フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 渋かった | main | 後片付け >>
続き

ー 別の川に寄る ー

 

ずぶ濡れになったシャツを着替えて、帰途につくはずでしたが・・

 

空が明るくなったので、途中の川を見に行くことにしました。

状況が良ければ釣ってみるつもりです。

一般渓流は場所を公表しないのがポリシーなので、モザイク処理しています。

 

川に到着、ちょうど良い水温ですが・・

 

上流の橋から覗くとこの濁り。

水も多くてちょっと厳しいですね。

 

さらに車を走らせて(助手席ですけど)別の川、こっちは降らなかったようです。

水温13℃、急いで支度をして釣り始めると、同行者のフライがスッと見えなくなり、直後にフライをくわえた魚の頭が見えました。

出た!と叫ぶのと同時に魚はフライを吐き出し、上流の岩に逃げ込みました。

あ〜〜・・!

今度こそ何匹か釣れると思ったのですが、直後に強い雨が降り始め、残念ながら15分ほどで終了しました。

 

今回のように、釣れても釣れなくても周辺の川をセットで見ることで、点の釣行から面の釣行になります。

最初の川を1、濁っていた川を2、最後の川を3とすると、2に釣りに行って水温が高すぎたら1に移動すれば良いし、2と3はほぼ同じ水温なので、急な濁りや増水の逃げ場になります。

さらに1の下流はもう少し水温が高いはずだし、2の上流は水温が低いはず、そうやって組み合わせると釣り場はたくさん見えてきます。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ