フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 心の叫び | main | 感謝デーのフライその2 >>
感謝デーのフライその1

ー 貴重なCDCを使う ー

 

感謝デーの景品用に頼まれていたフライを巻き始めました。

 

3本入りを10セットということで、まずは養沢で実績がある#16を3セット。

せっかくなので貴重なCDCを使います。

'90年代前半にフライの雑誌が販売したCDCの一部です。

 

それを使って1セット3種を巻きました。

 

春から初夏はやっぱりこれ。

フワッと落として効果抜群のCDCクレインフライ。

パウダーフロータントを付けて、ハックルがゲイプに絡まないよう上側に倒して使うのがコツです。

養沢はやっぱりイエローボディという人もいますね。

 

そしてブラウンボディ。

薄暗いときや夕方は、こっちの方が実績があります。

 

そしてCDCカディスは、細ファイバーのハックルティップを4〜5枚重ねました。

自分のフライではこんな贅沢はしません。

初夏のカディスやストーンとして使ってください。

 

他に2パターン作るつもりですが、昨年の極小ミッジ(#26〜#28)は今ひとつウケが良くなかったので、今年は数を減らします。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ