フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< やっと形に | main | 釣り場の様子・その2 >>
釣り場の様子・その1

ー 下流〜中流部 ー

 

昨日15日、養沢の様子を見てきました。

 

十里木の手前で交通規制があって「養沢方面行けますか?」と聞くと、「養沢は大丈夫、どうぞ!」と通してくれました。

どうやら檜原村方面で通行止めがあるようです。

十里木を右折して落合橋から覗くと、

上流側の秋川本流、赤矢印から養沢川が流れ込んでいます。

写真右の石垣には建物ギリギリまで水が流れた跡があります。

 

こっちは下流側、流れは酷い泥濁りです。

 

養沢川は秋川より濁りが薄く、途中の秋川国際マス釣場まで釣り人がチラホラ、増水で落ちてきたニジマス釣りです。

秋川国際マス釣場はクレーン車が入って工事中、放流用の水槽でしょうか。

さらに行くと、毛鉤釣場の少し手前が崖崩れで片側通行になっていました。

 

毛鉤釣場は休業中、事務所周辺を飛ばして立岩、水はかなり多くここの濁りはまだ強いです。

下流の方が澄んでいたので、この先で補修工事が行われているかもしれません。

 

海入道橋下流。

 

上流側から見た養沢センター上流。

 

驚いたのがここ、苔と草で覆われていた岩は丸坊主!

岩の上まで水が流れたということですね。

道路まで水が上がった跡もありました。

 

宝沢合流点。

手前が宝沢で奥が養沢川、草が全部流されて砂利の川原になりました。

宝沢はもう澄んでいます。

 

天王岩と松葉の間の瀬です。

再び濁りが薄くなって、これならドライフライでも釣りになるくらいです。

流れてしまった岩と、埋まってしまった岩で川は平坦に見えます。

 

松葉。川幅いっぱいに水が流れたのがよくわかります。

真ん中の岩は少し埋まったでしょうか。

岩の上に生えている木は無事でした。

 

この分なら濁りはまもなく薄くなると思いますが、まだ水は多く危険な箇所もありそうで、スタッフが川の点検とゴミ掃除をしていました。

営業の再開は安全が確認されてからになると思います。

ようざわ便り」をご覧ください。

 

木和田平から上流の様子は明日書きます。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ