フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< イワナ釣り | main | 年中メンテナンス >>
釣りに行く前に

ー ラインをチェンジ ー

 

イワナ釣りに使う旧Lamsonリールに巻いてあるラインはCortland SYLK、全体的に細身でどちらかというと繊細な釣りに向いています。

ボリュームがあるフライはキャストしづらいので、イワナ釣りに行く前日に巻き替えました。

 

巻き替えるラインは3MのULTRA4、DT4のハーフカットです。

売却したリールに巻いてあったもので、大分前のものですがまだまだ使えます。

これにシューティングラインを継いでWFにします。

シューティングラインは0.6ミリの極細タイプ。

 

100ftを半分にカットして、両端のコーティングをアセトンで剥がします。

コーティングも芯も白なので剥がしたのが分かりづらいですね。

 

バッキング側は折り返してループを作りました。

折り返してスレッドで巻き、瞬間接着剤で固定。

 

DT4にシューティングラインを継ぎます。

カットされたボディ部に針を通します。

 

ホルダーから針を外し、針の先端側を固定、

 

針の穴にランニングラインの芯を通し、

 

エポキシ接着剤を付けてから、

 

引き抜きます。

 

引き抜いた部分をノットで固定し、接着剤を盛って完成。

 

渓流では#4ラインを15ヤード以上キャストすることはありませんが、万が一大川や止水で使うときでもシューティングラインなら水を吸わず扱いが楽です。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ