フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 積み重ね | main | 養沢で釣ってみた >>
モンカゲロウ後半

ー 空いっぱいのスピナー ー

 

モンカゲロウのハッチが終盤になると、今度はスピナー(成虫)が空いっぱいに舞うようになります。

養沢では5月の中旬頃、空がモンカゲロウで埋まります。

たくさんのオスが飛び交うスピナーフォールと、メスが産卵のために一斉に上流を目指す遡上飛行があり、どちらも暗くなる直前に起こります。

 

水面に落ちるスピナーに飛びつく魚たちは圧巻で、その様子は2011年5月16日のMovieに掲載しています。

2011年5月のMovieから下にスクロールして、5月16日Movieの7分14秒あたりからです。モンカゲロウへのジャンプライズに対応して#12のCDCパターンで釣った様子です。

(YouTubeはこちら2011年5月16日のMovie

 

このエキサイティングな状況は、だいたい5月10日から20日くらいの間に起こります。

夕方からクローズぎりぎりの時刻まで区間のあちらこちらで起こるため、狙うならポジションを決めて待つくらいの方がよいかもしれません。

そうそう、ティペットは6Xでは心許ないので、5Xをお勧めします!

 

| ハッチ情報 | 00:01 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ