フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 毛針田さんの夏休み その1 | main | イワナ釣り >>
毛針田さんの夏休みの その2

ー 毛針田万作さんの夏休み その2 ー

 

続いて2日目のレポートです。

 

さてさて、1泊2日の釣りツアーの2日目は、帰りがけの朝8時頃、知人宅にて豪勢な朝飯をご馳走になり、目的の川に12時頃に到着しました。

天気は快晴、なおかつ夏休み連休初日の土曜日、駐車できるスペースには釣り人らしき車が必ず停まっています。

今日こそ釣れなくてもいいから、入ろうと決めていた場所から釣り始めたのが12時30分、水温は17℃。

するとすぐに1匹目をキャッチ。

 

これは良いぞ!と微笑んだのですが、2匹目をキャッチしたのが15時56分。

1匹目から2匹目までの3時間半、4〜5匹を外しまくっていました。

腕が悪い!大好きな超スローロッドのせい?魚がスレている?

しばらく考えて原因が判明しました。

知人宅の朝食で食べた自家製の梅干し!それも奥様に勧められて2個も食べました。

小学生から釣りを覚え、釣り好きの父親から「釣りに行く時は、梅干しは絶対食べるな!!」の教えを破っていたのが原因でした。

 

しかし、イワナの神様は微笑んでくれましたね。

西日が強くあたる場所に入ったとたん、至る所で反応し、30分で4匹キャッチ、反応はその倍。

 

 

 

 

梅干しに西日が勝って、至福の時を過ごしました。

(ストーンフライの抜け殻)

 

追伸、

途中で遇ったフライマンに「釣れますか?」と聞いたら、ダメ、ダメと答えてましたが、あれは嘘ですね。

それから、こんなのありました。

自分のではないです。木の枝を拾って石の上に乗り、何回かチャレンジしたのですが、バランスを崩して落ちそうになって諦めました。

自分も含めて釣り人は罪深き生き物と、改めて自覚しました。アーメン!です。

 

 

2日連続でほぼ爆釣とは恐れ入りました。

一般河川にも、まだまだパラダイスは残されているということですね。

ところで自分も今日イワナ釣りに行くことになって、フライを大量生産しました。

エルクヘアカディスとパラシュートで15本。

待ってろよー!イワナたち!

 

夏休みの真ん中あたりで渋滞は少し和らぐんじゃないかと予想していますが、こればかりは行ってみないとわかりません。

まあ、イワナと時間の約束をしているわけではないので、焦らずのんびり行ってきま〜す。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ