フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< UV接着剤 | main | 養沢のホームページ >>
釣れるポイントの見つけ方

ー 釣り人の心理 ー

 

令和になって最初のブログは、自分が今まで釣り場から学んだことの一つを書くことにしました。

養沢には当てはまりにくいかもしれませんが、一般渓流ではかなり役に立ちます。

 

養沢の中では上流域が参考にできます。

例えばここ、高橋上流ですね。

ここは橋から少し上流にあるカーブミラーの所に川への降り口があります。写真左上の道路がカーブした辺りですね。

橋の直下は基礎が張り出して通ることができないため、橋のすぐ上流(写真の一番下辺り)を釣るには、カーブミラーから下りて川岸を一旦下流側に歩いてから釣り上がることになります。

 

ところが、この一旦下って・・というところに盲点があります。

このポイントをよく見ると川幅が狭く障害物も多くありますね。障害物が多いということは、それなりにキャリアのある釣り人が入る確率が高いということで、そういう方は、渓流=釣り上がりという認識を持っているため、大概というか、ほとんどの場合は降り口から上流に向かって釣り上がります。

また、川幅が狭いところは魚の生息面積が狭く中流部や下流部より魚の絶対数は少なくなります。誰かの後を釣っては釣れる確率が低いということです。

つまり、橋のすぐ上流から川の降り口までの間を釣る人は少ないため、釣りやすい魚が残っている可能性が大きいわけです。(もうこのポイントには通用しませんが・・)

 

自分は一般渓流に入るとき、大概この方法を使います。

降り口から下流に離れるほど釣れる確率が高く、釣り上がっている途中で魚の気配がなくなると大概は降り口がすぐ脇にあります。

ただし、初級者が入りやすい渓流や規模の大きい川は別です。

初級者は、渓流=釣り上がるという行動が身についていないので、何の疑いもなく釣り下ったりするし、本流などの規模の大きい川では釣り上がりよりもウェットなどで釣り下ることの方が多いからです。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ