フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< カッチカチやで〜! | main | 安物買いの・・ >>
フロータントの補充

ー 専用のものを使う ー

 

積みっぱなしタックルのフロータントは、大分以前に釣り場で買ったドライシェイクを入れています。

フワフワ成分はほとんど入っていなくてすぐに浮かなくなってしまうのに、いつも川に行ってから思い出しました。

前回養沢で使った後、やっと補充用を買いました。

ドライシェイクレフィルは以前養沢でも販売していましたが、今はありません。

 

そして、一般渓流で使うLOONのトップライドには、専用のブルーリボンを補充用にしています。

 

両方は多分似たような成分なんだろうと思いながらも、それぞれ専用のものを買っていますが、それには理由があります。

以前は、両方の補充に*****という別のものを使っていました。

ドライシェイクレフィルの数倍の量で数百円、すごく得した気分になっていたのに、容器の蓋が大きすぎて開ける度に周囲に飛び散る、静電気でくっつくなどで、小さな容器に補充するのがとても大変でした。

結局フリーマーケットでどなたかに差し上げてからは、よけいなことを考えずメーカーさんの指示通りのものを使うようにしています。

ドライシェイクレフィルは散らかすことなく簡単に補充できるし、ブルーリボンはやや劣っても*****に比べればはるかに手軽です。

大半が容器代と言われても、これに関しては納得できますね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ