フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ナイロンラインとスムース | main | ポンプ小屋での出来事 >>
養沢で釣ってみた

ー CDCカディスだけ ー

 

オープン翌日の3月2日、養沢で釣ってみました。

 

12時過ぎ、神谷橋駐車場に車を止め、空いているポイントを探して上流に向かうと、栗の木でライズを発見、でも下流から釣り人が上がってきたので遠藤前に入りました。

遠藤前からポンプ小屋まで誰もいません。

 

フライは前日巻いたCDCカディス#20。

 

フライを結び様子を見ていると、ポツーンとライズ、とても釣れる雰囲気はしませんが・・

 

ヤマメの鼻先にフライを落としても無視、しつこく狙っているうちにいなくなってしまいました。

次はやや上流、何匹か魚が見えたところにフライを落とすと反射的に飛びついたのはニジマスでした。

放流されたばかりのニジマス、ストマックは採らずにリリース。

 

水は予想以上に冷たくて、水温を測ってみると何と4.6℃!

ハッチもライズも少ない原因はこれですね。

事務所の水温計は7℃だったはず・・ 上流は別世界です。

 

この後少しずつ上流に移動してもライズはなし、一休みして下流を見ると栗の木に誰もいないことが分かって、ここで移動しました。

 

こっちもライズは散発、狙うのは厳しそうでフライのウイングをカットしてみました。

サイズからするとユスリカというよりクロカワゲラですね。

 

粘って粘ってやっとヤマメ。

 

ストマックは・・

ユスリカアダルトが1匹とシャック(抜け殻)だけ。

 

さらに上流側でヤマメを追加。

 

今度は少し食べています。

3ミリほどのユスリカピューパとアダルトが主体で、8ミリほどのクロカワゲラ・ニンフも食べられていました。

クロカワゲラはアダルトだけでなく、ニンフの状態で食べられていることも多いです。基本的に陸上に這い上がって羽化しますが、ニンフが水面に浮いて流れているのを良く見ます。

 

遠藤前に戻って、上流側の流れでヤマメ。

 

ストマックはバラエティ。

 

ユスリカピューパとアダルト、クロカワゲラアダルト、ヒラタやコカゲロウのニンフも食べています。

 

上流に移動、途中ニジマスが何匹も見えましたが、ドライには反応せず。

次はポンプ小屋、上流側で定期的なライズを発見。

 

なかなかくわえてくれなくて、やっとキャッチしたのは養沢生まれらしきニジマス。

巨大なヒレと大きな目が特徴的です。

 

ストマックは雑多、いろんなモノを食べています。

ユスリカピューパ、アダルト、クロカワゲラニンフ、ヒラタとタニガワカゲロウのニンフ、クロツツトビケラらしきアダルト、トビイロカゲロウのニンフなどです。

トビイロのニンフを食べていたということは、そろそろハッチが始まっているかもしれません。春先の養沢でもっとも多いメイフライです。

 

そして最後は、水面に落ちたフライに反射的に出たニジマス。

ライズしていなかったので、ストマックは採らず。

 

ここまで2時間、まだ時間があったので木和田平に移動しましたが、こっちは釣り人が多く入れそうなポイントはなし、平和橋周辺の空いている場所でドライを浮かべてみましたが、反応がなく3時過ぎに納竿しました.

まだまだ水温が低いので、ドライフライだけでは釣れるポイントが限られます。でも、ポイント選びもテクニックのうちですから、ドライ派の方はライズを探してお楽しみください。

ちなみにこの日使ったフライは#20のCDCカディス1種類でした。

 

| ストマック日記 | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ