フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 圏外でした | main | 釣りに行く前に >>
イワナ釣り

ー 行って良かった緑の中 ー

 

8時半から仕事をして9時20分出発、2時間半かけて川に到着。

昼食は車で済ませ、10分で支度をして川に下りました。

 

来て良かった!

この緑、最高でしょう!

 

水温は10.7℃、やや水が増えた感じでしょうか。

 

フライは前日巻いた万作さんパラシュートのテレストリアルバージョン。

流れの中では反応がなくて、緩い巻き返しでやっと反応があったのにすっぽ抜け、続いてまたすっぽ抜け、#16エルクヘアカディスにチェンジしてやっと掛かりました。

12〜3センチのチビアマゴ。

このサイズに万作さんパラシュートは大きすぎですね。

 

その後は万作さんパラシュートに戻して1時間反応がなし、イワナの活性は低いようです。

するとこの岩陰に魚を発見。

上流から流し込むとゆっくりくわえました。

一呼吸おいてロッドを煽ると上手くフックアップ、20センチほどのイワナです。

が、残念ながらバラシ。

次は右側の岩陰、あれ?フライがない・・と思ったら食っていました。

これも途中でバラシ。

万作さんパラシュートは、おそらくハックルを分厚く巻きすぎたせいで掛かりが浅いんですね。ここでフライをエルクヘアカディス#14にチェンジ。

 

シャツでも汗ばむ陽気に、一旦車に戻り飲み物を持ちました。

すでに時間は1時半を回り、残すところ1時間ちょっとです。

 

丁寧にポイントを観察しながらフライを落としていくと、巻き返しで魚影を発見。

フライを流すと見に来るのにくわえず、#16エルクヘアカディスにチェンジしてやっとキャッチしました。

20センチ程のイワナ。

吸い込むようなくわえ方で、魚が見えていなかったら合わせられなかったです。

 

次のポイントでも、魚が浮上するポイントを予測して2尾目。

 

さらに同サイズ。

 

次は、左側にある卵形の岩の脇、

注意しないと立ってしまう場所です。

 

足元を丁寧に釣ったおかげでキャッチできました。

 

そしてこの日最大。

巻き返しでフライが沈んだ瞬間に出ました。

フックアップした瞬間「重い!」と思ったらなかなかのサイズでした。

グリップで測ると約26センチ。

 

そして最後は小ぶり。

 

時間は2時45分、もう限界です。

後ろ髪引かれながらタイムアップになりました。

 

急いで着替えて帰り道も2時間半、5時25分に無事仕事場に戻りました。

忙しかったけど、行って良かった!

今年も魚がいることが確認できたし、万作さんパラシュートの改良点も見えたし、何より緑の中は最高でした。

 

移動時間:往復5時間/釣りの時間:2時間45分/準備と片付け:20分 

合計8時間5分でした。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ