フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< やっと防水に | main | 釣りに行くつもりが >>
養沢で釣ってみた

ー ライズだらけなので ー

 

昨日の月曜日、事務所下を覗くとは信じられないほどのライズがあって、これはもう釣るしかない、となりました。

まるで雨のように一面波紋だらけ、おまけに釣り人の姿はありません。

 

その前に、ホームページ用の写真を撮らなくてはいけなくて、急いで上流に向かいました。

事務所に戻って、積みっぱなしタックルを準備するとフライがありません。

それなら、販売用のフライを買うしかありません。

 

#18のハックルウェットを1本購入。

ウエットでもフロータントを付ければ浮きます。

 

ロッドをセットして事務所下に下りようとすると、午後から入場された5人の釣り人ですでにいっぱい。

30分しか時間がないので、空くのを待つより空いていた下弁天に入りました。

流れ込みの奥でライズ発見、フライにドライシェイクをまぶし、水面に張り付かせるように流すと一発で出ました。

ヤマメです。ネットがない、ストマックポンプもない、カメラ、カメラとバッグを探っているうちに外れてしまいました。

(帽子も偏光グラスもないというないないづくし)

 

釣り人が上がってきたので上流に移動。

 

ニジマスをバラしたあと、やっとキャッチしました。

 

ライズがあるのにセレクティブで、フライの直前でUターンする魚が続出しました。

フライが1本ではどうしようもなかったですが、どうやら#18よりも小さいものを捕食していたようです。

やっぱりこの時季はサイズの変化ができないときついですね。

 

| ストマック日記 | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ