フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 近場なら・・ | main | 瀬は厳しかった! >>
オイカワ爆釣!

ー 思いついた釣り方と毛鉤 ー

 

車に戻って一休みして、上がるつもりでタックルを片付けていると、先日積んでおいた鮎の毛鉤仕掛けが目に入りました。ドブ釣りの毛鉤です。

こっちの方が絶対に釣れるんじゃないかと気がついて、再び川に。

適当に選んでティペットに繋ぎました。

 

これが大当たりで、キャストの度にオイカワが掛かってきます。

 

サイズアップ。

撮らなかったですが7〜8匹掛けました。

 

さすがに背中と肩が痛くなって、左手にチェンジ。

 

左手でも爆釣!

 

左手で向かい風にキャストするのは難しく、何度かやっているうちに良いことを思いつきました。

子どもの頃よくやったアンマ釣りの要領です。

下流に軽くキャストして、流れでラインが伸びるのを待ってから少しずつラインをリリースし、5〜6メートル伸びたらロッドとラインを真っ直ぐにして腕を振り子のようにゆっくり動かします。

サクラマス釣りでターン後にロッドを煽りながらリトリーブするのに似ています。

 

すると、これがすごい威力でオイカワを連発!

 

この日の最大サイズも釣れました。(左上です)

 

5〜6匹釣ったところでぱたっとアタリがなくなって、てっきり魚が移動したと思ったら・・

毛鉤がなくなっていました。ティペットとの繋ぎ目ではなく毛鉤と糸の継ぎ目です。

 

毛鉤を付け直して再び連発。

 

これは7〜8センチのチビ。

 

これもチビ。

 

背中痛を押して3時間も頑張ってしまいました。

数えていなかったですが、おそらく30匹は釣ったでしょう。

オイカワの最高記録、こんなこともあるんですね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ