングルハンドだけなら、こんなにしょっちゅうキャスティングをしようとは思わないのですが、ダブルハンドでのスペイキャストは桁違いに難しく、うまくいったときの達成感と満足感が何とも言えません。

キャスティングは魚という相手がいないので、努力した分だけ成功に近づくのも良いですね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ