フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 試したいこと | main | スイデカ >>
イワナ釣り

ー 悪夢の一日 ー

 

予定通り8時前に用事が終わり、通勤渋滞の中高速に向かいました。

川に着いたのが11時15分、さすがに3時間半はきついです。

 

急いで支度をして11時半に川に下りました。

ロッドはフニャフニャのariawase SP.

 

水はやや多め、水温は・・

何と11.5℃、予想より冷たいです。

 

まずはノーマルの#12エルクヘアカディス、昨日のブログに書いた試したい二つ目をやります。

ウイングを指でぐしゃぐしゃに揉んで使います。

何匹か釣ったフライの方がUターンが少なかったことからヒントを得ました。

 

すると、すぐにイワナ。

20センチクラスです。

 

2匹続けてバラシ。

フライへの反応は良いのですが、スレているのか、くわえ方が浅いです。

いかにも出そうなポイントを前にして、

 

前夜巻いた#16にデカウイングを付けたパターンの出番です!

(試したい一つ目です)

これもウイングを指で揉んでみます。

 

巻き返しにフライを留めておくと、ユラユラ〜と魚影が浮いてきてパクッ!

一呼吸おいてフッキングすると、うまく掛かりました。

ちょっと良いサイズ、25センチクラスです。

岩に潜られそうになりながら下のプールでキャッチしました。

 

この後もそれらしいポイントからはことごとく反応があるのに、掛かってもバラシの連続で2本しか巻かなかったデカウイングは上の枝と水中の木に取られてしまいました。

バラシが多いのはフックポイントを短くしてしまったせいでしょうか。

ロッドが柔らかすぎる可能性もあるので、車に戻ってロッドを交換することにしました。

いつもの7'0"#4に交換して、ついでに昼食をとりました。

 

再びウイングを揉んだエルクヘアカディスで釣り始めると、今度はフライの直前でUターンが続出して全くくわえません。

フライにスレているのかと思って、オレンジ頭のアントに交換すると、

すぐに20センチクラス。

 

25センチクラスは速い流れから出ました。

フックの跡があったので、ポピュラーなフライにスレているんですね。

 

2匹連続キャッチして、これなら・・と思ったのですが、実はここから本格的なバラシ地獄が始まりました。

掛けても掛けても途中で外れる、写真を撮る場所を探して外れる、水中の枝に絡まって外れる、ピックアップで掛かって外れる、で1時間半の間1匹もキャッチできませんでした。

ここでは2匹バラし・・

 

そしてエルクヘアカディスに戻して、やっと15センチクラスをキャッチ、

 

3時半にギブアップしました。

Uターンと掛け損ないは数知れず、掛かってからバラしただけでも十数匹いたと思います。

まあ、魚が残っているのは喜ばしいことですが、さすがにこれだけバラすとがっくり疲れますね。

 

試したかった一つ目のデカウイングは、ゴンッ!で掛からなかったことが少なく、一旦は掛かってから外れたのが多かったような気がします。もしかすると効果があるかもしれません、来シーズンも継続して試すつもりです。

そして二つ目のウイングを指で揉んだエルクヘアカディスは、流れている感じは悪くなく、姿勢が正しいフライよりもアピールするんじゃないかと思います。これも引き続き試します。

そして三つ目のスイデカも試しました。これは明日書きます。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ