フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< いよいよ処分する | main | こんなフライが出てきた >>
7日のハッチ

ー オオクママダラとオナシカワゲラ ー

 

7日の午後、ハッチしている虫を探しに事務所下に降りてみました。

飛んでいる虫は少ないものの、蜘蛛の巣にオオクママダラが掛かっていました。動いていて掛かったばかり・・ということは、飛んでいる可能性があります。

見にくいですが写真のほぼ真ん中にいます。

 

急いで車に虫取り編みを取りに行って、最初に捕まえたのはオナシカワゲラでした。

羽に模様があるタイプで、全長は15ミリほど。

フサオナシカワゲラの一種でしょうか。

 

次はオオクママダラのスピナー、卵塊を抱えたメスですね。

瀬の上を上下に飛びながら、時々水面にタッチして卵を落とします。

 

黄色っぽいカワゲラは、ミドリカワゲラの一種のようです。

全長は1センチほどの小さなカワゲラです。

 

そしてこれはマエグロヒメフタオのスピナー、産卵を終えたメスでしょうか。

体長は15ミリ弱、今年は数が少ないです。

 

これもオオクママダラのスピナーです。

ボディが短くテール3本、スピナーは翅の前縁が褐色です。

オオクママダラは水面羽化のため、フローティングニンフも外せません。

 

そしてガガンボ、すごい数がいます。

全長7〜8ミリのウスバガガンボでしょうか。

ガガンボはアダルトだけでなく、水中から浮き上がるイマージャー、産卵期のクラスター(塊)も見逃せませんね。

 

虫を捕まえているとき、釣り人から「何が採れますか?」と声をかけられました。

オオクママダラ・・とネットの虫を見せると「こんなに大きい?!」と驚き、「事務所下では#20以下を沈めないと釣れない」と言っていました。

確かにそうですね。事務所下は釣り人のプレッシャーで多くの人が使うサイズにはスレています。それに、放流されて間もない魚は水面の餌には反応しにくいこともあります。

でも、この日事務所下では水面がらみのライズが頻発していて、あきらかにハッチする虫を食べている魚もいたのです。

 

フライフィッシングは、ただ単にたくさん釣ることより「なぜ釣れたか」を理解し「どうやって釣りたいか」に繋げることで面白さが倍増すると思います。

釣れた理由を知るためにハッチを知り、水生昆虫を調べ、季節や水温を知る。キャスティングを磨き、使いやすいタックルを求め、魚の都合にどこまで合わせられるかを探るわけです。

知れば知るほど難しくなる、やればやるほど深くなるのがフライフィッシングですね。

 

| ハッチ情報 | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ